上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!ご報告遅くなりましたが
先日7月26~29日に行われました3泊4日サマースクールが行われました。

【1日目

さぁ一日目は、バスの中からハイテンション↑↑
森風の川で、遊んで叫んで
にぎやかなメンバーでサマースクールの始まりです!
DSCN0509.jpg
毎日の仕事
まずはニワトリのお世話
ニワトリの卵をもらって、ご飯から出た残飯を上げて
小屋にいるヒヨコに興味津々!
IMG_7749.jpg
DSCN0583.jpg


そして夜はウェルカムパーティで焼き肉。ちょっとリッチに短角牛もでたりしました。
みんなよく食うよく食う(笑)
DSCN0533.jpg
【2日目】
おはよ~っと講堂にやってくると早くもホッケー大会開催中
虫取りにいきたすぎて5時起き(笑)
これは、虫取り決死隊の結成だ!
DSCN0577.jpg
そしてサマースクール名物ラジオ体操
朝から身体を動かして今日もやるぞー!
IMG_7860.jpg
そして今日は森の素材でティピランタン作り
木の実を見つけてつけてみたり、ふっとい木をさしてみたり
DSCN0610.jpg
IMG_7978.jpg
そして明日のアジトつくりの作戦会議!
アジトだから秘密なんです(笑)
相手のチームが気になりながらあれがほしい!これがいい!
DSCN0671.jpg

【3日目】
今日は快晴♪
青空の下であさごは~ん
IMG_7551.jpg
IMG_7577.jpg
天気がいい日は発電するしかないでしょう!!
ソーラーパネルで、パーティーの電気を作ります
IMG_7597.jpg


そして始まったアジトつくり
人数たりないからこっちきてー
IMG_7633.jpg
これはどうー?
IMG_7658.jpg


出来上がってきたアジト
IMG_7670.jpg

IMG_7719.jpg


夜は、森のアジトの周りで個性的なお店がたくさん並んで
夜のパーティーの始まりです!
DSCN0778.jpg
葉っぱのうちわ屋さんや

DSCN0780.jpg

校庭のベリーとハーブを摘んでカフェ屋さん


DSCN0783.jpg
そしてオタマジャクシを捕まえてオタマジャクシすくい屋さんも

IMG_7846.jpg
音楽屋さんによるアナと雪の女王の音楽で熱唱♪
驚くような一体感でしたw
歌の力はすごい!

IMG_7856.jpg
最後は、影絵テレビ屋さんによる番組上映でパーティはおしまい

【4日目】

最後の日は、みんなで作ったアジトでご飯を食べたり森で遊んだり
IMG_7939.jpg
IMG_7962.jpg
最後のご飯は、『アジトでいっただっきまーす!!』
IMG_7966.jpg
IMG_7967.jpg
忘れられない思い出になったかな??

そしてお別れ
IMG_8008.jpg
早すぎるあっという間な時間でした!


早朝から虫を捕ったり、魚をさがしたり
自然の中で何かを感じおっきくなっていってくれたらいいなぁ

素敵な4日間をありがとーう!
来年も待ってるぞー!!

ダン
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 森の暮らしプロジェクト 子ども 体験

今夜、宮沢賢治さんの「蛙のゴム靴」の演劇を子どもたちが上演します。

10日間のサマースクールの最後の夜となる今夜、子どもたち最後の山場となる演劇づくりの発表です。
一昨日からはじめた劇づくりですが、短い時間でセリフも覚え、衣装もみんなで手作りをして、次第に演技にもそれぞれの個性が現われてきました。

ちょっと、天気が心配ですが、雨が降っていなければ、子どもたちの手作りのキャンドルを灯した森の中で、劇を上演いたします。また、舞台照明などの電気は、子どもたちが自然エネルギーで貯めた電気を用います。

ご都合つく方はぜひぜひお越し下さい。

この1週間の子どもたちの様子も色々とお伝えしたいのですが、
まだ衣装づくり等も残っているのでまた後ほど。

きび(黍原 豊)


●日時:8月14日(土)午後7時より開演(午後6時45分開場)
●演目:蛙のゴム靴(宮沢賢治の童話作品)、合唱、その他
●入場:無料
●場所:森と風のがっこうの裏の森の中(雨天時:校舎内講堂)
(岩手県岩手郡葛巻町江刈42-17)
●出演:サマースクール参加者の子どもたち、スタッフ
●演出:吉成信夫(NPO法人岩手子ども環境研究所理事長)
関連記事

タグ : 子ども 自然エネルギー

小学校1年生から4年生の子どもたち12名が集まり、7月31日からいよいよ「くずまき・子どもESDサマースクール 入門コース」が始まりました。

最初は、コーチョーのおんちゃんから、歓迎のあいさつ。
今回のサマースクールの3つのテーマが紹介されました。
・くるくるリサイクル
・もったいない、ありがたい
・それぞれの大好きをみつけよう

DSCF6831_1.jpg

森と風のがっこうで4日間様々な体験をしながら、3つの言葉の意味を体で体験して欲しいと思います。
その後の、「なぞなぞあそびえほん」に子どもたちは、釘付けです。
次第に、子どもたちの緊張もほぐれていきました。


このサマースクールでは、生活をつくっていくことがプログラムのベースです。
夕方から、早速夕仕事のお時間です。

DSCF6845_1.jpg

ニワトリのお世話や五右衛門風呂の点火、犬の散歩をしたり、畑で収穫したものを使って料理をしたりします。

(料理だけの写真ですいません。他のお仕事は、別の班でした。)

DSCF6847_1.jpg

大きな食卓を囲んで、大家族のように夕御飯です。


サマースクールでは、初めての低学年を迎えて、どういう感じになるのかと思ったのですが、子どもたちと出会ったらホッとしました。
とってもまっすぐで、人なつっこい子どもたちばかりです。

まだ、1日目でなかなか1人1人の個性はまだ見えていませんが、
一人ひとりがそれぞれの感覚でここで何かを見つけて帰って欲しいなぁと思います。

きび(黍原 豊)
関連記事

タグ : 自然エネルギー 子ども

今週末から、子どもオープンデーがいよいよ始まりますが、
まだボランティアの方が全然集まっていません…
ぜひご都合の付く方は、ぜひご連絡下さい。

4月は、10日(土)開催。
子どもたちと一緒に樹液採取を行います。
一緒に春の味覚を味わいましょう。

==============================

子どもオープンデー・ボランティア募集!

森と風のがっこうで「それぞれの大好きを見つけよう」

●環境教育・食育×遊び=「遊ぶようにまなぶ」
 地元葛巻町の小学生を対象に、森と風のがっこうを舞台に毎月1回開催。がっこう裏にある森や川の中で遊んだり、土がまの中に薪を燃やしてピザを焼いたり…と、子ども達が自然や自然エネルギーを、あそびを通じて楽しみながら実感出来る環境教育の場を、多くのボランティアと共に創りあげています。

子どもと共に成長しよう!
 自然豊かなところで、子どもたちと一緒に過ごすことで、私たち大人の心とからだがほぐれていきます。また、子どもたちと向き合うことは、自分自身を見つめ直すことにつながっていきます。森と風のがっこうは、子どもたちの成長を見守るだけではなく、自分自身が成長できる場でもあります。
 子どもが好きな人、子どもの教育に関する職を目指している人、環境教育、食育を学ぶ人、遊びのプロになりたい人にオススメです。

▼子どもオープンデー2010年度 開催日
4/10 5/8 6/19 7/10 9/11 10/2 11/13 2011/1/15
▼時間 10時~15時(開催月によって変更有り。)
▼備考 食事はこちらで提供します。(遠方の方は、泊まる場所も提供)

==============================

きび(黍原 豊)
関連記事

タグ : 子ども 体験

スプリングスクール、すでに4日目。折り返し地点を迎えました。

子どもたちは、毎日元気に過ごしています。
よく食べ、よく遊び、しかし、集中するときは集中し、
本当によく食べて、動いています。今日の昼食は、なんと一人1合のご飯をぺろっと平らげました。
僕の後ろでは、集落のアイ子さん(カフェのケーキでもおなじみの方。元々ここが学校だったときに給食をつくっていた方です。)の指導の元、「まめぶ」という郷土料理をつくっています。とても賑やか。
「これは精進料理で、精進料理とは・・・」という話もしながら。

さて、2日目から4日目までは、周りにある様々な自然の恵みからエネルギーを取り出して行きました。1日ずつふり返っていきたいと思います。(少しずつアップしていきますので、ゆっくりとお待ち下さい。)


2日目は、「森」
町内の安孫地区で山の暮らしを体験してきました。


DSCF5374_1.jpg
安孫自然塾の外久保蔦雄さん、村上春美さんを訪ねました。
ここでは、山や林業の様々な体験をすることができます。


DSCF5376_1.jpg
まずは、かんじきを付けて、いざ出発


DSCF5379_1.jpg
木を運搬するソリを持って山へ向かいます。

大きな木の伐採も見学。
DSCF5401_1.jpg
みんなで力を合わせて、倒した木を林道まで引き上げます。

DSCF5449_1.jpg
まきにする木も、積んで山を下ります。

今回は、森と風のがっこうのお風呂などで使われているまきがどこからどのようにしてやってきているのかを体験してもらいました。

お弁当の後は、カエデの樹液をいただきに行きました。

DSCF5485_1.jpg
自然のほのかな甘みに子どもたちはびっくり。
山には、様々な恵みに囲まれていることを、体感した1日となりました。

DSCF5462_1.jpg


きび(黍原 豊)
関連記事

タグ : 自然エネルギー 子ども

直前のお知らせになってしまいましたが、
明日、「もったいないプロジェクト」の30分の特別番組が放送になります。

19泊20日のサマースクールや子どもオープンデー、エコキャビン創出プロジェクトなどが素材になっています。

「クリスマスの日に放送なので、子どもたちに夢を与えられるような番組にしたいです。」と、ディレクターの方はおっしゃっていました。
もちろん、まだ僕たちも見ていませんが、
子どもたちの元気な様子やエコキャビンの自然浄化システムをみんなで苦労してつくっているところが出るではないかと。吉成などの森風メンバーもですが、パーマカルチャーでお世話になっている酒勾徹さんも登場するかと思います。
岩手県内の放送ですが、お時間ある方は、ぜひご覧下さい。

●放送局:IBC岩手放送
●タイトル:「廃校が教えてくれた!もったいないプロジェクト」
●放送日時:12/25(金) 9:55~10:25

今年度「もったいないプロジェクト」と題して、IBC岩手放送さんと連携事業を行ってきました。これは環境省の事業で、メディアに資金的な支援をして、そのメディアが、NPOの温暖化防止活動を広めていくというものです。

もったいないプロジェクトWebSite
(もったいないプロジェクトWebSiteより)
「あ、酒勾さんの横顔だ!」先月放送されたミニ番組で、パーマカルチャーの取組みについて酒勾さんが語っています。これまでのミニ番組や森風CM、ラジオ番組などは、HPでも見れます。ぜひチェック下さい。
http://podcast.ibc.co.jp/mottainai/

きび(黍原豊)
関連記事

タグ : エコキャビン 子ども 廃校

県内外から19人の子どもたちが集まり、春夏通算6回目のくずまき・子ども自然エネルギースクールが始まりました。

今回の最終的な目標は、「未来のエコなまちを描いてみよう」
オープニング「トリたちがみたまち

スタッフによるオープニングの寸劇では、鳥に扮して人間の住むまちのの住みにくさを皮肉たっぷりに表現していきました。じゃあ、人間も動物も住みやすいエコなまちを考えてみようと、子どもたちに投げかけて、スプリングスクールは開幕しました。

といっても、いきなり考えてもいいアイデアは浮かびません。これから4日間、様々な体験を通して、頭だけでなく、体をつかってまなんでいきます。
ごはんづくりやニワトリのお世話など生活をみんなでつくっていくことから始めます。その中から、様々ないのちや資源、エネルギーがつながっていることに気付いていきます。
お風呂の薪割り
お風呂の薪割り

食事づくり
当番制で食事づくり
食卓を囲んでごはん1
食卓を囲んでごはん2


夜は、森と風のがっこうコーチョーのおんちゃんこと吉成から子どもたちへ向けて、ドイツ、デンマーク、スエーデンの環境にやさしい暮らし方、自然エネルギーの利用、住宅、交通事情などの映像を見せながらのレクチャーありました。
夜学:コーチョーおんちゃんの話

デンマークなどは、原子力発電に頼らないで風力発電などの自然エネルギーの割合を増やしていこうという政策をとっている。日本は、なかなかそういう国にはならないけど、どういう未来にしていきたいかみんなで考えていこうと子どもたちに語りかけました。

なかなか普段聞くことのない話にかなり驚いた子どもたちですが、森と風のがっこうの生活からどんなヒントを得て、どんな未来を描いていくか楽しみです。


1日の振り返り

(子どもたちは毎晩、その日に感じたことを絵や文章で表していきます。)

黍原豊(きび)
関連記事

タグ : 自然エネルギー 子ども

自然エネルギーをテーマにした自然生活体験「くずまき・子ども自然エネルギーサマースクール」で10日間森と風のがっこうで過ごした様子がNHKで放送されます。
10日間の密着取材でした。岩手県の方はぜひご覧下さい。

日時 2008年9月5日(金) 
夜19:30~20:30(岩手県内向け)
放送局 NHK総合

9月中旬頃に、東北6県のニュース番組でも少し紹介されるかもしれません。

サマースクールは無事終了しましたが、番組としてどうまとまっているのか全然見ていませんので、僕自身もドキドキしながら見たいと思います。
(きび)
関連記事

タグ : 子ども 自然エネルギー 体験

つい先日、7月1日に町内の葛巻小学校3年生31名が総合学習で森と風のがっこうにやってきました。
「何しにきたの?」って、もちろん勉強です。でも、そこは森風流「遊びながらまなぶ。まなびながら遊ぶ。」でプログラムを進めていきます。

まずは、普通に話を進めようとすると、パソコンの調子がおかしい・・・!?
画面が赤く点滅したあと、「ミスターX」からの指令が映し出されました。
今回のプログラムは、子どもたちがスパイになって、地球の危機を救い出す暗号を見つけだして行くという、ストーリーなのです。

スライドで説明

【画面が赤くなって、パソコンの調子がおかしい?!まだ、子どもたちも緊張した感じで、ちゃんと座って話を聞いています。】
(左にいるのは、IBC(地元テレビ局)のアナウンサー。今回、ラジオ取材がありました。7月下旬に全国放送で流れる予定です。日程は、後ほど。)

まずは、その適性検査として、スライドを見ながら、暗号探し。
森と風のがっこうの1日の生活を見ながら、暗号をさがしていきます。

朝薪を割って、ごはんをつくって、野菜くずはニワトリにあげて、ニワトリから卵をもらって、卵を料理に使って、オシッコはバイオガスプラントに入れて、バイオガスプラントで出たガスで料理をして、、、

というように、森と風のがっこうでは、よくある1日の生活を写真で追いながら、その中にある暗号を見つけていきます。
見つけた暗号は「な・が・り・つ」。並べ替えて、「つながり」!!。
そう、森と風のがっこうの生活の中には、様々な「つながり」が見られます。それをもう一度、写真で確認していきます。
 次は、子どもたちの生活の中での電気のつながりをみんなで考えていきます。スイッチ、コンセントからつながる先は、最後は、日本を飛び出して、海外まで広がっていきます。子どもたちは、自分と様々なものがつながっていることを考えることができたようです。ここで、適性検査は終了。

 次に、外に出て、地球温暖化体験ゲームです。これは、昨年のくずまき・自然エネルギーがっこうで考案されたもの。(詳しくは、自然エネルギーがっこうの報告書をご覧下さい。森と風のがっこうで頒布中です。)からだを使って、地球温暖化の仕組みを体験していきます。
 子どもたちは、何となく、頭でCO2が増えると大変なことは分かっているようですが、実際にからだで体験すると、その大変さを身にしみて感じたようです。

 そして、いよいよスパイ大作戦の本番。ミスターXから渡された、地図を元に、森と風のがっこうに隠された問題を見つけ出し、その問題に答えて暗号をゲットしていきます。
 ここまで、来ると子どもたちの気持も乗ってきています。地図を渡された子どもたちは、あっという間に森と風のがっこうのあちらこちらに散っていきました。
次の問題を探しに走り出す子ども達
問題を見つけて、答える子ども達

こうやって、森と風のがっこうの施設をクイズラリー形式で回り、クイズに答えながら、施設の循環型の仕組みに気付いていきます。
 30分以上経った後、ようやく集まった暗号を組み合わせてみると「もったいない、ありがたい」。そうです、森と風のがっこうでいつも合言葉にしていることです。
太陽光パネルを太陽のある方向へ向ける

【薄曇りで、太陽のある方向をさがしています。】
 最後に、自然の恵みをエネルギーに“ありがたく”活かす方法の一例として、太陽光パネルを設置して、太陽の光で発電をする体験をしてみました。

実際に発電した電気で、明りをつけるとまぶしくて、熱いぐらいです。子どもたちは、自然エネルギーの力を実感したようでした。

 「もったいない、ありがたい」は、一人一人の生活の周りにもあるはずです。子どもたちに、自分たちの周りでも、そういったものをさがして、活かして欲しいと話して、締めくくりました。

 子どもたちは、半日森と風のがっこうを駆け回っていて、ほとんど遊んでいるような感じだったと思います。しかし、子どもたちの感想の中に、「いつも(森と風のがっこうには子どもオープンデーで)きているけど、初めて環境に優しい暮らしをしていることを知って良かった。」とありました。


 遊びながらまなぶことができるような自然エネルギー体験プログラムは、全国で見てもあまり例がありません。これからも工夫を重ねながら、多くの子どもたちに自然エネルギー体験プログラムを提供してきたいと思います。(こんな自然エネルギー体験プログラムをやって欲しいという、ご要望がありましたら、ぜひぜひご相談下さい。一緒に楽しいプログラムを作ってきましょう!)

キビ
関連記事

タグ : 子ども 自然エネルギー 体験

2月11日の地区文化祭の報告です。
カフェ森風出張出店とその横で森風遊び屋台をやってきました。


この日は天気も良く、
地区の方々がたくさんいらしていて大盛況!
森風常連の方々も来てくれました。(遠くは盛岡からも)
出張カフェでくつろぐ子どもたち

カフェコーナーも、大盛況。
若いお母さんのくつろぎスペースになっていました。
子どもたちも、ちょっと大人の気分で、マシュマロ入のココアとアイ子さん手作りのケーキをおいしそうに食べていました。
アイ子さん手作りのケーキは、ショートケーキ、チョコレートケーキ、チーズケーキの3種類。飲み物とケーキのセットで、250円。地区文化祭価格!安い!
ドラクエ風・射的

遊びコーナーは、ぎゅうちゃん特製「ドラクエ風・射的」です。
「ドラクエ風」とあるのは、的のおいてあるセットが、西洋風のお城で、雑魚キャラ、中ボスがいて、全部を倒すと、大ボスととらわれたお姫様が出てくるというもの。お姫様にタマを当てないように、大ボスを倒せば、無事クリア。わりばし鉄砲もボーガン風のものをつくったりしました。

こちらは、のんびりやれるのかと思いきや、ずっと長蛇の列。
ちょっとした、景品も用意したので、景品目当てで何度も挑戦する子や、オリジナルのわりばし鉄砲を黙々と製作する子など、それぞれが楽しんでくれました。

今回、森と風のがっこうの子どもオープンデーのPRも兼ねていました。というのは、これまで葛巻の中心部の葛巻小学校の子どもたちが多く参加していて、一番近くの小屋瀬小学校はほとんどいません。さてさて、春から、子どもたちは来てくれるでしょうか?
(kibi)
関連記事

タグ : カフェ森風 葛巻町 子ども 子どもオープンデー

プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。