上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめまして!研修生のナオです。
今日で研修スタートから1週間たったばかりの新人です。これからよろしくお願いします。

突然ですが、こちらが私たちの厨房です。

kitchen_0724_10.jpg

食事づくり は、私達スタッフの毎日の大切な仕事の1つです。

仲間や子どもたちのために作るのは、自分のために作ってたときと少し心構えが違います。
野菜1つ切るのでも、これって大きすぎるかな?と包丁を止めて首をかしげたり、このお味噌汁は薄味すぎるかも?と何度も味見をしたりと慎重になります。

やっぱり、おいしい!と食べて欲しいんです。おいしいものが真ん中にある食卓はテンションが上がりますからね~。

一昨日は20人分のカレーを作り(with けんちゃん)、今日は外のカマドで薪でご飯を炊き(キビさん指導) と、子だくさんアウトドア母ちゃんにもなれそうな勢いです。


ちなみに今日はキュートで頼りになる大学生、たまちゃんとはるなちゃんが手伝いに来てくれています。
心なしかキビさんとけんちゃんも顔がほころびがちなような。。
私も、2人と話してて刺激になることがたくさんありました。本当に来てくれてありがとう!2人のこれからがとっても楽しみです。

それではみなさんよい週末を!

豪雨&雷の葛巻より。(停電しませんように~!)


ナオ
スポンサーサイト
先日(4/26)、雪でした。

道路には積もりませんでしたが、土の上は一時真っ白。
4月下旬のこの雪にはかなりびっくりしたのですが、びっくりしたのは僕たちだけ?
ふきのとうに雪がかぶる


先日、地区長さんのトシフミさんがいらして話していると、今年は旧暦で5月が2回あるから夏になるのが遅いとのこと。だから、4月の下旬ぐらいにぐっと冷えて雪でも降るだろうと思っていたそうです。

んー、旧暦おそるべし。先人の知恵はすごいです。今でも旧暦をみて過ごしている地元の方々にも驚きです。そういえば、葛巻町内のどこかに行ったときにも、今年は閏月があるからろくな年にならないんだ、と耳にしました。その時は、聞き流していましたが、このことだったみたいです。

畑の作付けも旧暦を見たりするそうです。


いつもの散歩コース。
コブシと散歩

気にしていたアレが大きくなってきました。
牧草地に混ざるノビル

牧草に混じっていますが、わかりますか?

のびてきたノビル

ノビルです。そろそろいただこうかしら。
刻んで、森風タマゴに合わせて卵焼きにしたらおいしそう…。
ちゃんと春はやってきています。

黍原豊(きび)
湯たんぽ の暖かさがまだ残る布団の中。
それに反して雪がぱらつく外。
でも太陽の光が射し込む、
という なんとも不思議な天気で始まった今日の朝。

お昼も曇ったり、晴れたりの繰り返しで、
布団も思うように干す事ができない!
そんな感じで葛巻の天気に毎日戸惑わされながら、
今日も楽しんで過ごしています。


今日は、明日行われるイベント「森のくらし”動物編”」の参加者の方が一人やって来て
重労働な砂利運びや樹液採り、薪運び、それに大豆の選別やご飯の用意などなど・・・
森風のおしごとを一緒にやっていただきました!

今まで二人でやっていた頃に比べてなんて早いことか!
彼女に教える事が、私自身の復習にもなって、なんだか今日は良い日でした。


それにそれに!
今日の夕飯は、久しぶりに大勢(7人!)で食べて、
美味しいご飯が、より一層美味しかったです。あぁ幸せ。
やっぱり、ごはんはみんなで賑やかに食べるのが一番ですね。


ゆうこ

カフェが4月25日からオープンしますが、カフェの春の目玉「樹液コーヒー」に使う、樹液を今日から取り始めました。

今年は春が早い感じもしますし、ここ数日とても温かい日が続いていましたので、そろそろではじめているのか思っていました。

森と風のがっこうの道路をはさんで向かい側の山にある白樺から毎年樹液を取らせてもらっているのですが、山の持ち主の北越製紙さんにもお願いして今年も樹液を取らせていただくことにしました。
樹液採取


今日やってきたばかりの、研修生の“ひじりん”も一緒です。
がんばって、樹液採取の準備をしています。
ひじりんが樹液採取準備中


白樺から樹液をいただくのですが、葉っぱはまだ開いていません。でも、すでに木は活動を始めているようで、取り始めてすぐにポタポタと樹液が出はじめました。

なお、樹液をいただくといっても、全部ではなく吸い上げるうちの一部ですので、いただいた木は、この後ちゃんと葉っぱを出して元気に育っていきますので、ご心配なく。でも自然って、こうして人間に分け前を出してもちゃんと育っていくのだからすごいものです。いつも感心してしまいます。

さて、今年はどれぐらいとれるのか楽しみです。

黍原 豊(きび)
「もったいない、ありがたい」を合言葉にしている森と風のがっこう。
ニワトリのエサも、もちろん「もったいない、ありがたい」

昨日は、まちに出たついでに、「もったいない」ものをいただいてきました。
まちでいただいた「もったいない」もの

続きを読む »

一昨日、春の声を聞いた。


まだまだ、森と風のがっこうの周りは雪に覆われ、春はもう少し先かと思っていた。
一昨日、朝、エコキャビンの横を歩いていると、そう春の声を耳にした。
着実に春は近づいてきているようだ。


春の声とは、シジュウカラという小鳥のさえずりです。
今まで、鳥の声と言えば、ニワトリかカラスか、最近やたらと増えてきたスズメぐらいでした。(スズメたちは、ニワトリ小屋の中で一緒に過ごしています。)
普段は、鳥の声など、あまり気にしていませんが、
ふと聞き慣れない物を耳にしたのですぐに気付きました。

さえずりをして、つがいを確かめ、そして子育ての準備をするのだとか。
まさに春です。

確かに、最近、太陽の光もなんだか温かい感じがして、
春の光に変わってきていたし、
ニワトリも卵を産む数が増えてきていた。
(今は、10個弱、冬の間は、2・3個でした。)

森風の生活では、そんなところから春を感じるのでした。

黍原 豊(きび)

タグ : 季節

こんにちは。そして、初めまして。
1月から森風におります、吉成(娘)さと と申します。はい。
12月まで東京は銀座でおーえる(若干声が裏返る)なんぞやっておりました。
好きなものは、チョコレートです。うへへ。

ところで今朝、起きたら。

…雪でした。

CIMG1575.jpg


がちょーん。

血統書つきアイドルのほたるちゃんも…

CIMG1572.jpg


エスキモー犬です。

いつもひとりごとのぎゅうちゃんは…

CIMG1564.jpg


らしからぬ勇姿でした。
この、遠目のショットに惚れたあなた、細かいことは気にせず、一度森風にいらして!!

追伸
今年も凡人サミットのすーぱーうるとらきゅーとなフライヤーが完成間近です。
乞うご期待!
私企画のほんわか乙女系イベントについては、次回に…
ここ数日、気温の高い日が続き雪もすっかり消えて、大掃除やら外の片付けやら冬支度がようやく昨日一段落ついた。
昨夜から久しぶりの雪が降り始め、今朝起きてみると、びっくり!
外は、一面雪。しかも、40cm以上も積もっている。
長靴だけでは、雪が入ってきそうなぐらい積もっている。
あわてて、カッパもきて、朝早く出発する吉成の車の回りの雪をみんなで払う。
雪で車が埋まる

この雪を見て、昨日で冬支度がほとんど終って良かったと思った。

校庭が雪で真っ白

昨日まで土が見ていた、校庭も真っ白。
全国でも4番目の降雪量だったとか。
12月にこんなに降るのは珍しいと町内の方は言っていました。
これも、地球温暖化の影響なのでしょうか?
(森と風のがっこうへ来られる方へ。道路は除雪がちゃんと入っていますので、ご安心下さい。っっx)

きび・黍原豊
この一週間は来訪者が多かったのですが、そのなかでも、ビックニュース!
なんと、絵本作家の田島征三さんがいらっしゃいました。

田島征三さん来訪!

田島さんらは新潟の廃校を使って、体験型の絵本美術館をつくるそうです。
来年の夏オープンを目指して現在準備中とのこと。
その中で、参考事例として、森と風のがっこうの取り組みを視察にいらっしゃいました。
今回は、代表の吉成が対応しました。田島さんがいらっしゃると言うこともあってか、話に熱が入ります。
予定時間を大幅に超えて、地域への入り方、カフェの運営の方法、循環型の生活の施設づくりなど、多岐にわたった話となりました。
新潟の絵本美術館の中にもカフェをつくるとのこと。オープンしたら、一度訪れてみたいものです。

田島征三さんのHPにも、今回の来訪の様子が紹介されています。


他には、エコキャビンのお掃除を岩手大学の原田君が手伝ってくれたり、ドイツから一時帰国中のヒメこと氏家さんが顔を見せに来てくれました。ヒメは、2年前まで、岩手で学生をしていて、子どもオープンデーで活躍していました。
実はこの二人は、ドイツつながり。原田君は、休学して2年ほどドイツに行っていたとのこと。(実は、僕は年明けに海外脱出を計画中。ドイツの情報を色々と入手しました。)

エコキャビンのお掃除


エコキャビンの室内の床に敷いていた養生の段ボールなどをはがし、とても綺麗になりました。

エコキャビンの広間(お掃除後)

冬至の前で、一番日の短い季節。この時期、いつもなら、ひっそりと静かな森と風のがっこうのがっこうですが、
後は、野口整体の活元会があり、初めての方も多く20人を超える参加者があったり、
町内の関川さんが急遽お手伝いに来てくれて、薪をつくってくれたり(とても助かりました。感謝!!)、
賑やかな1週間でした。

きび(黍原豊)

タグ : エコキャビン 廃校

今朝は放射冷却で気温が下がりました。
外で息を吸うと鼻毛が凍る感じ。ということは・・・
今朝の気温は、

今朝の気温
なんとー11℃。
10℃以上になると鼻毛に水蒸気が凍り付いて、鼻の中がくしゅくしゅした感じがするのです。

でも、この季節になると、マイナスを言わずに、「今朝は10℃だった」というようになります。そうなってくると、0℃に近くなると温かく感じられます。
先月の11月だと、気温が零下になってとても寒く感じていたのですが、人間の体はすごいものです。ある程度は慣れてくるようです。
でも、愛知生まれの僕にはやっぱり厳しい冬の寒さです。
でも、これから20℃近く(もちろんマイナス)になるときもあります。
まだまだ序の口というところでしょうか。

凛とした空気の中、早朝犬のコブシと散歩をしているとこんなものを見つけました。

沢の氷

ちょっとした沢ですが、しぶきが凍り、美しい造型を創り出しています。
(本物はもっときれい!)
寒いだけでなく、この季節しか見られない景色もあるのです。
霧氷で真っ白に輝く木とか、氷の上を流れる川とか・・・
なかなか写真では上手く伝わりません。ぜひ一度、足を運んでみてください。
鼻毛が凍る体験もぜひどうぞ!

きび・黍原豊
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。