上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅くなりまりましたが、8月に行われた「いわて循環の森サマースクール本格コース」の様子を2回に分けてお伝えします。遠くは関東から県内外の小中学生30名が集まり、8月5日〜9日の4泊5日の日程で開催されました。

P1100483_1.jpg
まずは、コーチョーおんちゃんこと吉成から、全体のテーマの発表です。
今回のテーマは循環。私とは直接関係しないところにミミズがいて、「社会的循環」「物質的循環」とちょっと難しい言葉も出てきますが、まずは生活の中で実際に体験を通して、循環を感じて欲しいと伝えます。

そう、サマースクールは循環型の生活がプログラムのベースにあります。
P1100491_1.jpg
(畑で収穫)
IMG_0730_1.jpg
(畑で取った草をニワトリに)
DSCN9818_1.jpg
(炭火で料理)
IMG_0756_1.jpg
(お風呂は薪で沸かす)

毎日畑に行き、草をとってニワトリにあげて、草をついばんだニワトリが卵を産んで、それを私たちが食事でおいしくいただき、森から頂いた薪で風呂を沸かす。様々なつながりの中で生活していきます。



スクール前半は、山仕事50年の外久保蔦雄さんと一緒に森づくりの体験です。
ヘルメットをかぶり「子育てと循環の森」へ出発です。

P1100526_1.jpg
昨年、除間伐した際に伐った広葉樹の切り株からたくさんのヒコバエが生えてきています。その中から元気なものを3−4本残して選定します。こうすることで、より元気な木に育ちます。

P1100534_1.jpg
(間伐の様子を間近で見学)
IMG_0115_1.jpg
(間伐した木を運びやすい大きさに伐ります。)
さらに、間伐した木を集めて、森の中にはられたワイヤーを使って滑車で木を運び出します。運びだした木は、薪など生活の中のエネルギー源として活用されていきます。
P1100539_1.jpg


今回選定したヒコバエは子どもたちの背丈よりも小さなものですが、これが10年20年経ると大きな木へと成長していきます。
「森づくり」とは、未来を見据えて、森の手入れをしていくことです。
将来、どのような森に成長しているのか、その時大きくなった木々をエネルギー源として利用することを想像するととてもワクワクしてきます。

(後半へ続く)
→レポート後半はこちら

きびーの(黍原 豊)
関連記事
スポンサーサイト
8月18日、「えほんの森」の後で4回目の「森風アトミックカフェ」が開店しました。

P1100875.jpg
<上映会の様子>

P1100873.jpg
<映画上映前には、小松則也さんに自作の絵本『生きる』の読み聞かせを行っていただきました>


今回は『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』を上映し、その後映画の感想や原子力発電所事故について、放射能や自然エネルギーについて思っていることを、フリートークというかたちで参加者の皆さんにお話していただきました。

本編上映前、今回のアトミックカフェに参加された小松則也さんが、自作した絵本『生きる』の読み聞かせを披露。
津波による原発事故で森の動物たちが避難を余儀なくされます。動物の子どもたちは、放射能で汚染された泉の水を飲み病気になってしまいます。しかし、環境と体質を変えること、更なる目標に挑戦していくことで、動物たちは元気を取り戻していく、というお話です。

絶望的な状況の中でも、決して命の火を消すまいと前進する、動物たちの姿がとても印象的な作品でした。
小松則也さんは9月16日の「第2回えほんフェスティバル」にもお越しいただきます。

イベントの情報はこちら→http://www.morikaze.org/event.cgi?no=229

急なお願いにもかかわらず読み聞かせを行っていただき、どうもありがとうございました。


さて、映画について述べてます。

チェルノブイリ原子力発電所事故を受けて、子どもたちが安全に生活できる脱原発社会をつくりだそうと考えたドイツの地方都市シェーナウの親たち。電力網を独占していた電力会社に業を煮やし、自分たちでシェーナウ電力会社をつくりあげます。

映画は、市民たちが10年の歳月をかけ、自分たちの力で電力供給を行うまでに至った経緯を、わずか1時間ほどの上映時間のなかでわかりやすくまとめあげていました。

フリートークの時間に寄せられた感想として圧倒的に多かったのが「シェーナウの人たちはすごい」という声でした。同時に、住民主体の民主主義が市の議会でも貫かれており、それを現在の日本の状況と照らし合わせると、とてもシェーナウのような事例をつくりだすのは難しいのではないか、という声も多く聞かれました。


世界の原発を有する国々の中でも、原発をめぐる状況や社会構造の違いはその土地によっても様々ですが、個人的には企業や行政に頼らずに市民一人一人が行動し、エネルギー選択の自由を得たという現実に、大きな希望を感じました。

自分たちが生活の中で使うエネルギーは決して手の届かない場所にあるものではない、手をのばせばつかめる場所にある。問題は、すすんで手につかもうとする強い意志が私たちにあるかないかの違いだけなのだと気付かされた、非常に有意義な作品でした。


遠い沿岸地域から何時間もかけて森風までお越しいただいた参加者の方々もいらっしゃいました。

ひとりひとりの方が自分の立ち位置で、自分の言葉で放射能について、自然エネルギーについて率直に語っていただき、大変有意義な時間をかたちづくることができたと思っています。
どうもありがとうございました。


アトミックカフェは今後も開催いたします。
次回も楽しみにお待ちください!


峯松(次回作はただいま選定中。おススメの映画作品がありましたらぜひ、お教えください!)
関連記事
 朝、まだ眠い目をこすりながら校庭に出て、フト空に目をやると、そこにはトンボの大群が朝日にキラキラ輝きながら舞う光景が広がる・・・、そんな一足早い夏の終わりを感じさせる季節となりました。

さて、そんな短い夏を、森のこびとたちはどう過ごしているか、知っていますか?

彼らは、“サマーハウス”(夏だけ滞在するおうち)で家族と一緒に短い夏の光を楽しむんですって。

そんなわけで、今回のえほんの森では、子どもたちと一緒にこの“サマーハウス”をつくりました☆
今日はそのご報告です。

P1100863.jpg

えほんの森、いつも始まりはおんちゃんのえほん読み聞かせから始まります。
今回おんちゃんがまず読んでくれたのは『イカタコつるつる』。

P1100766.jpg

この絵本、実は今回が初登場ではないのですが、
‘あの’メロディーがどうにもこうにも忘れられなくて・・・という、
イカタコファンも実は多数いるんだそうな。
「ペレストロイカ」と「タコ平八郎」のサプライズ生演奏で一気に場が盛り上がった(?!)ところで、
おんちゃんが小さな“何か”をそっと、子どもたちに見せてくれました。

P1100784.jpg
(そこには、小さな小さな文字で書かれたこびとからのお手紙が・・。)

「それじゃあみんな、森の中へでかけようか」

この小さなお手紙をくれた“張本人”の住む、森の中へ入っていきました。

P1100798.jpg
(こびとの秘密がいっぱい書かれた本に食い入るように見入いる子どもたち)

子どもたちは森の中へと散らばって、こびとたちがまるでさっきまでそこにいたかのような場所をいくつも発見。
(それがどんなものなのか気になる方は、ぜひ実際に見にきてください☆)

こびとの雰囲気をちょっと感じ取れたところで、
いよいよサマーハウス作り。
子どもたちには、丸い輪切りの木の上に、木の棒で簡単に組まれた家の土台が手渡されました。

緑の葉っぱ、黄色の葉っぱ、川岸の石ころやいろんな形をした枝木。
おとなの想像力なんて軽々超えてしまうような、
森の素材を上手に組み合わせるあふれんばかりのそのアイデアは、子どもならでは。
わたしには全く思いつかないような発想が、どんどん目の前でカタチになっていく
そのオモシロサといったらもう・・・!(ブログではこの想いは伝わりにくいですねえ)

P1100806.jpg
(緊急こどもミーティング!さあ、どんなおうちをつくろうか)

P1100811.jpg

さあ、ここで、このブログをご覧の皆さまに、子どもたちが作ったこびとのサマーハウスの一部をちょっとご紹介。
本当は、180°ぐるりと見るのがポイントなのです。
なんせ、子どもたちのアイデアは大人の考えでは思いつかないような場所にあったり形だったりするものですから・・・。

P1100828.jpg

P1100827.jpg

P1100822.jpg

P1100848.jpg

P1100834.jpg

どのサマーハウスも、家の真ん中にドン!と大きなテーブルがあって、
その上には大好物?!らしき食べ物がい~っぱい。

そして、家の上には木々を組み立てて展望台やお昼寝スペース、木の葉のベッドが。

『おいしい食べ物と、ふかふか眠れるベッド、そして家族のあったかい笑顔があれば、み~んなしあわせ!』

まさに、これをカタチにしたかのような、夢のようなサマーハウス。

もちろん、他にも顔のついたテレビや、水のしたたるシャワー、しっかり“うんち”まで入ってるトイレといったリアルな生活感もカタチにしちゃうのが子どもたちの素直さですよね。

P1100814.jpg
(ちょっと飽きたらおんちゃんと遊びはじめちゃうところも素直な子どもたちだからこそ・笑)


短い夏の思い出を、こびとたちの息遣いが残るような森の中で、
またひとつ作った子どもたち。

あした目が覚めたら、あなたの作ったサマーハウスにも、
こびとが訪れた足跡が、残っているかも・・・。


来月のえほんの森もお楽しみに☆


ちゃお


【きょう読んだえほん】
CIMG6419.jpg

CIMG6710.jpg
関連記事

タグ : 体験

8月もまだ中旬なのに、あれれ・・・、夜なんかもう肌寒いしそういえば蛙もぜんぜん鳴いてないぞ・・??

そんな感じで、まだ葛巻の気温に脳みそが着いてきてないちゃおです、こんばんは。
(なんだか久しぶりのブログ登場な気が・・)

あんだけ毎晩、大迷惑な大合唱で静かな夜を盛り上げてくれていた蛙たち。
「し~ん・・・」と静まり返るこの森の中で、もう冬眠しちゃったんでしょうか??

『お盆過ぎたらもうそこは秋!』
・・・の言葉は本当でした。
今や森と風のがっこうのある葛巻は、すっかり秋の始まりの気配。

夏バテ気味でまだクーラーなくちゃ寝られない夜をお過ごしの皆さん!
週末は森風にカモーン♪ですよ。


さて皆さん、お盆はいかがお過ごしでしょうか。

わたくし、ちゃおも、先日二日間お休みを頂いて、生まれ故郷の宮古へお墓参りに行って参りました。

そして今回、宮古の町で見た風景の中で一番印象深かったのがコレ↓

CIMG6689.jpg
町の中の風にゆらめく大漁旗です。

震災から1年と5ヶ月。
まるで被災した地域の状況も少し落ち着いたかのような空気漂う今の日本ですが、
やっぱり自分の足でもって被災地を見てまわると、まだまだこれから、という印象を受けます。

3.11を機に大きく人生観に影響を受けて、南米ボリビアから帰国した私。

お世話になっている森風で、何か被災地とつながることができるお仕事を希望していましたが、ついにその「時」はやってきました!

来る9月16日(日)、今年で2回目の『えほんフェスティバル』を開催します!
そしてここで、被災地でえほんの読み聞かせをしてらっしゃるグループを招待して、森風でも読み聞かせを実演してもらっちゃいますよ~☆もちろん、被災地の子どもたちも招待します。

そしてなんと、この日のために超・大物ゲストがコンサートに出演決定!


詳細はまた次回ブログにアップしますが、被災地の子どももおとなも、ココロがほっこりできる一日になるはず。読み聞かせとコンサート以外にも、お楽しみが盛りだくさん!

みなさん、期待していてくださいね☆


ちゃお(最近、我流のお茶始めました。抹茶うまーい!)

関連記事
お盆の季節を迎え、早くも秋の訪れを予感させる風を感じています。

さて、来る8月18日(土)、「森風アトミックカフェ4 映画『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』上映会」が開催されます。

(詳細はHPのイベント情報の以下のページをご覧ください)
http://www.morikaze.org/event.cgi?no=226

前回の「森風アトミックカフェ3 映画『内部被ばくを生き抜く』上映会」では、岩手県内外から、福島の子どもたちの支援事業に関わっている方、専門家を招いて放射能についての講演会を開催している方、市民による放射能の勉強会を企画中の方など、放射能に向き合う活動をされている方もいれば、放射能について知らないからこそ勉強したいとおっしゃっていた方など、様々な立場の方にご参加いただきました。

映画の上映後は自己紹介、映画の感想、原発事故や放射能について思うことなどを発表しあうフリートークと、自由参加の交流会を行いました。

P1080011.jpg
<前回の様子。こんな感じでカフェが映画館になりました>


『内部被ばくを生き抜く』では放射能と向き合う福島の市民の方々の生活が映し出されていました。

今回上映する『シェーナウの想い』では将来的に子どもたちが放射能の脅威にさらされることが無いようにと願う市民たちが、自分たちの手でエネルギーを自給させるようになるまでの経緯を映し出しています。

両作品とも、観る者にひとりひとりが考え、自発的に行動することの重要性を訴えかけてきます。シェーナウのひとたちは自分たち大人の利益の為ではなく、「子どもたちのために」困難な状況に立ち向かおうとしていきます。


「いったいあなたたちは誰のためを想っているの?」

そう疑問に思わせざるを得ない言動をとる大人たちがはびこる現在の日本社会において、「まだまだ自分たちにできることはたくさんある」と、前向きな気持ちにさせてくれる作品です。


週末は周りの方にお声掛けいただいて、森風アトミックカフェへお越しください!


峯松(天候にもよるけど、太陽光パネルでためた電気で上映したいなぁ)
関連記事
森風子ども自由ラジオの最新番組です。
今回も個性あふれるラジオ番組が生まれましたよ。

スプリングスクールに引き続き太陽光パネルの電源で収録しています。
しかも、収録場所は木漏れ日が差し込み、心地良い風が吹き抜ける森の中。

制作の様子はこちら↓
ブログの代表・吉成のときどき日記 サマースクール最後の夜


ぜひぜひ、感想などのコメントもお寄せください!


(1)いつでもどこでも森風ラジオ
(2)らじらじラジオ
(3)チームねこのにゃんにゃんレポート
(4)森の家
(5)にこちゃんラジオ



PS
風が秋っぽくなってきた気がする。確かに森風の夏は終わったかも。

きびーの(黍原豊)
関連記事
晴天続きで夏まっさかりの上外川。
今年の夏休みも森風には子どもたちの元気な笑い声が響いています。


7月28~31日の3泊4日の日程で行った循環の森サマースクール入門編が終了しました。

今年も「子育て」と「循環」の森を舞台に、小学校低学年から中学年までの30人の子どもたちが、楽しみながら森の資源を活かした生活を満喫していきました。


P1100095_s.jpg
音楽があふれていた今回のスクール。校庭でうたおう!

P1100077_s.jpg
夜のお楽しみ会で登場した怪しいふたり、ペレストロイカとたこ平八郎。「イカタコツルツル」を熱唱。

P1100129_s.jpg
太陽光の照射角、よぉーし!森風第4太陽光発電所(子どもが命名)、開設。

P1100194_s.jpg

森の中に快適な家をつくろう!みんなが建築デザイナーで、大工さん!



今年のハイライトはなんといっても、「森のクラブ」!

昨年のサマースクール本格コースで子どもたちがつくりあげた「森の寝床」を改装し、太陽光パネルでためた電気を利用して子どもたちによるこどもたちのための夜の遊び場をつくりあげました。

P1100218_s.jpg

IMG_0077_s.jpg
自然エネルギーだけをつかって、子どもが主役の森のダンスパーティーが幕を開けた!


手作りケーキやジュースが並ぶカフェスペースに、葉っぱや花で飾り付けたマスク、トクサでできた「森のたばこ」を販売するパーティーショップも出店(森の中だけで使えるお金は、すべて手作りです)。

P1100228_s.jpg

P1100242_s.jpg

大人の仲間入り?おんちゃんといっしょに「ぷはぁ~」


IMG_0082_s.jpg
ミラーボールが輝くクラブにはDJの子どもが座り、自分の大好きな音楽をターンテーブルを回して大音量でかけています。

最近は「夜にお客を踊らせてはいけない」という決まりのおかげで日本全国のクラブ=踊りの文化が元気をなくしていると聞きますが、さすが子どもの解放区、森風。そんなことおかまいなしに、子どもたちはこころもからだも解き放たれたかのように、元気に踊りまくっています。

うわ、楽しそう!大人もまぜて~!


R0021089_s.jpg
「森の劇場」も登場し、スクリーンに映し出された影絵の劇や、クイズ大会も開催。


極めつけはちょうどこの日がお誕生日だった男の子へのサプライズ・バースデーパーティー!

P1100287_s.jpg
手づくりのケーキにみんなで飛びつく。ものすごい食べっぷりでした。


P1100353_s.jpg
一夜明けて、お祭り騒ぎの名残が残るクラブの前で、ハイ、チ~ズ!


森の中の好きな場所で、全員がおもいおもいに過ごしながらサマースクールを終えました。



自分がやりたいことを見つけ出し、とことんこだわって遊びの空間をつくりあげた子どもたち。


次は「森の中のラジオ放送局づくり」を目標に掲げた、サマースクール本格編が待っています。
年上の子どもたちは、森のなかで、どんな楽しみを見いだし、ラジオ番組をつくりあげていくのでしょうか。


お楽しみに!


峯松(森の中で子どもたちとダンスパーティーを開くという夢が叶った、のびた)
関連記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。