上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地域の方々の生活の知恵に驚いたお話です。

ところで、先日まで開催していたスプリングスクールでは、雪がもそもそ降り、子どもたちからも「ぜんぜんスプリングスクールじゃないじゃん」というツッコミもありました。
すでに、その子どもたちが制作した「森風子ども自由ラジオ」はご視聴いただきましたか?まだという方は、要チェックですよ!

→子ども自由ラジオはこちらから

P1070189_1.jpg

さて、子どもたちが帰って静まり返った森風では昨日今日と雨が続き、少しずつ春を感じさせます。
しかし、昨年の大雪と比べれば、全然この冬の雪の量は多くないのですが、この時期になっても昨年と同じぐらいあります。(→昨年の大雪の様子)

よく考えれば、まだ3月上旬、4月まではまだひと月以上もあるからです。

「何言ってっんだ」とツッコミが入りそうですが、ボケたわけでも、エープリルフールが近いからでもありません。旧暦の話です。
集落の方や葛巻町内に出て地元の方と話していると、普通に旧暦の話が出ます。
「旧だとまだ3月入ったばっかりだから」、「このあと閏の3月がある」というお話を聞くと、「なるほど」と思わず納得。
「旧のほうが結構当たるんだよ」と地区長さんもおっしゃっていました。

もともと愛知で育った僕自身は、全く旧暦で見ることは無かったので、葛巻には旧暦を確認している人が多くてびっくりです。
旧暦は、葛巻の人々が自然と共に暮らしてきた知恵が今もちゃんと生活に息づいている証のひとつのようです。

ps
それでも、少しづつは春は近づいています。犬のホタル、コブシと散歩に行った時に見つけた風景。
P1070175_1.jpg
雪解けして、崩れた雪が転がって自然に出来たもの。
ロールケーキに見えてしまうのは僕だけでしょうか。雪がしまって、溶け始めるこの時期だけの季節限定です。
P1070174_1.jpg


きびーの(黍原豊)
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 季節

皆さんの周りにははやってきていますか?住んでいる地域によってもだいぶ違うかと思います。そういえば、2月のストップ温暖化全国大会プレゼンの時に、桜が咲いてるのを見たときは、びっくりしました。今回は、僕が感じた、森と風のがっこうでのの兆しです。

●固雪
今朝は、-9℃。放射冷却で下がりました。でも、これまでと違うことは、昼間に気温がプラスになり雪がゆるんで、そして気温が下がって雪面はカチンコチン。雪の上は、沈むことなくどこでもすたすた歩けます。真冬ですと、溶けることがないので、さらさらのままで、埋まってしまいます。天気も良く、澄んだ青空が広がっています。こんな日は、雪の森のお散歩も気持ちよいものです。
しかし、そんな気持ちに、後ろ髪を引かれつつ、今日は机に向かって来年度の計画づくりです・・・。新年度が始まるのもって感じです。


●雪が減る
DSCF5320_1.jpg
今朝の校庭の様子です。
先月末の陽気で10℃(プラスです)近くまで気温も上がり、雪が溶けてきました。冬の間は、すっかり雪の下だった、校庭の果樹たちも顔を見せ始めました。


DSCF5321_1.jpg
ほら、すっかり果樹のポットも見てきています。


まだまだ、雪に覆われてるの?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、道路はすっかりなくなっています。全体が雪に覆われていて、-10℃以下になる時期に比べるとすっかりに向かっていることを感じます。
DSCF5322_1.jpg

の雪
先日の地区新年会で地元の方と話をしていたら、「まだまだ3月は降るんだ」とおっしゃっていました。確かに、この時期に、寒気が南下して、南から湿った空気をたくさん抱えた低気圧が北上してくると、もさもさと積もるしめった雪が降ります。忘れもしない2003年3月には、一晩で1m近く積もり、普段は、国道に出るまで、15分ぐらいのところ、除雪車が入っても風が強く吹きだまりができたりして、途中で足止めをくらい、結局2時間かかったことがあります。
森と風のがっこうは、この冬は、今のところ雪が少ないのですが、どうなることやら。「最後には、つじつまが合うんだよ」という話も地元の方から聞いたので、もしかしたらこれからドカ雪があるのでしょうか。内心ちょっと、びくびくしています。
このしめったどか雪も特有。でも、これはあまりうれしくはありませんが。

まだまだ、ありますが、挙げるときりがありません。ここでの冬が厳しく長い分、春に向かう時のちょっとした変化にも敏感になってしまいます。
どうですか、皆さんも春の兆し感じていますか?

PS
今日明日と、何と宮崎からお客さんです。宮崎は20℃になったとか。日本は、広いです。
どんな方々がいらしたかは、また明日。

きび(黍原 豊)
関連記事

タグ : 季節

一昨日、春の声を聞いた。


まだまだ、森と風のがっこうの周りは雪に覆われ、春はもう少し先かと思っていた。
一昨日、朝、エコキャビンの横を歩いていると、そう春の声を耳にした。
着実に春は近づいてきているようだ。


春の声とは、シジュウカラという小鳥のさえずりです。
今まで、鳥の声と言えば、ニワトリかカラスか、最近やたらと増えてきたスズメぐらいでした。(スズメたちは、ニワトリ小屋の中で一緒に過ごしています。)
普段は、鳥の声など、あまり気にしていませんが、
ふと聞き慣れない物を耳にしたのですぐに気付きました。

さえずりをして、つがいを確かめ、そして子育ての準備をするのだとか。
まさに春です。

確かに、最近、太陽の光もなんだか温かい感じがして、
春の光に変わってきていたし、
ニワトリも卵を産む数が増えてきていた。
(今は、10個弱、冬の間は、2・3個でした。)

森風の生活では、そんなところから春を感じるのでした。

黍原 豊(きび)
関連記事

タグ : 季節

おとついから降り始めた雪。
3日間で、約25cmほど積もりました。

森風初雪?

森風はすっかり冬の景色です。
昨日まではぐっと冷え込んでいましたが、(ー6℃まで下がりました)
まだまだ冬支度が済んでいないので、
このまま根雪になったらとちょっと心配しましたが、
今日はちょっと寒さがゆるみ、溶け始め、ホッとしています。

これから、どんどん冬に向かう季節
エコキャビンの作業は急ピッチで進めています。
ボランティアは、長期滞在のふゆ君に加え、昨日より群馬より前橋工科大の青木君、高橋さんも応援に駆けつけてくれました。現在、外壁・内装の自然塗料による塗装や洗面台の加工等を行っています。
週末の3連休もし1日でもお手透きの方いらっしゃいましたら、ぜひお越し下さい。
(23日には、森風忘年会もあります。そちらもぜひどうぞ。詳しくはHPのイベント情報をご覧下さい。)

(きび)
関連記事

タグ : エコキャビン 季節

プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。