上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年度末にさしかかり、この頃は報告書作成と来年度の計画づくりの日々です。

さて、先日、ストップ温暖化の全国大会プレゼンをYouTubeにアップして、色々いじっていて動画アップをもう少ししたいと思っていたところ、そういえば、ちょうどいいモノがあったと気付き、森風2つ目のYouTube動画をアップです。


エコキャビン
自然エネルギー滞在研修施設「エコキャビン」創出の軌跡2008-09年
(YouTubeの動画サイトへ)


ご覧になった方は、ぜひぜひコメントをお寄せ下さい。

ブログに動画を埋め込むのは、面倒だったので上記リンクから直接見て下さい。そのまま貼り付けると横幅が合わない・・・。ブログで見るよりも、大きな画面で見られます。全国大会プレゼンも同じです。アップしてから10日ほど時間が経っているのですが、何も案内していないのに、すでに閲覧数が30を超えています。どうしてだろうか?


1月末に東京で三井物産環境基金の成果発表会をしたときに合わせて作成したものです。見直して見ると、たくさんの人々のおかげで完成したのだとつくづく感じます。

エコキャビンは、来月中頃にテレビの1泊2日の取材が入る予定です。(4月放送予定です。)
来年度から会員限定で実際に利用してもらおうと計画を練っていますので、お楽しみに。

今夜は、これから地区の新年会です。
「今頃?」と思う方もいるかも知れませんが、旧暦で言えば、まだ今日は1月14日です。だから新年会でもいいでしょ。ひじりんが、地区の人たちのために何か一芸するとか、しないとかで、悩んでいました。さて、どうなることやら。

きび(黍原 豊)

==============================

以下、スライドショーの解説文です。

森と風のがっこうの自然エネルギーで過ごすことのできる滞在研修施設「エコキャビン」創出プロジェクトの2008年から2009年の軌跡が分かるスライドショー。のべ40 0名以上のボランティアと専門家が関わり、地域の資源(土、木、植物)や固有の智恵・ 技(土壁など)を活かしながら、つくり出されました。
森と風のがっこうは、風力発電施設など多くの自然エネルギー関連施設が点在するクリー ンエネルギーのまち・くずまき(岩手県岩手郡葛巻町)にあります。
●主な専門家
・環境共生建築:遠野未来(遠野未来建築事務所・東京都)
・パーマカルチャー:酒勾徹(自然農園ウレシパモシリ・岩手県花巻市)
自然エネルギー:武内賢二(ソーラーワールド・山形県天童市)
・全体コーディネート:吉成信夫(岩手子ども環境研究所・岩手県葛巻町)
など

タグ:
森と風のがっこう くずまき 葛巻町 自然エネルギー パーマカルチャー 環境共生建築 エコ 土壁 遠野未来 酒勾徹 武内賢二 吉成信夫 排水浄化システム 太陽光パネル 薪ストーブ 床暖房 LEDランプ 太陽熱温水器 温室 薪ボイラー
関連記事
スポンサーサイト

タグ : エコキャビン 自然エネルギー

先日のIBC岩手放送の30分の特番はいかがだったでしょうか?
(しまった、見逃した!という方も大丈夫。1月にも再放送します。日程は決まり次第案内します。)

次は、生中継です。
12月29日のテレビ岩手の開局40周年記念の特別番組の中で、森風から生中継です。
エコキャビンを中心に、今年できたばっかりのお風呂もご覧頂けます。
(入浴シーンもあり?!誰かは内緒・・・)
お楽しみに!!

●放送局 テレビ岩手
●日時  12月29日(火) 17:00から17:30
●タイトル 「新テレビ岩手宣言」(仮)
「家族」と「環境」が主要テーマ


きび(黍原 豊)
関連記事

タグ : エコキャビン 自然エネルギー

直前のお知らせになってしまいましたが、
明日、「もったいないプロジェクト」の30分の特別番組が放送になります。

19泊20日のサマースクールや子どもオープンデー、エコキャビン創出プロジェクトなどが素材になっています。

「クリスマスの日に放送なので、子どもたちに夢を与えられるような番組にしたいです。」と、ディレクターの方はおっしゃっていました。
もちろん、まだ僕たちも見ていませんが、
子どもたちの元気な様子やエコキャビンの自然浄化システムをみんなで苦労してつくっているところが出るではないかと。吉成などの森風メンバーもですが、パーマカルチャーでお世話になっている酒勾徹さんも登場するかと思います。
岩手県内の放送ですが、お時間ある方は、ぜひご覧下さい。

●放送局:IBC岩手放送
●タイトル:「廃校が教えてくれた!もったいないプロジェクト」
●放送日時:12/25(金) 9:55~10:25

今年度「もったいないプロジェクト」と題して、IBC岩手放送さんと連携事業を行ってきました。これは環境省の事業で、メディアに資金的な支援をして、そのメディアが、NPOの温暖化防止活動を広めていくというものです。

もったいないプロジェクトWebSite
(もったいないプロジェクトWebSiteより)
「あ、酒勾さんの横顔だ!」先月放送されたミニ番組で、パーマカルチャーの取組みについて酒勾さんが語っています。これまでのミニ番組や森風CM、ラジオ番組などは、HPでも見れます。ぜひチェック下さい。
http://podcast.ibc.co.jp/mottainai/

きび(黍原豊)
関連記事

タグ : エコキャビン 子ども 廃校

今日のデンさんのブログの中で、
「ちょっと訳ありで、薪ストーブをつけていたので、…」
ってかかれると、”訳”が気になる!
とつっこまれそうなので、僕の方から補足を。

エコキャビンに水難の相有り

自然エネルギー関連の設備もほぼ整い、給水関係の配管を残すのみとなったエコキャビンですが、
昨日その関係の工事が入り、その際に誤って、まだ蛇口の付けていない洗面の給水の止水栓をさわってしまい、しばらく気付かずに、広間が水浸しに。

あわてて、デンさん、ひじりんにも手伝ってもらい、水をはき出し、拭いたので一件落着。
靴下も濡れたまま、雑巾を持って格闘していました。昨日は、気温も低く、足先は麻痺状態。
(もちろん、写真を撮る間もなく、その時の様子は、写真には残っていません。)

表面は乾いているのですが、床板の間にしみていると思われるので、
惜しげも無く、ストーブに火を入れています。
床暖が効いてエコキャビンの中は、ポカポカです。

きっと真冬でも、快適だろうなぁ。
冬こそ、エコキャビンの真価を発揮できるかも。
土とワラを混ぜて積んだ断熱もしっかり効いています。

職員室は、ストーブを付けていても足元が冷えるので、
しもやけができる僕は、湯たんぽを足の下に敷いて、事務作業しています。
それはそれで、足湯のようで気持ちいいのですが。

きび(黍原 豊)
関連記事

タグ : エコキャビン 自然エネルギー

昨日、突然テレビ取材が入りました。

エコキャビンの薪ストーブです。

今度、岩手県のテレビ局IBCで次の番組があるそうです。

・放送日 3月22日(日)14:00から14:54
・番組名 IBC環境スペシャル
「森の恵みが電気を作る!
~いわて森林エネルギー物語~」
・川井村タイマグラの井上祐治さんの木炭発電への取り組みを軸に、県内で薪や炭をストーブだけでなく一歩進んだ形で利用している例を取り上げていく

森のエネルギーがテーマで、エコキャビンの薪ストーブは、床暖の熱源にもつかっていて、それが面白いと言うことで、取材にいらっしゃいました。

取材にいらしたのは、IBCの大柏ディレクター。
先日、凡人サミットの1部でインタビュアーをお願いした大柏さんのご主人です。
(ご夫妻で、お世話になっています。)
じつは、森風にいらした方は、知っている方も多かと思いますが、
2007年のサマースクールの「いきいき夢キラリ」のディレクターを務めていました。
この番組、短いながらサマースクールでやろうとしてることがちゃんと伝わってくる内容で、
さすがプロだな、何回見ても感じます。

カメラマンは、こちらもいつもお世話になっている、菅原淳一さん。
ジュンさんとは、学生時代からのお知り合いです。最初にお会いしたのは、花巻か早池峰の山の中でした。実は、養蜂もやっていらして、ハチミツをたまにごちそうになります。


製作途中のエコキャビンですが、廃屋だった教員住宅が、とても素敵な場所に生まれ変わりつつあります。そのエッセンスも見られるかと思います。
今回は、私たちの場所がメインではないので、それほど時間は長くないと思いますが、
ご都合つく方はぜひご覧下さい。

黍原豊(きび)
関連記事

タグ : エコキャビン

この一週間は来訪者が多かったのですが、そのなかでも、ビックニュース!
なんと、絵本作家の田島征三さんがいらっしゃいました。

田島征三さん来訪!

田島さんらは新潟の廃校を使って、体験型の絵本美術館をつくるそうです。
来年の夏オープンを目指して現在準備中とのこと。
その中で、参考事例として、森と風のがっこうの取り組みを視察にいらっしゃいました。
今回は、代表の吉成が対応しました。田島さんがいらっしゃると言うこともあってか、話に熱が入ります。
予定時間を大幅に超えて、地域への入り方、カフェの運営の方法、循環型の生活の施設づくりなど、多岐にわたった話となりました。
新潟の絵本美術館の中にもカフェをつくるとのこと。オープンしたら、一度訪れてみたいものです。

田島征三さんのHPにも、今回の来訪の様子が紹介されています。


他には、エコキャビンのお掃除を岩手大学の原田君が手伝ってくれたり、ドイツから一時帰国中のヒメこと氏家さんが顔を見せに来てくれました。ヒメは、2年前まで、岩手で学生をしていて、子どもオープンデーで活躍していました。
実はこの二人は、ドイツつながり。原田君は、休学して2年ほどドイツに行っていたとのこと。(実は、僕は年明けに海外脱出を計画中。ドイツの情報を色々と入手しました。)

エコキャビンのお掃除


エコキャビンの室内の床に敷いていた養生の段ボールなどをはがし、とても綺麗になりました。

エコキャビンの広間(お掃除後)

冬至の前で、一番日の短い季節。この時期、いつもなら、ひっそりと静かな森と風のがっこうのがっこうですが、
後は、野口整体の活元会があり、初めての方も多く20人を超える参加者があったり、
町内の関川さんが急遽お手伝いに来てくれて、薪をつくってくれたり(とても助かりました。感謝!!)、
賑やかな1週間でした。

きび(黍原豊)
関連記事

タグ : エコキャビン 廃校

エコキャビンの現在状況。

内装の土壁の仕上げ塗りが終わりました!

仕上げは、ピンクですよ、ピンク!!

初めは、正直言いますと「えっピンク?」と思っていました。
どんな感じになるんだろうと…。

ピンクといってももちろん真っピンクというわけではなく、
あわーいピンクですが。
写真はまだ乾いていないので、濃いピンクに見えると思います。
(乾くともっと淡い色に)

塗りが終わって、
外側から内側を見てみると、
黄色と赤そしてブルーの外壁となんだかマッチするのです!

う~ん、何風ともいえないけど、とっても素敵。
外国のキッズルーム?
よりもちょっと変わっているかな~。
とにかく、かなりおもしろい空間になりそう。

こんな建物、ほかにはないでしょ…。(のむ)

IMG_4588_1.jpg

関連記事

タグ : エコキャビン

おとついから降り始めた雪。
3日間で、約25cmほど積もりました。

森風初雪?

森風はすっかり冬の景色です。
昨日まではぐっと冷え込んでいましたが、(ー6℃まで下がりました)
まだまだ冬支度が済んでいないので、
このまま根雪になったらとちょっと心配しましたが、
今日はちょっと寒さがゆるみ、溶け始め、ホッとしています。

これから、どんどん冬に向かう季節
エコキャビンの作業は急ピッチで進めています。
ボランティアは、長期滞在のふゆ君に加え、昨日より群馬より前橋工科大の青木君、高橋さんも応援に駆けつけてくれました。現在、外壁・内装の自然塗料による塗装や洗面台の加工等を行っています。
週末の3連休もし1日でもお手透きの方いらっしゃいましたら、ぜひお越し下さい。
(23日には、森風忘年会もあります。そちらもぜひどうぞ。詳しくはHPのイベント情報をご覧下さい。)

(きび)
関連記事

タグ : エコキャビン 季節

pennki.jpg
ぬりぬり。ペンキ塗りです。

エコキャビンの外壁に板が入りました。
いよいよ塗装作業です。

ボランティアの冬くん、さわちゃんと一緒にペンキぬりぬり。

塗料は“リボス"というメーカーの自然素材の塗料を使っています。
ペンキ特有の、いやな匂いがあまりしないんです。

ペンキ塗りの難関、なんといっても軒の裏側を塗るところ。
塗っているとペンキが落ちてきます。
顔に…(泣)
冬くん!めがねにペンキがついているよ!
自然塗料だから安全といえば安全なのですがね…。

写真は下塗りの白を塗っているところです。ここは黄色の外壁になる予定。
エコキャビンは北欧風のカラフルな建物になりますよ。

広い部分を塗るのは、快感です!
う~ん、ついつい没頭してしまいます。
内装、外装と塗るところはたくさん。
みなさん、気が向いたら塗りに来てください(のむ)


関連記事

タグ : エコキャビン

森風応援団のみなさまへ

こちら標高700mで朝晩はとても涼しいです。
今日も、天気が晴れでしたが、日陰に入れば涼しい風が吹いてきます。

さて、突然ですが、明日7月27日、エコキャビンの土作りをします。
(土をふるったり、混ぜたり、、、)

時間は、しっかりと決まっていませんが、午前9時頃から15時ぐらいまでを予定しています。
その中で、1時間でも、2時間でもお手伝いいただければ助かります。
まだまだ、土が足りないとのこと。
(小雨決行です。それぐらいの方が涼しくていいかも。)
混ぜるのは、子どもでもできますので、親子でもどうぞ
(泥遊び状態だと思いますが・・・)

このままでは、ぎゅうちゃん、のむちゃんが、エコキャビンで冬を越せません・・・

ご都合つく方は、汚れても良い服装、タオル、長靴などを準備の上
ぜひぜひお越し下さい。


(きび)

関連記事

タグ : エコキャビン

プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。