上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※最近津軽弁の評判がいいので、本日のブログは津軽弁でお送りします。

---------------------------------------------------
津軽弁ver.

とどいだ!とどいだ!
ずら~っと。
IMG_0354.jpg
スノーシューだど。
わいはーこれどして使うもんだんだべ?
わい、いぱだだかだぢしてらなぁ。
ははーん、わがた!
こやして使うんだべ?

zoumimi.jpg
ん?
つがる?

まっちゃんまっちゃん、これどやして使うもんだの?
usamimi.jpg

ん?
あーそへばぴょーんって高く飛べるんだのー…
って違うぐね!?

しゃーねーなちょっとまがググってみるがな。
なになに…

※スノーシュー=雪の上を楽に歩くための雪上歩行具のひとつ

はっはーん。
足さはいで、ゆぎの上とばあさげるっつごどなぁ?
snowshoe.jpg
お~こやしてはぐんずな!
わーわわわわわ。
こいだばいいなー。
これはいでゆぎの上あるぐんだべ。
なんぼおもへーべ。
ウィンタースクールでも使うんだど。
ゆぎどけやぐになれるな!
わらはんどだぢ、いっぺーつかってければいやー♪

------------------------------------------
標準語ver.

届いた!届いた!
スノーシューですって!
わぁーこれってどうやって使うものなのかしら?
なんか不思議な形しているね。
はっはーん。わかった。
こうやって使うんだね?
ん?
違う?
まっちゃんまっちゃん、これどうやって使うものなの?
ん?
あー、そうすればぴょーんって高く飛べるのね…
って違うでしょ?

しょうがないなーちょっとググってみようかな。
なになに…

※スノーシュー=雪の上を楽に歩くための雪上歩行具のひとつ

ははーん。
足にはいて、雪の上をあるけるっていうことね?

お~こうやってはくんだ!
あらららら、
これはいいわ。
これを履いて雪の上を歩くんですね。
どんなに面白いだろうな。
ウィンタースクールでも使うんだそうです。
雪と友達になれるね!
子どもたち、たくさんつかってくれるといいな♪

アヤ

関連記事
スポンサーサイト
森風は現在、越冬準備に入っています。

ニワトリ小屋の外の運動場の土を出す仕事もそのひとつ。
春から秋にかけて子どもたちがたくさんの雑草をニワトリにあげてくれたおかげで、彼ら彼女らには今年も大量の卵を産んでもらったのですが、その副産物や食べ残しは堆積していきます。

だから感謝の念を込めてお掃除を敢行するのです。

けっこうな重労働、そしてなにより臭いも香ばしいものがあるのですが、いやいや感謝の気持ちを忘れてはいけません。

IMG_3450.jpg

IMG_3448.jpg
<こんもりとしたニワトリからの贈り物。オバケモグラが通った後ではありません、念のため>


出した土は来年の畑の肥料になります。ぐるぐるぐるぐると、まわりにまわって循環するのが森風の食農システム。
来年はなにを植えようかな、ワクワク。


峯松(みねまつ)
関連記事
今日も引き続き、森の片づけです。

草刈り機では切れない笹を剪定ばさみを使って地道に刈っていきます。

人が歩く箇所の邪魔な木は鉈やノコで切っていきます。
昔からノコギリ使うのって苦手なんですよね…。
汗だくになりながらなんとか切りました。

それにしても去年大分の山村で林業の現場に同行させていただいた経験が、ちょっとは生きているなーとうれしくなってしまいました。

山仕事は働きのなかに楽しみを見出してこそナンボです。

IMG_3421.jpg
<今日はアヤコさんに手伝っていただきました>

IMG_3422.jpg
<一見、ごちゃっとしているけどだいぶ歩きやすくなりましたよ>



峯松(ブログの内容が連日、森の話題ばかりでそろそろ飽きられているんじゃないかとちょっと心配)
関連記事
本日はケーコちゃんと一緒に森のお片付け。

草刈り機で笹を刈り、倒木を四苦八苦しながら切って人が歩きやすくしました。

IMG_3416.jpg
<さすがケーコ先輩、ノコギリさばきの腕前は僕の3倍ぐらい先を行ってます>

IMG_3414.jpg
<ビフォア森の片づけ>

IMG_3419.jpg
<アフター森の片づけ>


薄暗くなるまでがんばりましたが、なかなか達成感がありますね。
森を快適に過ごせるようにする試みは、まだまだ続きます。


峯松(後輩)

関連記事
雪が降ったり積もったり、森風の校庭も一面真っ白になる日が増えてきました。

イベントも少なくなり、本格的な冬仕舞いが始まっています!

トイレや水道の水抜き・ピザ窯にはブルーシートをかける・温室とカフェの雨どいは全て外す
そして森風の大事な畑も冬仕舞いです。

畑には鶏糞と液肥を撒き、雪に閉ざされて次の春を待ちます
生ごみや雑草を食べた鶏の糞が、畑の肥料として入って、美味しい野菜へと循環していく
アヤコさんと地道に鶏糞を運びながら
「そうそう、これだな」と実感しました。

今年は森風で年越しを予定している私ですが、これからさらに寒さに厳しくなるとか
これ以上寒いのを未だ経験していないので、周りの環境がどう変化するのか楽しみです♪

                                    ケーコ
関連記事
今日の日中は太陽があたたかい日差しを投げかけてくれていました。
夕刻の森も黄金色に輝いています。

森林整備によって出た枝木を片づけました。
「循環」の森にはまだひとの手が入る余地がたくさんあります。

ひとつひとつの作業を続けていって、快適な森をつくっていこうとおもいます。


そして本日は森の大人気アトラクション、きらきら展望台の双眼鏡を撤去しました。

来るべき雪に備えて、本当は展望台ごと撤去するなり保護するなり、したい気持ちもあったのですが、
まあ森のオブジェである以上、自然の中で越冬してもらおうと思います。

今後のえほんの森やウインタースクールなどのイベントの時は、また再度設置しますよ、きらきら双眼鏡。


~3コマきらきら展望台劇場~

IMG_3400.jpg
<森風にしまっちゃう前に覗いてみようっと>

IMG_3398.jpg
<Wow、なにか動いたぞ!鳥か、クマか!>

IMG_3399.jpg

<お察しの通り、やっぱりコブシでした>



峯松(みねまつ)
関連記事
本日はエコキャビン創出プロジェクトで大変お世話になった、町の大工さんにお越しいただきました。
来るべき来年度の「子育て」と「循環」の森プロジェクトの、打ち合わせというか下準備です。

IMG_3379.jpg
<キビさんと大工さん。お2人が見つめる先にあるものは…?>


今年劇的に変化した「子育て」と「循環」の森。
森ばかりがかっこよくリニューアルしていくのはズルい!と誰かが嘆いているかどうかは定かではありませんが、森風も変わっていきますよ。

どう変わるかは…、まぁ見てのお楽しみです(あいかわらずコソコソと思わせぶり)。
冬は長いので、これからもヒントを小出し小出しで出していきますよ。


さて、本日の森の定点観測。

毎回違う個所の写真ばかり載せるので、ぜんぜん定点観測になっていない気もしますが、バラエティに富んだ内容でお伝えしますよ。

IMG_3386.jpg
<森で遊んでみたシリーズ。雪で曲がった木が森のクローゼットに様変わりしています。>

IMG_3387.jpg
<夕焼けの森。今日も涙の日が暮れる。日が暮れる(なぜか頭をよぎった寅さんのメロディ)>


峯松(みねまつ)
関連記事
今日はびゅうびゅう風が吹いていました。

森に降り積もる雪はちょっと固め。

今日もルンルン気分で森の定点観測に出かけます。

IMG_3363.jpg
<森の入り口。静か…>

IMG_3366.jpg
<定点観測>

IMG_3369.jpg
<ミズナラの更新区画へ至る道>

なんか好きなんですよねー、冬の森って。
雪を踏みしめてずんずん歩いていく感じが。


白い森の奥からなにか出てきそう…


今日の発見はそびえたつアカマツ。
僕にはなんだかそびえたつ竜に見えました。

IMG_3373.jpg
<吠えよ、片腕のドラゴン>

森の中で何を見出すかはひとそれぞれ。
その日の天候や気温はもちろん、訪れた人の気分でも変わるのかもしれませんね。

ちょっと冒険したい気分だったんでしょうね、今日は。


峯松(みねまつ)
関連記事
本日は「循環」の森と深~いつながりのある、とある方々が来訪されました。
IMG_3353.jpg



森風にとっても森づくりプロジェクトにとっても、さらにはもっと大きな視野で見れば、上外川集落にとっても歴史的な、ちょっとした記念となるであろう日が近づきつつあります。

とある方々は、その下見を兼ねていらっしゃったのです。

IMG_3357.jpg

IMG_3358.jpg
<下見の様子。今日は日が照っていて、森全体がキラキラと輝いていました>


詳しくはまた後ほどお知らせできると思います。うふふ(思わせぶり)

IMG_3355.jpg
<こちらは架線の柱。木材運搬用の装置を取りつけます>


峯松(みねまつ)
関連記事
あたたかい空気が流れ込み、雨が今季初の積雪を溶かして去っていった森風。

昨晩、寒さと共に雪が舞い戻ってきました。
気持ちいいぐらいにさらっさらの、パウダースノーがうっすら積もっています。
スキーには最適な雪質です。

IMG_3338.jpg
(積雪量はまだまだ2~3㎝ほどです>


IMG_3341.jpg

IMG_3344.jpg

<定点観測>


おもわず楽しくなって、コブシと駆け出しました。
しかし先日の迷子騒ぎもあり、今回はひも付き。すると途端に不機嫌になる自由犬なコブシです。

IMG_3337.jpg
<曰く「オレの自由はどこだ?」>


この世に存在するすべての怒りという感情をひもにぶつけるかのような勢いで、噛みつく噛みつく。
うう~ん。なんという反骨精神。

さすが「レジスタンス犬」の名を欲しいままにしているだけあります。
(いまこの瞬間、僕が名付けた異名ですが)

こちらも根負けして、しまいにはひもを外してやりました。

IMG_3346.jpg
<小動物の匂いを感じて地面に突っ込む、本能のままの姿>

「野生にかえる」というのはこの森でこれからも実践していきたいテーマのひとつです。

文明社会からの切り離されたこの自然の世界の中で、どこまでひとは自由になれるか。
そんなプログラムも組み立てていきたいですね、今後は。


思う存分走り回るコブシを見て「自由っていいな、野生っていいなぁ」とつぶやく僕でした。



峯松(みねまつ)
関連記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。