上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!ご報告遅くなりましたが
先日7月26~29日に行われました3泊4日サマースクールが行われました。

【1日目

さぁ一日目は、バスの中からハイテンション↑↑
森風の川で、遊んで叫んで
にぎやかなメンバーでサマースクールの始まりです!
DSCN0509.jpg
毎日の仕事
まずはニワトリのお世話
ニワトリの卵をもらって、ご飯から出た残飯を上げて
小屋にいるヒヨコに興味津々!
IMG_7749.jpg
DSCN0583.jpg


そして夜はウェルカムパーティで焼き肉。ちょっとリッチに短角牛もでたりしました。
みんなよく食うよく食う(笑)
DSCN0533.jpg
【2日目】
おはよ~っと講堂にやってくると早くもホッケー大会開催中
虫取りにいきたすぎて5時起き(笑)
これは、虫取り決死隊の結成だ!
DSCN0577.jpg
そしてサマースクール名物ラジオ体操
朝から身体を動かして今日もやるぞー!
IMG_7860.jpg
そして今日は森の素材でティピランタン作り
木の実を見つけてつけてみたり、ふっとい木をさしてみたり
DSCN0610.jpg
IMG_7978.jpg
そして明日のアジトつくりの作戦会議!
アジトだから秘密なんです(笑)
相手のチームが気になりながらあれがほしい!これがいい!
DSCN0671.jpg

【3日目】
今日は快晴♪
青空の下であさごは~ん
IMG_7551.jpg
IMG_7577.jpg
天気がいい日は発電するしかないでしょう!!
ソーラーパネルで、パーティーの電気を作ります
IMG_7597.jpg


そして始まったアジトつくり
人数たりないからこっちきてー
IMG_7633.jpg
これはどうー?
IMG_7658.jpg


出来上がってきたアジト
IMG_7670.jpg

IMG_7719.jpg


夜は、森のアジトの周りで個性的なお店がたくさん並んで
夜のパーティーの始まりです!
DSCN0778.jpg
葉っぱのうちわ屋さんや

DSCN0780.jpg

校庭のベリーとハーブを摘んでカフェ屋さん


DSCN0783.jpg
そしてオタマジャクシを捕まえてオタマジャクシすくい屋さんも

IMG_7846.jpg
音楽屋さんによるアナと雪の女王の音楽で熱唱♪
驚くような一体感でしたw
歌の力はすごい!

IMG_7856.jpg
最後は、影絵テレビ屋さんによる番組上映でパーティはおしまい

【4日目】

最後の日は、みんなで作ったアジトでご飯を食べたり森で遊んだり
IMG_7939.jpg
IMG_7962.jpg
最後のご飯は、『アジトでいっただっきまーす!!』
IMG_7966.jpg
IMG_7967.jpg
忘れられない思い出になったかな??

そしてお別れ
IMG_8008.jpg
早すぎるあっという間な時間でした!


早朝から虫を捕ったり、魚をさがしたり
自然の中で何かを感じおっきくなっていってくれたらいいなぁ

素敵な4日間をありがとーう!
来年も待ってるぞー!!

ダン
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 森の暮らしプロジェクト 子ども 体験

 朝、まだ眠い目をこすりながら校庭に出て、フト空に目をやると、そこにはトンボの大群が朝日にキラキラ輝きながら舞う光景が広がる・・・、そんな一足早い夏の終わりを感じさせる季節となりました。

さて、そんな短い夏を、森のこびとたちはどう過ごしているか、知っていますか?

彼らは、“サマーハウス”(夏だけ滞在するおうち)で家族と一緒に短い夏の光を楽しむんですって。

そんなわけで、今回のえほんの森では、子どもたちと一緒にこの“サマーハウス”をつくりました☆
今日はそのご報告です。

P1100863.jpg

えほんの森、いつも始まりはおんちゃんのえほん読み聞かせから始まります。
今回おんちゃんがまず読んでくれたのは『イカタコつるつる』。

P1100766.jpg

この絵本、実は今回が初登場ではないのですが、
‘あの’メロディーがどうにもこうにも忘れられなくて・・・という、
イカタコファンも実は多数いるんだそうな。
「ペレストロイカ」と「タコ平八郎」のサプライズ生演奏で一気に場が盛り上がった(?!)ところで、
おんちゃんが小さな“何か”をそっと、子どもたちに見せてくれました。

P1100784.jpg
(そこには、小さな小さな文字で書かれたこびとからのお手紙が・・。)

「それじゃあみんな、森の中へでかけようか」

この小さなお手紙をくれた“張本人”の住む、森の中へ入っていきました。

P1100798.jpg
(こびとの秘密がいっぱい書かれた本に食い入るように見入いる子どもたち)

子どもたちは森の中へと散らばって、こびとたちがまるでさっきまでそこにいたかのような場所をいくつも発見。
(それがどんなものなのか気になる方は、ぜひ実際に見にきてください☆)

こびとの雰囲気をちょっと感じ取れたところで、
いよいよサマーハウス作り。
子どもたちには、丸い輪切りの木の上に、木の棒で簡単に組まれた家の土台が手渡されました。

緑の葉っぱ、黄色の葉っぱ、川岸の石ころやいろんな形をした枝木。
おとなの想像力なんて軽々超えてしまうような、
森の素材を上手に組み合わせるあふれんばかりのそのアイデアは、子どもならでは。
わたしには全く思いつかないような発想が、どんどん目の前でカタチになっていく
そのオモシロサといったらもう・・・!(ブログではこの想いは伝わりにくいですねえ)

P1100806.jpg
(緊急こどもミーティング!さあ、どんなおうちをつくろうか)

P1100811.jpg

さあ、ここで、このブログをご覧の皆さまに、子どもたちが作ったこびとのサマーハウスの一部をちょっとご紹介。
本当は、180°ぐるりと見るのがポイントなのです。
なんせ、子どもたちのアイデアは大人の考えでは思いつかないような場所にあったり形だったりするものですから・・・。

P1100828.jpg

P1100827.jpg

P1100822.jpg

P1100848.jpg

P1100834.jpg

どのサマーハウスも、家の真ん中にドン!と大きなテーブルがあって、
その上には大好物?!らしき食べ物がい~っぱい。

そして、家の上には木々を組み立てて展望台やお昼寝スペース、木の葉のベッドが。

『おいしい食べ物と、ふかふか眠れるベッド、そして家族のあったかい笑顔があれば、み~んなしあわせ!』

まさに、これをカタチにしたかのような、夢のようなサマーハウス。

もちろん、他にも顔のついたテレビや、水のしたたるシャワー、しっかり“うんち”まで入ってるトイレといったリアルな生活感もカタチにしちゃうのが子どもたちの素直さですよね。

P1100814.jpg
(ちょっと飽きたらおんちゃんと遊びはじめちゃうところも素直な子どもたちだからこそ・笑)


短い夏の思い出を、こびとたちの息遣いが残るような森の中で、
またひとつ作った子どもたち。

あした目が覚めたら、あなたの作ったサマーハウスにも、
こびとが訪れた足跡が、残っているかも・・・。


来月のえほんの森もお楽しみに☆


ちゃお


【きょう読んだえほん】
CIMG6419.jpg

CIMG6710.jpg
関連記事

タグ : 体験

今週末から、子どもオープンデーがいよいよ始まりますが、
まだボランティアの方が全然集まっていません…
ぜひご都合の付く方は、ぜひご連絡下さい。

4月は、10日(土)開催。
子どもたちと一緒に樹液採取を行います。
一緒に春の味覚を味わいましょう。

==============================

子どもオープンデー・ボランティア募集!

森と風のがっこうで「それぞれの大好きを見つけよう」

●環境教育・食育×遊び=「遊ぶようにまなぶ」
 地元葛巻町の小学生を対象に、森と風のがっこうを舞台に毎月1回開催。がっこう裏にある森や川の中で遊んだり、土がまの中に薪を燃やしてピザを焼いたり…と、子ども達が自然や自然エネルギーを、あそびを通じて楽しみながら実感出来る環境教育の場を、多くのボランティアと共に創りあげています。

子どもと共に成長しよう!
 自然豊かなところで、子どもたちと一緒に過ごすことで、私たち大人の心とからだがほぐれていきます。また、子どもたちと向き合うことは、自分自身を見つめ直すことにつながっていきます。森と風のがっこうは、子どもたちの成長を見守るだけではなく、自分自身が成長できる場でもあります。
 子どもが好きな人、子どもの教育に関する職を目指している人、環境教育、食育を学ぶ人、遊びのプロになりたい人にオススメです。

▼子どもオープンデー2010年度 開催日
4/10 5/8 6/19 7/10 9/11 10/2 11/13 2011/1/15
▼時間 10時~15時(開催月によって変更有り。)
▼備考 食事はこちらで提供します。(遠方の方は、泊まる場所も提供)

==============================

きび(黍原 豊)
関連記事

タグ : 子ども 体験

自然エネルギーをテーマにした自然生活体験「くずまき・子ども自然エネルギーサマースクール」で10日間森と風のがっこうで過ごした様子がNHKで放送されます。
10日間の密着取材でした。岩手県の方はぜひご覧下さい。

日時 2008年9月5日(金) 
夜19:30~20:30(岩手県内向け)
放送局 NHK総合

9月中旬頃に、東北6県のニュース番組でも少し紹介されるかもしれません。

サマースクールは無事終了しましたが、番組としてどうまとまっているのか全然見ていませんので、僕自身もドキドキしながら見たいと思います。
(きび)
関連記事

タグ : 子ども 自然エネルギー 体験

つい先日、7月1日に町内の葛巻小学校3年生31名が総合学習で森と風のがっこうにやってきました。
「何しにきたの?」って、もちろん勉強です。でも、そこは森風流「遊びながらまなぶ。まなびながら遊ぶ。」でプログラムを進めていきます。

まずは、普通に話を進めようとすると、パソコンの調子がおかしい・・・!?
画面が赤く点滅したあと、「ミスターX」からの指令が映し出されました。
今回のプログラムは、子どもたちがスパイになって、地球の危機を救い出す暗号を見つけだして行くという、ストーリーなのです。

スライドで説明

【画面が赤くなって、パソコンの調子がおかしい?!まだ、子どもたちも緊張した感じで、ちゃんと座って話を聞いています。】
(左にいるのは、IBC(地元テレビ局)のアナウンサー。今回、ラジオ取材がありました。7月下旬に全国放送で流れる予定です。日程は、後ほど。)

まずは、その適性検査として、スライドを見ながら、暗号探し。
森と風のがっこうの1日の生活を見ながら、暗号をさがしていきます。

朝薪を割って、ごはんをつくって、野菜くずはニワトリにあげて、ニワトリから卵をもらって、卵を料理に使って、オシッコはバイオガスプラントに入れて、バイオガスプラントで出たガスで料理をして、、、

というように、森と風のがっこうでは、よくある1日の生活を写真で追いながら、その中にある暗号を見つけていきます。
見つけた暗号は「な・が・り・つ」。並べ替えて、「つながり」!!。
そう、森と風のがっこうの生活の中には、様々な「つながり」が見られます。それをもう一度、写真で確認していきます。
 次は、子どもたちの生活の中での電気のつながりをみんなで考えていきます。スイッチ、コンセントからつながる先は、最後は、日本を飛び出して、海外まで広がっていきます。子どもたちは、自分と様々なものがつながっていることを考えることができたようです。ここで、適性検査は終了。

 次に、外に出て、地球温暖化体験ゲームです。これは、昨年のくずまき・自然エネルギーがっこうで考案されたもの。(詳しくは、自然エネルギーがっこうの報告書をご覧下さい。森と風のがっこうで頒布中です。)からだを使って、地球温暖化の仕組みを体験していきます。
 子どもたちは、何となく、頭でCO2が増えると大変なことは分かっているようですが、実際にからだで体験すると、その大変さを身にしみて感じたようです。

 そして、いよいよスパイ大作戦の本番。ミスターXから渡された、地図を元に、森と風のがっこうに隠された問題を見つけ出し、その問題に答えて暗号をゲットしていきます。
 ここまで、来ると子どもたちの気持も乗ってきています。地図を渡された子どもたちは、あっという間に森と風のがっこうのあちらこちらに散っていきました。
次の問題を探しに走り出す子ども達
問題を見つけて、答える子ども達

こうやって、森と風のがっこうの施設をクイズラリー形式で回り、クイズに答えながら、施設の循環型の仕組みに気付いていきます。
 30分以上経った後、ようやく集まった暗号を組み合わせてみると「もったいない、ありがたい」。そうです、森と風のがっこうでいつも合言葉にしていることです。
太陽光パネルを太陽のある方向へ向ける

【薄曇りで、太陽のある方向をさがしています。】
 最後に、自然の恵みをエネルギーに“ありがたく”活かす方法の一例として、太陽光パネルを設置して、太陽の光で発電をする体験をしてみました。

実際に発電した電気で、明りをつけるとまぶしくて、熱いぐらいです。子どもたちは、自然エネルギーの力を実感したようでした。

 「もったいない、ありがたい」は、一人一人の生活の周りにもあるはずです。子どもたちに、自分たちの周りでも、そういったものをさがして、活かして欲しいと話して、締めくくりました。

 子どもたちは、半日森と風のがっこうを駆け回っていて、ほとんど遊んでいるような感じだったと思います。しかし、子どもたちの感想の中に、「いつも(森と風のがっこうには子どもオープンデーで)きているけど、初めて環境に優しい暮らしをしていることを知って良かった。」とありました。


 遊びながらまなぶことができるような自然エネルギー体験プログラムは、全国で見てもあまり例がありません。これからも工夫を重ねながら、多くの子どもたちに自然エネルギー体験プログラムを提供してきたいと思います。(こんな自然エネルギー体験プログラムをやって欲しいという、ご要望がありましたら、ぜひぜひご相談下さい。一緒に楽しいプログラムを作ってきましょう!)

キビ
関連記事

タグ : 子ども 自然エネルギー 体験

プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。