上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※研修会報告記①はコチラ⇒森のようちえんってなんだろう? 森と子どもをつなぐ支援者・指導者研修会 報告記①

さて、前回に引き続き研修会2日目。

この日の早朝は、特別プログラム、「森のこびとを探しにいこう!」。
森風人気イベントである「えほんの森」の中で最近“おんちゃん”こと吉成がお気に入りなのが「こびと」。今回はその「こびと探し」を実際に体験してもらいながら、これまでのエピソードも交えての紹介。
毎月子どもたちとこびと探しをしているちゃおですが、やっぱり大人は子どもよりも時間がかかるようで・・・。こびと探しに重要なのは、“子どもの目線”と“想像力”なのかな・・、と感じました。

23-1.jpg
こびと探しで軽く汗をかいたあとは、みんなで朝食作り。昨夜のサンマに続いて、この日はパンとおにぎりを炭火で焼きました☆

研修会2日目午前のプログラムは、レクチャー「目標と関連したプログラムの流れについて」。

まずは森のようちえんの「環境」から。森のようちえんの活動を行うためには、子ども達が日常的に自然との関わりを持ちながら生活できる環境が必要となるわけですが、人の手が加えられた環境であっても、子どもたちが様々な形で自然と触れ合うことができる環境であれば、それを森のようちえんの活動場所とすることに問題はありません。内田さんはこれを“保育資源”とも呼んでいましたが、そこには子どもたちが好奇心や冒険心とともに発見したり気付いていくものがたくさん隠されています。

次は森のようちえんの「プログラム(活動)」について。森のようちえんの中で何を行うかは基本的には“自由”なのですが、「なぜ自然の中へ来ているのか?」、「なぜ子どもたちを連れて来ているのか?」という点を前提に考える必要があります。プログラムを通して、子どもたちの中での助け合い、教え合い、その他様々なコミュニケーション等、いったい何が巻き起こっているのか、これが大切なのですね。どれだけ子どもたちの興味関心や好奇心を引き出せるかがポイントなのです。「つい大人は、子どもたちが活動をちゃんとやったかやってないかばかりを見てしまうんです」、と内田さん。

最後は森のようちえんにおける「保育者の関わり方」について。保育者は、子どもひとりひとりの年齢、性格、体力、理解力、身体発達、精神発達などその子の状態を受け止め、ある時は待ち、ある時は自らが手本となり、また遊び相手であったり、誘いかけや援助も行います。子どもたちが保育者に安心感を感じその保育者のもとで自分らしさを発揮できること、いつでも子どもたちを受け止め、その子の可能性を引き出すように関わること、子どもの考えや発見に対して共感的な関係を持ち子どもから信頼を得ることは、保育者として重要なポイントです。

23-2.jpg
午前の休憩タイムでは、眠気も一気に吹き飛ぶ「ミミズのぷるぷるゼリー」が登場!みんなで森のアトリエデッキに腰掛けて頂きました☆

休憩後は、「森のようちえんをつくろう」ということで、運営形態、活動内容、保育計画の作り方から始まり、1~5年目の森のようちえんを例にそれぞれの運営推移を比較しながら検証。その他、保護者の方々と関わる際のポイント等の解説。

昨日からの研修を通して、森のようちえんについて大まかなイメージが出来上がってきたところに、こうやって運営形態やら園児数やら収支額やら固定費やらあまりにリアルな単語が出てくると、一気に現実に引き戻された気がしたのですが(当たり前ですが・笑)、と同時に「森のようちえん、つくってみようか!」とか「わたしでもつくれるかも?」という気もさらに現実的になってきます(実際に参加者の方々でもここで目の前が広がった!という声もありました)

「自分たちが思い描いている子どもの数や、やりたいことは、ある程度やってみてからでないと分からない」という当時を振り返る内田さんに対して、森風コーチョー吉成も同感。

今回は私ちゃおがメイン担当として準備から当日まで担当したのですが、終始感じていたのは、参加者の皆さんの“森のようちえん”に対する想いや期待が思っていた以上に熱いということ、そして、その熱い想いとは裏腹に、皆さん目の前にある現実に対して地団太を踏んだり、葛藤や悩みを抱えていたり・・・と本当に様々でした。

研修会最後に参加者の皆さんにアンケートをお願いしたのですが、「①参加前に抱いていた課題や学びたいことへのヒントや答えは見つかりましたか?」「これからのあなたの仕事や将来に役立つ学びや気付きがありましたか?」という問いに対しては、9割以上の方々が「はい」と回答。帰り際の皆さんの晴れ晴れとした笑顔が忘れられません。なぜって、たった2日間だったにも関わらず、1日前の不安浮き立つ表情は、もうどこにも見られなかったからです。

森のようちえんについては私ちゃおも初心者だったのですが、今回の研修会をきっかけに一気に“虜”になりましたよ☆もし子どもに戻れるとしたら、ぜったい両親に「森のようちえんに行きたい!」と駄々をこねるに間違いありません!(笑)

23-7.jpg

まだまだ測り知れない可能性と魅力をもつ森のようちえん。
今回参加された皆さんを筆頭に、これからどんどん全国に広がっていくこと間違いありません。

“森”や“子ども”というキーワードが気になる皆さんへ。
森と風のがっこうでは今回の研修会以外にも様々なイベントを企画しています。
どうぞ森風HPをのぞきに来てくださいね☆


ちゃお (えほんの森にも遊びにきてくださ~い!)
関連記事
スポンサーサイト
すっかり秋らしい肌寒さが到来した森風よりこんにちは☆ちゃおです。

皆さん“森のようちえん”って、聞いたことがありますか?

いまや全国各地、いや世界各地でもその魅力と可能性について注目を集めている“森のようちえん”。
自然の中で子どもの五感や想像力を高めながら育てるそのスタイルは、一般の幼稚園ではできない、森の中だからこそ実践できる保育の姿があるんだとか。

そんな森のようちえんについて学ぶべく、森風で研修会が行われました!今回講師を務めて頂いたのは、森のようちえん全国ネットワーク代表の内田幸一さん。1983年に長野県飯綱高原に子どもの森幼児教室を開設した、日本における森のようちえんの草分け的存在。今回実際にお会いした内田さんは、親しみやすい笑顔を振りまいてくれる、本当に魅力的な方でした(わたしが子どもだったら絶対まとわりつきたくなるような、そんな惹きつける力を持ってるんですよねぇ)

22-0.jpg
白い口ひげがトレードマーク!

今回の研修会では、「森のようちえんってなぁに?」という初心者さんから、「これから森のようちえんを始めてみたいのだけど・・・!」と意気揚々としている方々含め参加者を募ったのですが、全国各地から、総勢27名の猛者(!?)が集まりました。なんと南は三重県からも!
参加者の中には、幼稚園の園長先生、幼稚園教諭、保育士、各教育機関で働いている方々が多くを占めたのですが、他にも、林業、動物園、牧場経営、携帯電話開発関係、セラピスト、学生、NPO起業、森林体験ガイド、白神山地のレンジャー・・・・、などなど、それはもう面白いバックグラウンドをもった方々が集まりました。
思わず、「こびとづかん」ならぬ、「森の研修会参加者づかん」を作ったら、さぞ濃ゆ~いキャラクター揃いになるんだろうなあ・・と想像せずにはいられませんでしたヨ。

22-2.jpg
はじまりは吉成の進行で「自分は○○○な人です」を自由に書いてパネルで一斉に自己紹介!いや~、皆さん本当に個性的でおもしろかった!

22-3.jpg
自己紹介のあとはアイスブレーキング。ここで皆さん一気に緊張がほぐれたようです☆

1日目のプログラムは、レクチャー『森のようちえんについての概要。園の活動と目標設定の考え方等を学ぶ』。

まず初めに内田さんから提示されたのは、「どうして近年、森のようちえんが増え続けているのでしょう?」ということ。北欧で発祥した森のようちえんは、現在は日本で約150箇所、この10年間でものすごい勢いで増えているんだとか。

この原因を探る前に、まずは森のようちえんが生まれてくる社会的背景を整理する必要があります。

テレビやゲームを始め各種メディア機器や電化製品といった便利で快適な生活環境が整った今の私たちの暮らし。子どもたちを取り巻く環境でも、体を使って遊ぶこと、子ども同士が関わり遊ぶことが昔と比べて圧倒的に少ないのですね。

幼児期の経験、環境が、その後の成長に大きく影響することを考えれば、誰もが今の子どもたちを取り囲む環境が良い影響を及ぼさないことに気付くはず。自立性、体力、コミュニケーション力、表現力、想像力といったものを、その子らしく成長する機会を森のようちえんではちゃんと与えてくれると考える親御さんたちが増えているのです。

22-4.jpg
1歳3ヶ月の赤ちゃんもママと一緒に参加☆

さて、森のようちえんでは、一体何が行われているのでしょうか???
そもそも、どうして“森”の中なのでしょう?
きっとこのブログをご覧の方々でそう感じてらっしゃる方もいるはず。(わたしもそうでした)

森のようちえんでは、子どもたちは自然の中で自由に遊びを見つけ、たくさんの発見をし、豊かな自然を五感で受けいれます。草花や昆虫、木の葉や木の実、鳥や小動物、雨や風、雪や氷、厚さや寒さなど・・・、遊具や玩具以上に子どもたちが気付き、学び、考え、行動する素材はいくらでも森の中にあるのです。

22-5.jpg
ライフワークとして内田さんが撮る子どもたちの写真は、本当に活き活きとしていました☆

そうそう、話がちょっとズレますが、森風の大人気イベントである「えほんの森」では“こびと”が最近ちょっとしたブーム(!?)なのですが、内田先生も、妖精や天狗、お化けや怪物を森の中で想像をふくらませながら探す子どもたちについておしゃっていました。森が子どもたちの創造性や空想を生む根源的な世界であるということは、森のようちえんがなぜ“森”を軸としているのかというテーマとつながるのですね。

夕方からは、森風ならではの“循環型の生活体験”!

22-7.jpg
薪を使って釜戸でご飯を炊きます。ちょっとお焦げがつくくらいが美味しいのですよ~☆

22-8.jpg
今夜のメインデッシュはサンマの炭火焼き!

22-9.jpg
女子だって薪割ります!日頃のストレスも一気に解決!

22-10.jpg
夕食時は、これまた森風名物(迷物)である、ペレストロイカの登場!(分かる人には分かる!?)

そして夜はお待ちかね!
内田幸一さんと、森と風のがっこうコーチョー吉成のトーク。

今回のトークの中での吉成が提示したキーワードは、「開拓伝道」。
いかにして内田さん、そして吉成がそれぞれの道を「開拓」してきたのか。
涙無しには聞けない苦労話や笑い話しまで、参加者の皆さんと目線を同じくして座談会形式でトークを繰り広げました。

わたしが個人的に興味深かったのは、2人とも現在の奥さんと結婚するときにとっても大変だったこと!資金もない、安定した収入と仕事もない、彼女の父親からは大反対を受けながら、半ば強引に(!?)事を進めたという・・・。
P1110578.jpg
「帰れない、戻れない、というのが大切。始めちゃったら引き下がれないでしょ?」という吉成の一言に参加者一同深くうなづく一場面も。

それからもう一つ興味深かったのは、内田さんの元教え子が18歳になったときにひょっこり顔を見せに来たというエピソード。すっかり女性らしい体つきになり、露出も恥じらうことなく(彼女の母親は「みっともない!」とたしなめていたそう)、内田さんに近づいてくるなり「わたし、誰だか分かる?」と。「分かるに決まってるだろ」と返した内田さん。どんなに成長しても、幼少期に見せてくれた笑顔は、大人になっても変わることはないのだとか。
母親にどれだけ姿・恰好をたしなめられようと、「そのまんまの自分」の姿で会いに来てくれるというのは、つまり「そのまんまの自分」=「本当の自分、自分の原点」を知っている人、内田さんを信頼しているからこそ彼女は足を運んだのでしょう。

22-11.jpg
なぜか共通点の多いお二人。まさか結婚前のドタバタも一緒だったとは・・・!

誰もが“森のようちえん”というキーワードを軸に、迷いや葛藤、熱い想いを持ち合わせているだけに、この日の夜は今年度一番?!と言ってよいくらい真夜中までアツ~イおしゃべりが延々と続きました(それを増長させたのは皆さんが差し入れで持ってきて下さった各地のお酒なのかも・・?!)

さてさて、だいぶ長くなってきましたので研修会報告記2日目は次回に続きます!


ちゃお (差し入れの全国各地のお菓子にも舌鼓を打ちましたー☆)
関連記事
「嗚呼、祭りのあとの静けさよ」とか、
「こころにポッカリ穴があいちゃったようだ」とか・・・。

そんなセリフがちらほら森風スタッフの口からこぼれるような数日間。
それはまるで遠くへ行ってしまった恋人に想いを馳せるかのような・・。

こんなにも森風スタッフの心(と体力も?!)を鷲づかみにした今年で第二回目となる「森風えほんフェスティバル」が無事終了しました。
いや~・・、始まるまでの日々募るドキドキ感といったら!それはもうジェットコースターのテッペンにじわじわ登っていくかのような心境でした(担当者談)。

心配されていたお天気(一週間前の予報では曇り時々雨だったのです!)も、当日はトンボが空を悠々と舞う気持ちよい秋晴れ・・・というか今年最後の夏日といってよいくらいのお天気!

チラシから始まり、入り口のゲート、配布したマップ、ステージのバナー、森や校庭に張り巡らしたフラッグ、受付、魔女カフェ、こびとスタンプラリーなどなど、“すべて手作り!”という森風らしさいっぱいのフェスティバル。

当日は朝から親子連れが全国各地から来て、がっこうの校庭や森の中には子どもたちの楽しそうな笑い声が響き渡りました。

今回のブログは、みんなココロもからだもふんわりまあるくなった森風えほんフェスティバルの様子を写真中心でお届けしま~す!

P1000750.jpg
森から頂いた木をつかった手作りのゲートが皆さんをお出迎え。


受付
受付小屋だって手作り!太陽光で集めたエネルギーでノリノリな音楽もかけちゃいました♪

出店様子
かわいい小物屋さん、その名も「森風マーケット」は満員御礼!

出店1
かわいいフェルトの小物たちも会場を彩ってくれました。

出店3
手作りの陶器ブローチも!(左)

車掌車
車掌車“やまね号”では「さいとうゆきこ展」が☆アートな空間に子どもはワクワク!

カフェ
森風名物のカフェはこの日“魔女のえほんカフェ”に大変身し、もちろん店主もスタッフも魔女風に変身しちゃいました!この日の特別メニューはレンズ豆のスープと石窯で焼いた手作りパンのセット。スペシャルスイーツも大好評☆未だかつてない人数のお客様がこの日来てくださいました。

こびと
ポランの森の中では、森のこびとスタンプラリー。こびとサイズの小さなハンコだって手作りです☆

こびと2
「大人だと見つけるのに悪戦苦闘したのに、こどもはすんなりと見つけちゃうから不思議ですね~」という声も。

読み聞かせ2
被災地から招待したえほん読み聞かせグループ「あっぷっぷ(野田村)」、「ぞうさんのミミ(宮古市)」、「おはなしころりん(大船渡市)」、小室好司さん、小松則也さんによる、森の中でのえほんの読み聞かせ。
森の静かで強くて、でも優しい力でもって、子どもたちの聞き入る力もぐいっと集中。
川のせせらぎ、降り注ぐ緑のきらめく光、優しく心地よい風。全てが、一瞬一瞬を彩っていました。

100選
校庭にずらり並べた“おんちゃんのえほん100選”では、森風コーチョーこと“おんちゃん”によるえほんの紹介で盛り上がりました!夏のような降り注ぐ太陽がきもちいー!

100選コムさん
おんちゃんの相棒(?!)コムさんも応戦!

おはなしころりん
午後のえほん読み聞かせは、今秋完成予定の森のえほんアトリエの回廊で行われました。大船渡市のおはなしころりんさんは手作りの紙芝居を披露。

ショピン
そして今回の超スペシャルゲストが、震災後全国のCMで一躍有名になった「ポポポポーン♪」の野々歩さんと晃生さんによる森の音楽会。
そこにまるで森の妖精と、ちょっとヒゲのはえた大きめのこびとさん(晃生さんごめんなさい!笑)がいるかのような、とっても不思議な雰囲気のふたり。差し込む木漏れ日が見事にメロディーとマッチして、そして流れる緑の風が、会場すべての人に一体感をもたらしてくれるような・・・、本当に心地よい空間でした☆

トーク
午後は、被災地えほん読み聞かせグループの皆さんと“おんちゃん”によるえほんトーク。今回のテーマは「今後の被災地の子ども支援と絵本の役割を考える」。

トークインタビュー
震災後、えほんを通してそれぞれが感じた・考えた想いは本当に様々でしたが、これからどんなふうにして被災地や子どもたちに明るい笑顔を取り戻していくかという熱い思いは、誰もが共通して抱くものだということを実感。
今回は会場にいたお母様方にもインタビューで参加してもらい、壇上も観客席側も隔たりなく想いをシェアしました。
震災によってココロや笑顔に影を落とした子どもたちがまだまだいる被災地で、これからどうやって、どんなふうに絵本を通してココロを開いていけるか。誰もがモヤモヤとした思いと共に探していたヒントや希望をこの日見つけられたようでした。


写真だけではとても当日の雰囲気や空気感はお伝えしきれないのですが、一言で今回のフェスティバルを率直に表すとならば、「気持ちよかった!」です。
森風らしい、肩肘はらずに今できることをユーモアいっぱいに楽しみながらやる!という手作り感で作り上げたこのフェスティバル。朝から夕方までずうっと、校庭にも森の中にも子どもたちの笑い声が響き渡るというこの穏やかで平和な時間が、当たり前ではなくなんて愛おしいんだろう・・・、なんて、震災後の被災地のあの風景を思い返しながら私はそう感じていました。

北東北の森の中から、子どももおとなもココロも身体もまあるくふんわり笑顔になれるような、そんなステキなワクワク感を、これからも森風はつくっていきますよ!

今回えほんフェスティバルに来れなかった皆さまへ。

来年も、きっと、いや絶対(!)開催しますので楽しみに待っていてくださいね!



ちゃお☆ (来年は手作りリンゴ飴の出店も欲しいなぁ)
関連記事
9月8日に行った葛巻の小学生対象の遊びのワークショップ「子どもオープンデー」の模様をお伝えします。

今回のオープンデーのタイトルは『食欲の秋がきたよ♪大地のめぐみをいただこう』

森風畑のじゃがいもも収穫の時期がやってきました。
秋の晴天に恵まれて、みんなで一斉に、じゃがいもほりスタート!
P1110193.jpg

P1110205.jpg
出てくる、出てくる、一輪車いっぱいのじゃがいもです!

森風では、たべものも大切にしていることの一つです。
ごはんをたべたあとの、ぼくたちの落し物(○んこ)は、
熟成されたのち、畑のたいせつな栄養分(土)になるんです(>_<)
バイオプラントに投入されたおしっからも、バイオガスがとれ、
お料理もできちゃいます。

ごはんたべて、元気なう○ちして、畑の土になって・・・。
ぐるぐる循環しています(^O^)
校歌にも、『おいしいたべもの~♪』って、歌詞があるんですよ。

P1110210.jpg
ほりたてのじゃがいもを、森のキッチンで、蒸かして~
P1110212.jpg
出来上がり!


木陰と、森から吹いてくる風がとっても気持ちのいい、
あっくん一押し、森のアトリエ(回廊)で、
お昼をいただきます。
P1110217.jpg
そよ風にさそわれて、お腹もこころもいっぱい。
つい、ウトウト・・・(-_-)zzz

おいしい、じゃがいもをいっぱいたべて、
みんなでしゃがもう、コンポストトイレ!
どんどん、やさいが育ってくね。
こうやって、これからも森風では、循環していきます☆
P1110197.jpg
葛巻っ子のみんな、どうもありがとう!


あっくん(うたのお兄さん)
関連記事
8月に開催した「いわて循環の森サマースクール本格コース」の後編です。
プログラムの後半はいよいよ自然エネルギーのラジオ放送局づくりです。レポート前編でお伝えした「循環」の体験を子どもたち自身の言葉で伝えていきます。

→レポート前編はこちらから

後半は、自然エネルギーの講師にタケちゃんこと武内賢二さん(ソーラーワールド)をお迎えして、自然エネルギーのラジオ放送局づくりが始まりました。
P1100561_1.jpg

今回は、森の中でラジオ放送局を開局します。森の中にコンセントはないので、自分たちで太陽光パネルを設置して、自分たちで貯めた電気でラジオ番組を収録します。

3.11を経て、私たちはこれからどのようなエネルギーを使い、どのような暮らしを創り上げていくのかが問われています。
「生活に必要なものは?」「エネルギーはどこから来ているの?」などタケちゃんは、子どもたちに問いかけながら、これからの暮らし方を子どもたちとイメージしていきます。
今の自分達の暮らしを見つめ直し、「こうありたい」とこれからの暮らし方を思い描いていくことが、未来を生きていく子どもたちのエネルギーとなります。
おぼろげながら、そんなイメージがおぼろげながら見えてきたところで、太陽光パネルを設置していきます。

P1100572_1.jpg
自分たちで配線をつなぎ、システムを組みます。
自分たちで太陽の位置を確認して、いよいよ通電!

太陽光パネルを設置するのは、子どもたちでもできることです。
すでに、環境と調和した技術はたくさんあります。コストの問題が取り上げられることもありますが、それより大切なこととは、これからどのようなエネルギーや暮らし方を選択していくのか、ということです。
こうやって、実際にやってみれば「なんだ、自分たちでもできるじゃん」と実感できるはずです。




いよいよラジオ番組づくりに取り掛かります。
最初に、おんちゃん(吉成)から、番組作りのレクチャーです。

P1100602_1.jpg
ラジオやテレビなどのメディアの特長から、企画の立て方、番組の構成の仕方まで本格的な話の後、あとは子どもたち自身が番組の内容をつくっていきます。

グループで頭をつき合わせて、企画を練っています。
先が見えるまでは、苦しい作業。
P1080874_1.jpg

企画や台本が出来上がってきたら、インタビューに出かけたり、BGMを選んだり、いろんな楽器を駆使して効果音を自分たちでつくったり、全て子どもたち自身の手で創りあげていきます。森の中に出かけて、川のせせらぎやトリの鳴き声など周辺の音を拾い集めていた子もいました。
IMG_0128_1.jpg




5日目、最終日。リハーサルを経て、本番のラジオ収録です。
太陽光パネルで蓄えたバッテリーも満タンです。バッテリーを森と風のがっこうに隣接するポランの森に運び、自然エネルギーによる森風子ども自由ラジオ開局です。
IMG_9319_1.jpg



森の動物たちが出演するドラマ、おなやみ相談、森と風のがっこうを紹介するCM、SFドラマ、オリジナルソングなどなど、
子どもたち一人ひとりの個性が違う様に、色とりどりのコーナーが集まりました。

DSCN0112_1.jpg

五日間で子どもたちが感じた森の中での心地よさ、森風の循環型の生活の体験、子どもたちが普段感じていることなど、子どもたち自身の言葉として、紡がれていきました。
森とともにある生活を送る中で、子どもたちは様々なものを受け取っていったようです。アドリブで出た、「木漏れ日が気持ちいですね。」というコメントからも森が子どもたちの心をひらいていく力を実感。

IMG_0140_1.jpg

自然の中で過ごすことと、ラジオ番組をつくっていくことの組み合わせは、面白い。これからも続けていきたいと思っていますが、今年のサマースクールは、5日間でようやく子どもたちが自分の中にあるものを出せるようになってきたところで終わってしまった感じです。来年はもっと長くして、被災地の沿岸に取材に出かけたり、町の人々に突撃インタビューしたり、したいなぁ。

→「森風子ども自由ラジオ」はこちらで視聴できます。

きびーの(黍原 豊)
関連記事
上外川にははやくも秋の風が吹き込み、夏の終わりのさびしさを感じています。

とはいいましても、過ごしやすい気候の中で子どもも大人も思いっきり身体を動かせそうな空気に包まれ、これから先もイベント盛り沢山な森風は元気いっぱいですけどね!

さて、皆さまにお詫びとお知らせがございます。
9月8日の「森風アトミックカフェ」はお休みとさせていただきます。

ニューズレター「森と風からのたより」ならびにホームページのイベントスケジュールには開催が記載されていますが、次回の開催を目指して準備中です。


あたたかいコーヒーや紅茶を片手に、現実の厳しさに向き合いながらも豊かな未来を想像させてくれる、そんな場づくりを目指して邁進する次第です。

開催を楽しみにされていた方、申し訳ございません。
どうぞ次回を楽しみにお待ちください。



森風アトミックカフェ担当:峯松(みねまつ)

関連記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。