上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地域の方々の生活の知恵に驚いたお話です。

ところで、先日まで開催していたスプリングスクールでは、雪がもそもそ降り、子どもたちからも「ぜんぜんスプリングスクールじゃないじゃん」というツッコミもありました。
すでに、その子どもたちが制作した「森風子ども自由ラジオ」はご視聴いただきましたか?まだという方は、要チェックですよ!

→子ども自由ラジオはこちらから

P1070189_1.jpg

さて、子どもたちが帰って静まり返った森風では昨日今日と雨が続き、少しずつ春を感じさせます。
しかし、昨年の大雪と比べれば、全然この冬の雪の量は多くないのですが、この時期になっても昨年と同じぐらいあります。(→昨年の大雪の様子)

よく考えれば、まだ3月上旬、4月まではまだひと月以上もあるからです。

「何言ってっんだ」とツッコミが入りそうですが、ボケたわけでも、エープリルフールが近いからでもありません。旧暦の話です。
集落の方や葛巻町内に出て地元の方と話していると、普通に旧暦の話が出ます。
「旧だとまだ3月入ったばっかりだから」、「このあと閏の3月がある」というお話を聞くと、「なるほど」と思わず納得。
「旧のほうが結構当たるんだよ」と地区長さんもおっしゃっていました。

もともと愛知で育った僕自身は、全く旧暦で見ることは無かったので、葛巻には旧暦を確認している人が多くてびっくりです。
旧暦は、葛巻の人々が自然と共に暮らしてきた知恵が今もちゃんと生活に息づいている証のひとつのようです。

ps
それでも、少しづつは春は近づいています。犬のホタル、コブシと散歩に行った時に見つけた風景。
P1070175_1.jpg
雪解けして、崩れた雪が転がって自然に出来たもの。
ロールケーキに見えてしまうのは僕だけでしょうか。雪がしまって、溶け始めるこの時期だけの季節限定です。
P1070174_1.jpg


きびーの(黍原豊)
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 季節

ついに、森風子ども自由ラジオが開局しました。

スプリングスクールで、子どもたちが、森と風のがっこうで毎日過ごしながら、町の人々に出会い、感じたこと、自分が言いたいことを題材にラジオを制作しました。今日出来たばかりの、ホヤホヤの番組をお聞きください。

制作時の電力はすべて自然エネルギー。これも子どもたちが太陽光パネルを設置して、発電した電力を使用しています。

ラジオ番組の制作、収録の様子は、こちら↓↓
ブログ「代表・吉成のときどき日記」
ただ今番組制作中
子ども自由ラジオ本番

15分の番組×4の構成で、型にはまらない子どもたちの個性が光ります。
ぜひぜひお聞きください。
ラジオロゴ_1

森風子ども自由ラジオ 2012/3/28(コチラをクリック)



感想をぜひお寄せください。
twitterハッシュタグ→ #morikaze
メール morikaze0@gmail.com

スプリングスクールの概要(チラシPDF)
http://www.morikaze.org/file/201203esd_school.pdf

岩手日報にも掲載されました!
3/28 ネットラジオ28日開局 葛巻・森と風のがっこう

使用楽曲

▼音楽
甘茶の音楽工房
http://amachamusic.chagasi.com/

フリー音楽素材 H/MIX GALLERY 
秋山裕和

http://www.hmix.net/


▼ジングル
フリー音楽素材MusMus
http://musmus.main.jp/



きび(黍原 豊)
関連記事
もうすぐ「くずまき・子どもESDスプリングスクール」が始ります!
着々と機材が運ばれて、今日から本格的な準備に入りました

今回は「まちを伝えるメディアをつくる」ということで
自然エネルギーを使った放送局を子どもたちがつくります
今日はその準備で、スタジオとなるテントを運び込み
DSCF2346_1.jpg
みんなでふきふき

新しいボランティアも到着してみんなで作業します
あたらしい機材にそうちゃんもテンションが上がってる!?
DSCF2355_1.jpg
「マイクのテスト中、マイクのテスト中」

DSCF2357_1.jpg
アヤコさんもボランティアのさっちゃんと一緒にノリノリです

あ~スプリングスクールが楽しみだなぁ!
                     ケーコ
関連記事
本日は野口整体、活元会でした。

春の空気が流れ込み、「春眠暁を覚えず」の言葉通り眠気に誘われる今日この頃です。
藤山先生に「最近、とにかく眠気がとれないんですよ~」と相談したところ、「眠りたいだけ眠ればいいのよ」と仰っていました。

体が欲するままにすればいいという、野口整体ならではの視点です。

去年の春から藤山先生にからだのことを教わり、ようやく頭の中にその意味することがすとんと落ちてきたような気がしています。

特に今日はすごかった!

気を集中させることで、まさかあんなことができるなんて!という驚きの連続でしたよ。
ひとはどうやら、気の力だけで宇宙まで行けるのかもしれません。

(いったいなんのことだ!?と気になった方はぜひ月に一度の活元会にお越しください。)


IMG_4051.jpg

<冬の空気がまだ居座っていますが、真冬のそれとはちがう穏やかな空気を感じられます>


しかし残念ながらグータラ眠っている暇はありません。春の一大イベント、くずまき・子どもESDスプリングスクールが目前に控えています。

インターネットラジオの生放送番組を制作するという森風初の試みをメインプログラムとする今回のスクール。どうなることかとハラハラしつつも、その5倍くらいのワクワクした期待感を抱え、準備に明け暮れています。


今回のスクールは対象が小4~中3なのですが、僕も中学生のころはラジオをよく聴いていたのを思い出しました。
ラジオDJってちょっとあこがれの職業でもありましたね。

まさかパソコン1台で、誰でもラジオ番組を制作し、発信できる時代が来るとは、その時は露とも思っていませんでした。


誰もが簡単に情報に触れ、情報を発信することができるようになった情報革命の時代の真っただ中に生きる、現代の子どもたち。

その利便さと紙一重の代償や危険も、情報の世界には溢れています。

どのようにして情報に接し、扱えばいいのか。
楽しみながら学べるスクールをつくりあげていこうと思います。

当日のラジオ番組配信情報も、ぜひチェックしておいてください!


IMG_4054.jpg
<コブシもリスナーからのコメントをお待ちしています。あ、こら背を向けるなっ>

そう(峯松)
関連記事
今日はいよいよ看板隊の活動も大詰めとなりました。
ケイコ隊員が忙しかったため、
ほぼソロ活動。

黙々と塗り塗り…
こうして
ヘアピンカーブの矢印を描いて、
IMG_0802.jpg

よいしょ
IMG_0805.jpg
よいしょっと。
IMG_0806.jpg

はぁ…でも
ひとりだと、なかなか進まないのね~
うわ~ん
ケーイーコーちゃーん!
IMG_0808.jpg

ということで、最後の細かい作業では
ケイコ隊員が合流してくれて、
看板隊フルメンバーで立ち向かいます。

うむ。今日のところはこれで勘弁してやろう。
IMG_0810.jpg

残りは「森と風のがっこう」のふちどりだけ。
あともう少し!

…と、作業をしていた温室の中にハラハラ雪が舞い込みました。
寒さに手足の指先がじんじんしてきます。
春の気配がそこここに感じられた近頃だったのに
まさか誰か雪をつれてきて…
はっ!
今日ってば月に1度だけ会える、あのヒトが、
毎月雪を連れていらっしゃるあのヒトが…?
いらっしゃる日では!
そう、野口整体の藤山先生です♪

ニコニコ笑顔の先生が来てくれるだけでうれしいのに、
どっさりのおみやげを携えて…到着!
今回も、東京から春の風を届けて下さいました♪
お菓子3種
〈テンション上がります↑〉
IMG_0812.jpg
〈春の風、ずら~り〉

今回は迷った~
でも私が選んだのはコレ!
IMG_0815.jpg
「春の水」
「自分、第一印象から決めてたっす!」
透き通った春の清流に桜の花びらが浮かんでいるような、
爽やかな青に一目惚れ。

そして毎回の楽しみが、食事の後の先生とのおしゃべり。

戦時中、捕虜になった体験をされたことから人生観の転換がり、
今もそれが、意欲的な活動の根底にあること。
また、12種あると言われる人の体の癖からくる行動のお話、今回も面白かった!
中でも、私の中に響いたのはこのふとした一言。
「嫌なことも、いいことも根に持たないでみ~んな忘れちゃうの。」
嫌なことをすぐに忘れてしまうのはもちろん、
いいことも、それに執着せずに忘れてただ前に進むことに集中する。
気持ちいい生き方だな、そんなふうにありたいなと思いました。
嫌な気もちもぽいっ
いいことも惜しげなく、ぽぽいっ
と脱ぎ捨てながら、また必要なものが集まる人生っていいな

今日は、写真家の細川さんとも初めてお会いできたし
(スプリングスクールの打ち合わせでいらっしゃった)
次から次へと動いていた、めまぐるしい1日でした。
さあ明日は活元会。
力んでいた体をゆる~んと、させてあげよう♪


あや
関連記事
今日は久しぶりの霧の朝で、なんだか空気が潤ってた!(気がします)
暖かくなる日はちょこちょこあるけれど、夜になったらやっぱり寒い
なので、寒い夜の強い味方キャビンの薪ストーブの登場です!

薪ストーブに慣れるまでは、火がつかなくて寒い思いもしましたが、今じゃぁ手慣れたものです
まず焚き付けをナタでつくって
キャビン1_1

細いのや太いの、太さにバラつきがあると
付いた後の火を育てやすくなるんです

いざ、着火!
キャビン4_1

細い木から太い木へ順々に火は移っていくので
太い木をドン!って入れたりはしません(私の場合は)

暖かい部屋にするには冷気を入れないことが大事
なので窓にはカーテンをします
キャビン5_1

細かいところも、暖かい部屋にするために忘れません
ストーブの火が安定したかな、と思ったら太い木を入れて
あとは火を絶やさないようにする
キャビン6_1

キャビンのストーブには窓があって、燃えている火が直接見えます
寒いときはストーブの前で布団をしいて寝ることも、ゆらゆらと燃える火を見ながら暖かく眠れて
あぁ、やっぱり火がある生活っていいなぁと再確認。

さぁ、暖かいキャビンに行こっと、おやすみなさ~い
                          ケーコ
関連記事
本日の森風は春の気配を感じさせる、暖かな陽気に包まれていました。

春先のベストタイミング!ということでゆりさんの指揮のもと、カフェ森風の大掃除を決行。
脚立を持ち込み、天井の梁まできれいに磨きあげます。


IMG_4044.jpg
いつもとは異なる、高所からのカフェの風景。


IMG_4042.jpg
今年はどんな絵本や雑貨が棚に並ぶのでしょうか?



2012年度のカフェのオープンはまだちょっと先ですが、
一足お先に越冬したあとのカフェの姿をお披露目できる機会があるかも!?


乞うご期待です。


そう(みねまつ)
関連記事
昨日は雲一つない晴天のなか
はっち_1

青森県八戸町にある八戸ポータルミュージアム「はっち」へ、見学のため吉成さんとアヤコさんの3人で行ってきました。

森と風のがっこうからのアクセスは1時間半ほどと、盛岡へ向かうのと大して変らない走行時間(雪の状態で時間は変りますが)。天候も良好、準備も万端でいざ八戸へ!
「はっち」とは地域の資源を活かして、あたらしい魅力を創り出す。まち作り、や文化、芸術、子育てなどを軸に活動をサポートする多様な施設があります。
私たちは、建物の4Fにある「こどもはっち」を見学。
「こどもはっち」は就学前を対象にした子どもと大人が遊ぶ空間。子ども同士友達をつくったり、親御さん同士で情報を取り合ったり、人と人との新しい交流をつくる場所。
乳幼児のゾーンには子どもの大好きな狭い空間や
はっち3_1

登ってみたくなる山があったり、木のボールプールがあったり、やってみたくなるという感覚を引き出していると感じました。

就学前の子どもたちゾーンはごっこ遊びを主にした作りでした。ままごとに欠かせないキッチン、お皿の入っている食器棚、ご飯を食べるちゃぶ台もありました。食材を買う八百屋さんもあって、驚いたのは、なんとお茶室があったこと!頭を低くしてはいる扉はもちろん、お茶室の中にはお湯を沸かす囲炉裏や、枯山水を眺める小窓まで!
はっち2_1

残念ながら今は入ることが出来なかったので、上から撮影しました。
きっと親御さんは、こうやって子どもの姿を撮影するんだろうなぁ

「こどもはっち」では地場産の木材を使い、あたたかい、柔らかい雰囲気でした。たくさん子どもたちが遊ぶ場所なので、衛生面などの管理、遊具の消毒作業など手間はかかっていますが、木の温もりは金属などでは代用できません。
「こどもはっち」のスタッフの方もみんな笑顔で明るく、スタッフの方が作業をしているカウンターも子どもの手が届く高さになっているなど“子どものための場所”を大事にしていることが感じられました。

代表の平間さん、ありがとうございました!
ケーコ
関連記事
吹雪いたり晴れたり、コロコロめまぐるしい天気の今日。

3日位放置して、や~っと乾いた看板塗り第2弾!を慣行しました!
もちろん看板隊の隊員は、ケイコちゃん、そして私の2名。

先日塗った黄色い背景の上に、カーボン紙でアウトラインを。
IMG_0771.jpg
〈カリカリカリ…〉

白いペンキで森風をイメージした山の上のお家などを、
緑で案内の文字を描き加えます。
細かい所は、手がプルプルしないように
工夫を凝らして…
「ぐはっ」と息を止める者あり…
「ふュ~」と気功でもするかのような怪しい息づかいをする者あり…
塗装スタイルもバリエーション豊か。

IMG_0773.jpg
〈ぶほっ!〉

この後笑わせないでっ!とおこられるのですが。

IMG_0774.jpg
〈ど~ん!〉

と、看板隊のお仕事、今日はこれにて終了♪
次回はいよいよも「森と風のがっこう」の文字を入れていきます。
これぞ看板隊の腕の見せ所ってもんだ~い!

ただ一つの願いは、ネズミさんの散歩コースにならないこと…
※黄色いペンキにはくっきりと足あとが。
 黄色い足のネズミにご用心!!!

あや




関連記事
日中は雪が降りつづけ、春の陽気から冬に逆戻りしたような森風。
夕方は晴れ間がのぞき、穏やかな空気が流れていました。

そんな本日の風景を切り取った日記をお届けします。

 *

今日、積もっていた雪は湿った重めの雪でした。
雪かきにはちょっとひと苦労しましたが、ケーコちゃんが嬉しそうに「雪だるまがつくれる!」と話していました。

で、職員室の入り口に現れたのが彼。
IMG_4012.jpg
ちょっと首を傾げ気味の森風スノーマン。人生について考察中なのでしょうか。


 *

ホタルの傍に氷柱がそびえたっていました。たぶんつららが屋根から落ちて刺さったのでしょう。

IMG_4013.jpg
う~ん、ふしぎとシンボリックです。

 *
 
晴れた冬の朝の日課は太陽光パネルと温熱パネルの雪はらい。
今日も、朝は晴れていたので雪はらいをしたのですが、夕方様子を見てみると日中の降雪で雪が張りついていました。

快晴の日は「今日も元気に発電してくれよ!」とつぶやきかけながら雪を払ってやるのですが、はて、
今年は太陽光パネルの増設が計画されているので、それらの雪かきが大仕事になるのでは?とはたと気づきました。

う~ん、でもまぁ、いいか。その時はその時だ!

気力と体力を駆使し、自分たちが発電システムの維持管理を行うことで、自然からエネルギーを得るありがたみをこれまで以上に強く実感できるようになるのでは?と踏んでいます。

IMG_4016.jpg
今年は忙しくなるよ、口元にミルク髭をつけたパネルちゃんたち!



みねまつ(そう)
関連記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。