上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カフェのお客様であるウーちゃんのお招きで、
生まれてまもない子ブタちゃんを見に行きました。

いやー、思っていたよりさらにかわゆかったです。

kobuta.jpg

そして大きな黒豚さん。
生で見たのははじめてです。
頭と鼻をなでさせてもらいましたが、黒毛はちょっと固めで、鼻は人工物のような不思議な触り心地。
柵を越えてケンヂに突進したのは、懐かしのご対面だから??
kenjibuta.jpg


そして、わたしがブタしゃぶ好きをアピールしたばかりに、
うーちゃんがブタしゃぶを用意してくださっていました。感激!
赤じそを使った特製つけダレもまた絶品でした。
殺到して食べたため、こんな写真ですが、完食&満足ぶりはおわかりいただけるかと。
kanshoku.jpg



カナンの園のみなさん、また遊びに行かせてください。
こんどはおんちゃんも好きなパン屋さんにも行きたいと思います。


明日はよこまちワイワイ子ども村キャンプです。
わたしは土日ともカフェにいますが、夜は海鮮、肉などのグルメ屋台も
あるようなのでとーっても楽しみです。

晴れますよーに♪

パコ

関連記事
スポンサーサイト
初めまして!私は国士舘大学一年の長迫英樹と申します。
今、夏休み中なんですが、大学の集中講義で岩手県に二週間研修に来ています。
本日で4日目になりますが、今日は午前中に、明後日の子どもキャンプの準備を終えたあと、午後からは、山奥高原、子どもの森、養豚所、羊の製紙工房、ハンドベルの演奏会場という順番に訪問させていただきましたが、どれも非常に素晴らしい項目で、貴重な体験をさせていただきました。
まだ、4日目ということもあり、まだまだ覚えなければならないことがたくさんございますが、皆さんの脚を引っ張らないように、精一杯、努力していきたいと思います。
明日は子どもキャンプの前日なので、今まで以上に、気合いを入れて身を粉にする覚悟で、準備に臨みたいと思います。
知識や経験の足りない青二才の私ですが、何卒よろしくお願いいたします。

ひでき
関連記事
はいどーも ケンヂです。昨夜は見事な満月でした。今日はなんとも、ここ上外川では、晴れたり、雨降ってみたりなんか良くわからん天気でありましたが。まあ、標高700mやし。

きょうは国士舘の学生さんのほかに紫波町の方々が視察にいらしていて、にぎやかでした。

今日、一番たのしかったのは、 クラフト作りでした。森にある素材をつかってそれぞれ好きなように物を作っていくのですが、僕は木の枝や皮を使ってお花の置物をつくりました。

DSC_0358_1.jpg

他のみんなもなかなかの力作!乞うご期待。

ケンヂ

関連記事
こんにちは ゆなです☆
森風に来てから六日が経ちました!
皆さん優しくご指導してくれて
楽しく学ばせてもらっています♪
毎日の生活を通して
お互いの距離が近くなっていくのが楽しくて、
充実した日々を過しています^^
kusatori.jpg

写真は草取りの画像です
暖かい陽の下で協力しあって汗をかくのは
さわやかで新鮮に思いました^^
後半の研修も今以上にもっと良い経験をして横浜に戻ります☆
ゆな
関連記事
皆さん、こんばんは、私は国士舘大学の一年生 範 と申します。今年の夏休みにボランティア活動をやってみたいと思うので、森と風のがっこうに伺いました。今日は5日目です、ここでいろいろの体験をしました、例えば、にわとりさんのお世話・犬君とのご散歩・畑での草取りや水撒きなど色々な農家の暮らしを体験して、本当に楽しかった。特に、ここでおんちゃんとゆりさんと黍原さんとパコちゃんとけんちゃんに迷惑をかけ、お世話になり、色々な事を教えてくれて、誠にありがとうございました。また、寂しいのところに、可愛いなゆなちゃんと一緒にご飯を作ったり、しゃべたり、嬉しかった。今日もひできくんが来て、明日おそらく赤見ちゃんも来るかもしてない、にぎやかな生活がこれから期待して、送りたいと思ってます。
関連記事

はい。どうもケンヂです。ごぶさた~
 いやはや、たのしかったサマースクールも終わって、仲良くなったスタッフや子ども達とも一時、バイバイ(;´_`;)となりましたが、今度は国士館大学の学生さんたちが森風に研修しにきてくれました。にぎやかで嬉しっす。これから人数も増えていくみたいで、あらたな出会いが楽しみです☆ イベントの手伝いや畑、動物達の世話などを手伝ってくれて、非常に頼もしい戦力として活躍してもらってんで(^▽^
 きょうは図書室の大掃除!雪崩のごとく崩れるマットレス(バランスを崩すとえらいことになります)、冬物の毛布達の整頓、(ちょっと被ってみたら、サウナのようでした)書籍の数々の移動(ふと立ち読みしたくなる)、何故か置いてあった漫画の誘惑…(ふと立ち読みしたくなる)
激戦となりましたが、数学生さん達の強力な支援のおかげで、無事整理されました!学生諸君、大儀であった!

関連記事
ニイハオ。パコです。

ジャーン、今日は第一回 えほんの森で(おんちゃんと)あそぼう でした。

“森”と“えほん”なんて最高の相性!とパコもとても楽しみにしてました。

まずはおんちゃんの森の中で絵本の読み聞かせ。椅子は丸太を使いました。
こんな幼稚園があるとよいのにな。
yomikikase.jpg

それから森のキッチンでクッキング!

キッズたちはホットケーキを生地から作り、ママたちは畑の収穫に始まり、スープとルバーブとサジーのジャムも作りました。
hotcake.jpg

パコはママたちといっしょだったのですが、みなさん、「森風は気持ちがいい!」とおっしゃってくださってとてもうれしかったです。ぜひまたいらしてくださいね。エコキャビンでのお泊まりも大歓迎です!

ちなみに、パコが子供のころ好きだった絵本は、「くまのコールテンくん」です。けっこう暗めな絵なのですが、なんども読んだ覚えがあります。なにか響くところがあったんでしょうね。われながら不思議です。

images.jpeg



明日は日曜日。森風カフェにてカレーとともにお待ちしてます!


パコ
関連記事
ナオ 改め パコ です。

サマースクール中のニックネームが「パコ」で、その後も森風内で定着したので、当面は「パコ」で行きます。よろしくです。

今日の一枚は、裏の森の入り口にある土の階段とスロープです。

土の階段

これはサマースクールのスタッフとして来ていたブッチとさかなくんが作っていってくれたものです。
作り終わったときの2人の汗びっしょり加減と疲労困憊の顔は今でもはっきり覚えています。

でも、今日も秋の光のもとに、キラキラしてました。

ブッチ、さかなくん、ありがとね!これからもこの階段を踏みしめるよ。

もろもろがんばってね~♪


今日から国士舘大学から2人の研修生が来てくれています。
いきなり夕飯作りで大活躍してくれて感心することしきり。
ブログにも登場してくれるはずです。乞うご期待!


あっ、そういえば、横浜で40度超えたとか。。私は今日1日長袖でした。
岩手の夏は猛スピードで去って行くのでした。待って~~


パコ
関連記事
今夜、宮沢賢治さんの「蛙のゴム靴」の演劇を子どもたちが上演します。

10日間のサマースクールの最後の夜となる今夜、子どもたち最後の山場となる演劇づくりの発表です。
一昨日からはじめた劇づくりですが、短い時間でセリフも覚え、衣装もみんなで手作りをして、次第に演技にもそれぞれの個性が現われてきました。

ちょっと、天気が心配ですが、雨が降っていなければ、子どもたちの手作りのキャンドルを灯した森の中で、劇を上演いたします。また、舞台照明などの電気は、子どもたちが自然エネルギーで貯めた電気を用います。

ご都合つく方はぜひぜひお越し下さい。

この1週間の子どもたちの様子も色々とお伝えしたいのですが、
まだ衣装づくり等も残っているのでまた後ほど。

きび(黍原 豊)


●日時:8月14日(土)午後7時より開演(午後6時45分開場)
●演目:蛙のゴム靴(宮沢賢治の童話作品)、合唱、その他
●入場:無料
●場所:森と風のがっこうの裏の森の中(雨天時:校舎内講堂)
(岩手県岩手郡葛巻町江刈42-17)
●出演:サマースクール参加者の子どもたち、スタッフ
●演出:吉成信夫(NPO法人岩手子ども環境研究所理事長)
関連記事

タグ : 子ども 自然エネルギー

今日から、9泊10日の「くずまき・子どもESDサマースクール 本格コース」が始まりました。
開校式では、入門コースの3ヶ条に加えて、
・社会を変えるヒントを見つけよう
とコーチョーのおんちゃんから子どもたちに投げられました。
DSCF7038_1.jpg
体を動かしながら、体験を通してそんなヒントを探していく10日間になります。

と開校式が終った後は、裏の森へみんなで出かけました。
森のひみつ基地
最初は、ちょっと川に足を付けたり、ひみつ基地で遊んだりしていたのですが、
川あそび
この暑さに耐えきれず、思わず川に飛び込む子どもが続出。
僕も含めて、子どもも大人も頭までずぶ濡れです。
自然と笑い声が森の中で響き渡ります。
(川あそびに僕自身が夢中で一番いいときの写真が、ない…。頭まで濡れた子も、そこまで濡れなくてもそれを見ていた子もみんな楽しそうな顔をしていました。)

こうして、遊びながら、お互いの緊張もほぐれていき、遊びながら色々なものをまなんでいくのが森と風のがっこうです。

その後は、太陽熱温水器で温められたお風呂につかり、冷えた体を温めた後は、
生活をみんなでつくっていく時間です。
ご飯づくりやニワトリのお世話、畑仕事などをみんなで分担をしてやっていきます。

夕食1夕食2

今日は、まだ初日なので、少しお互いの緊張がほぐれてきたという感じですが、夜のふりかえりの時間に「どんなことがやりたい?」と聞いてみると、子どもたちの中からやりたいことがどんどん出てきました。自分自身の体が気持ちいいとか、楽しいとかそういう感覚もこの10日間で感じて欲しいなと思いました。

きび(黍原 豊)
関連記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。