上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕たち森風スタッフは、普段まったくテレビを見ません(一応テレビはありますよ)。

森風がある上外川地区は「難視聴地域」といってテレビの受信状態が悪く、NHKの受信料も払わなくていいそうですが、それが理由ではなく、結局みんなテレビがなくても生きていける人たちなのです。

僕もそんな人間のひとりですが、映画はけっこう好きです。
休みの日には片道1時間かけてDVDをレンタルしてきたり、盛岡の映画館まで足をのばしたりもします。

最近見た映画は『イントゥー・ザ・ワイルド』。
アメリカの青年がたったひとりでアラスカの荒野に向かい、大自然の中で生き、力尽きて死ぬという、ちょっと辛い物語(実話)でした。

生きるためのすべてを自分ひとりでやらなければならない状況では、食べ物がとれなかったり、病気になったりすれば、野垂れ死ぬこともあるわけですね。厳しいなあ。

そういえば、今年はまだ暖房や風呂焚きに使う薪集めが終わってません。
もう雪が積もってるのに・・・
まさか森風で凍死なんてことはないでしょうが、やばい、やばい。
映画見てる場合じゃないかも。


ちなみに代表吉成は、疲れた時に『パッチギ』を見ると元気になるそうです!?

たまにはこんな話題も、いかがですか?

(ぎゅう)
関連記事
スポンサーサイト

交流イベント①


今日は、森風会員の方々の交流会イベントでした。
もう何度も森風に足を運んでいただいている方、
今日初めて訪れて会員になっていただいた方、とさまざま。

今回の交流会はファミリーでの参加が多く、
子どもたちの笑い声、泣き声が絶えません!

下は1歳2か月から、上は78歳までと幅広い!!

内容は森風の冬支度。「薪割り」「大掃除」「ニワトリを絞める」を分担して行いました。
子どもたちは雪遊び。(もうこちらは一面真っ白なのです!)

冬支度の後はみんなでご飯づくり。
みんなでつくってみんなでおいしくいただくということが森風のモットー。

メニューはピザ、絞めたトリのスープ、サラダ、芋とカボチャの天ぷら、おにぎり。

交流イベント② 

 

そしてそして、ご飯の後には密かなお楽しみ…

11月生まれのおんちゃんのビックリ誕生日!!

森風常連のネコちゃんによる巨大バースデーケーキ(なんと5層)を36名でいただきました。

もう大きな家族のような感じ。
みんなでつくってみんなで食べるご飯、おいしいですよ。(のむ)


関連記事
おとついから降り始めた雪。
3日間で、約25cmほど積もりました。

森風初雪?

森風はすっかり冬の景色です。
昨日まではぐっと冷え込んでいましたが、(ー6℃まで下がりました)
まだまだ冬支度が済んでいないので、
このまま根雪になったらとちょっと心配しましたが、
今日はちょっと寒さがゆるみ、溶け始め、ホッとしています。

これから、どんどん冬に向かう季節
エコキャビンの作業は急ピッチで進めています。
ボランティアは、長期滞在のふゆ君に加え、昨日より群馬より前橋工科大の青木君、高橋さんも応援に駆けつけてくれました。現在、外壁・内装の自然塗料による塗装や洗面台の加工等を行っています。
週末の3連休もし1日でもお手透きの方いらっしゃいましたら、ぜひお越し下さい。
(23日には、森風忘年会もあります。そちらもぜひどうぞ。詳しくはHPのイベント情報をご覧下さい。)

(きび)
関連記事

タグ : エコキャビン 季節

「緑のコトノハ」という番組のテレビ取材がありました。
雪が舞う中にもかかわらず、スタッフやたまたま居合わせたボランティアの方は、川の中に入り濡れながら水車を設置しました。
(僕は久慈市の平山小学校へ出張でいませんでした。皆さん、寒い中お疲れ様!)

放送は、2009年1月5日から1月9日で、夜20:55~21:00、BS朝日
この1週間は、葛巻町の自然エネルギーがテーマです。
森と風のがっこうと代表の吉成は、1週間の葛巻の取り組みのまとめとして、その最後の1月9日に出演します。

半日の取材でしたが、放送はたったの数分。
きっと、ぎゅっと凝縮された内容だと思います。
ぜひご覧下さい。

(きび)

関連記事

水車まつり① 

今年もスローツアーで山根六郷(久慈市山根町)に行って来ました。

11月2日は「水車まつり」の日。

あいにくの雨模様でしたが、会場の水車広場は郷土料理をもとめて集まった人々で大賑わいです。

我々スローツアー一行も、朝食抜きで参戦しましたが、お昼前には満腹状態に。

水車まつり② 

鹿踊りも披露され、大満足の一日でした。

ツアーの詳細は、近々スローツアー・ブログの方でご報告します!

(ぎゅう)

関連記事

タグ : スローツアー

先月下旬から隣のこうすけさんの家の短角牛が
高原の放牧地から、集落にある牛舎に下りてきました。
短角牛は基本的に放し飼い。森と風のがっこうの前の牧草地でのんびり草を食べています。
こうしてみると、森と風のがっこうの牛みたいです。
森と風のがっこうと短角牛

牛が見える風景はとてものどかです。

と思いきや今日子牛が道路に逃走!
慌てて隣のこうすけさんの家に伝えに走りました。
そこにいた奥さんのよしみさん、「子牛ならどこも行かないから大丈夫。」と
よく見たら、近くに母牛と思われる牛が子牛の方をじっと見ています。

しばらくしたら、よしみさんが棒を持ってやってきて、子牛をうまく誘導して牧草地の方へ入れました。

毎年こうして、短角牛が見えるようになると、
秋も深まってきて、そろそろ冬の準備をしないと、と感じます。

PS そういえば昨日は、初氷が張りました。初雪もそろそろ?

(きび)
関連記事

タグ : 山村

プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。