上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんの周りにははやってきていますか?住んでいる地域によってもだいぶ違うかと思います。そういえば、2月のストップ温暖化全国大会プレゼンの時に、桜が咲いてるのを見たときは、びっくりしました。今回は、僕が感じた、森と風のがっこうでのの兆しです。

●固雪
今朝は、-9℃。放射冷却で下がりました。でも、これまでと違うことは、昼間に気温がプラスになり雪がゆるんで、そして気温が下がって雪面はカチンコチン。雪の上は、沈むことなくどこでもすたすた歩けます。真冬ですと、溶けることがないので、さらさらのままで、埋まってしまいます。天気も良く、澄んだ青空が広がっています。こんな日は、雪の森のお散歩も気持ちよいものです。
しかし、そんな気持ちに、後ろ髪を引かれつつ、今日は机に向かって来年度の計画づくりです・・・。新年度が始まるのもって感じです。


●雪が減る
DSCF5320_1.jpg
今朝の校庭の様子です。
先月末の陽気で10℃(プラスです)近くまで気温も上がり、雪が溶けてきました。冬の間は、すっかり雪の下だった、校庭の果樹たちも顔を見せ始めました。


DSCF5321_1.jpg
ほら、すっかり果樹のポットも見てきています。


まだまだ、雪に覆われてるの?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、道路はすっかりなくなっています。全体が雪に覆われていて、-10℃以下になる時期に比べるとすっかりに向かっていることを感じます。
DSCF5322_1.jpg

の雪
先日の地区新年会で地元の方と話をしていたら、「まだまだ3月は降るんだ」とおっしゃっていました。確かに、この時期に、寒気が南下して、南から湿った空気をたくさん抱えた低気圧が北上してくると、もさもさと積もるしめった雪が降ります。忘れもしない2003年3月には、一晩で1m近く積もり、普段は、国道に出るまで、15分ぐらいのところ、除雪車が入っても風が強く吹きだまりができたりして、途中で足止めをくらい、結局2時間かかったことがあります。
森と風のがっこうは、この冬は、今のところ雪が少ないのですが、どうなることやら。「最後には、つじつまが合うんだよ」という話も地元の方から聞いたので、もしかしたらこれからドカ雪があるのでしょうか。内心ちょっと、びくびくしています。
このしめったどか雪も特有。でも、これはあまりうれしくはありませんが。

まだまだ、ありますが、挙げるときりがありません。ここでの冬が厳しく長い分、春に向かう時のちょっとした変化にも敏感になってしまいます。
どうですか、皆さんも春の兆し感じていますか?

PS
今日明日と、何と宮崎からお客さんです。宮崎は20℃になったとか。日本は、広いです。
どんな方々がいらしたかは、また明日。

きび(黍原 豊)
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 季節

プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。