上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始まりました~!
DENKI☼GENKI!自然エネルギーWS。
秋晴れの空の元、澄んだ空に太陽がキラキラ。

P9280003.jpg
電気の周りに、植物や動物たちが取り囲む姿は、
未来の電気エネルギーと私たちの関係を象徴しています。


P9280007.jpg
秋晴れの空からお日さまも差し込む気持ちの良い森のおさんぽ。
少しづつ変化する自然を感じます。

943351_516004528494387_176048477_n.jpg
電気が流れる仕組みや、知っておくべき単位。
身の回りの電気の種類や、消費電力まで・・。
ちょっとづつ電気のことに詳しくなって、
電気との関係を考えるきっかけになってほしいです。


P9280008.jpg
ランタン制作のひとコマ。
細かいところまで、自分たちで作ったので、
仕組みがよく分かった!と参加者の声。


P9280010.jpg
森風畑からとれた野菜も加わって、
収穫の秋を頂きます。

P9280012.jpg
全員点灯!
無事にみんながつくったソーラーランタンが灯ります。

【2日目】
P9290020.jpg
ソーラーパネルの組み立てです。
意外とカンタン!帰ったらすぐにソーラー発電始める!
という参加者も。

P9290021.jpg
じぶんたちで、端子をつくったソーラーパネルで発電してみます。
ドキドキハラハラ、全員無事に発電しました(^-^)
発電しなかったら、ハンダ付けやり直し~のところでした。

P9290032.jpg
生活と自然エネルギーの関わりが、身近になった2日間。
生活との接点が見えることで、自分ごととして、
電気エネルギーのことを考えるきっかけになったようです。

電気で元気な地域や暮らしを取り戻す。
「安心・安全」な自然エネルギーと暮らして行きたいものです。

アッサム(あっくん)
*今回ナビゲーターをつとめました。
関連記事
スポンサーサイト
ここ最近、それはそれはきれいな秋晴れが続いている森風です。
 
秋のおひさまの光をうけて野菜たちがラストスパート?でグングン成長し、私もうっきうきで収穫にいそしんでいる今日この頃です♪♪

秋が深まるにつれて畑で「採れるよ~!!」と畑で色鮮やか~にアピールしていたのが、この子たち。
ダウンロード5
今年はかぼちゃ好きが畑担当になったので、貪欲にかぼちゃを4種類も植えたけど1種類は実をつけず・・・。でも3種類のこの子たちはそれぞれこんなに大きくなってくれました。
一番右の大きいやつは、この後やってくるハロウィンに活躍してくれる予定なのです☆☆
さてさてどうなるかは、またその時に(*^^)v



そしてお次は、またまた畑担当の好みにより小豆ちゃん!!「もうはちきれちゃうよ~」と必死で殻からはじけるのを我慢して収穫を待っていてくれているかわいい子たち。最近は時間を見つけてはせっせと小豆収穫をしています。

ダウンロード (5)
小豆やかぼちゃも収穫していて思うのは、「野菜の色ってほんっとうにきれいだな~」ということ。
中学時代のジャージの色が小豆色で、ダサいダサいと言っていたけれど今ならキレイと言えるかもしれないな(笑)



そんな中、最近畑で見て思わず笑っちゃうのがこのキャベツ。自分でキャベツを育てたのは初めてだけど、キャベツってこんなに地面から浮くものなのか??・・・と、ツッこまずにはいられない(笑)
ダウンロード (6)
まるで宙にういちゃってるキャベツ。でも小さいけれど、実がつまってて美味しいです(と、自分では思っている)
森風畑の七不思議になるかもしれない!!



さてさてここからクイズ☆
私のお気に入りの花となってしまいました。黄色が何ともきれいなんだなぁ~
ダウンロード (7)
ヒントは鍋の季節によくでてくるかなぁ~(>_<)
ただ収穫時期逃しちゃったというウッカリなお話なんだけど、こんな素敵なサプライズ☆☆
是非是非皆さんにも「ウッカリ収穫時期逃しちゃってください。」と、おススメしたいくらいです。
答えは最後に・・・


最後の最後は「答え求ム!!」な、ものです。
コレコレ。↓
ダウンロード (8)
今日畑の草を刈っていたら、葉の裏に付着しているのを発見!!
なんだろ、コレ~??スタッフでおそるおそるツンツンしてみたりのぞきこんでみたり。
虫のタマゴ??あわのカタマリ??はたまた・・・・はっっ!!後ろの森に住んでる小人のマクラ!!??
そうだったステキだけど!!!(*^_^*)




秋になり、だんだん静かに時間が流れてきている森風だけど、身近な畑では今日もドキドキワクワクがたーっくさんなのでした。畑にはまだまだ他にもお豆さんや大根・白菜が隠れています。楽しみだな!!


あ、そうだ。ブルートレインの隣の栗も落ちてきていて、ちゃおが毎日ウキウキしながら拾いにいってます。
・・・自然の恵みをいただけてありがたいですね。



今日は最近の森風畑のドキドキワクワクをお伝えしましたが、来月森風でもドキドキワクワのイベントがあるんですよ!!(*^_^*)キャー☆☆
まってました、「えほんの森」!!詳しくはこちら♪♪

どうぞご家族で☆秋がふかまった森風でえほんの世界へワープしましょ


天高く~ゆうごりん肥ゆる秋~          


P,S さっきの花の答えは・・・「しゅんぎく」でした。きれいな花ですよね。


関連記事
晴天の秋空の中、オータムスクールが行われました~(^-^)
さてさて、今回はどんな物語が生まれたでしょうか。
はじまり、はじまり。

P9220450.jpg



P9230679.jpg
今が旬の「ブラックベリー」をほおばるみんな。
ちょっぴり赤いのは、酸っぱい!


P9220456.jpg
廊下に設置してあるふる~い電話☎
「もしもし~おれだけど、うんうん」迫真の一人芝居。
開校式を控えたコーチョーも覗き込んでいます。

P9220462.jpg
校庭で遊んだあとは森へおさんぽ。
ゲートの前では、宮沢賢治の童話の中野言葉を大声で叫びます。
「畑起こしてもいいか~」「いいぞ~」

P9230647.jpg
大人気のチャンネル争い!
チャンネルとともに子どもたちの演技が変わるから、見ものです。

P9220508.jpg
「葉っぱが落ちてくる!」誰かがこう叫ぶと、
向こう岸から落ち葉がヒラヒラ。
みんなでゆっくり秋の森の鑑賞会の始まりです。

P9220510.jpg
森で感じたイメージを元に、影絵のキャラクターづくり。
次から次へとキャラクターが飛び出します。



【夜のアトリエ】おいしいたべものでお腹もいっぱいになったこどもたち。
日もすっかり落ちた頃、子どもたちの影絵の声が森のアトリエデッキにこだまします。    
P9220554.jpg
葉っぱを使った森の演出などなど、子どもたちは大興奮です。


P9220572.jpg
最後は、チームでダンシング!の一場面。


【2日目】すっかり開放された子どもたちに、コーチョーから問題!
P9230628.jpg
ハイ!ハイ!
正解者には、あま~いご褒美も・・。

P9220499.jpg
今日も森風チャンネルは、おおにぎわい。
NHK朝の連ドラ「あまちゃん」を熱唱する声も森へこだましています。

P9220479.jpg
森の奥では、みんなでお茶会。
リスおばさんと一緒に、ティータイム。


P9230669.jpg
昼ごはんのかかった飯盒炊飯はもえました。
飯盒炊飯が終わったら、拾った栗で焼き栗競争!

P9230699.jpg
子どもたちが直接触れることのできる自然エネルギーは、
「安心・安全」のシンボルです。

P9230704.jpg
心地の良い秋晴れつづきだったオータムスクール。
次は、ウィンタースクールで会いましょう(^-^)


あっくん(アッサム)
関連記事
森風もすっかり秋空になり、牧草地には沢山の赤とんぼが飛び交っています。
秋の夜長は、読書をしたり、ぼーっとリラックスしたり、
やさしい灯りに包まれて、秋の夜長をすごしてみる。

自然エネルギーで灯る、ソーラーランタンづくりを
週末(9/28-29)行います。
R9243543.jpg


材料の都合上、残り一名さまとなりました。
詳細はこちらをご覧下さい。
そういえば、食べ物も美味しい季節ですね(^-^)

アッサム
関連記事
テレビ岩手さんのCMが、平成25年日本民間放送連盟テレビCM部門 最優秀賞受賞!

テレビ岩手

民放連の最優秀賞受賞です。
子供たちとともに写っているのは、森風の「おひさま発電所」。
名前は出てないけど裏方で、企画協力してます!


やりました(^-^)
さて、週末(9/22-23)はオータムスクールです。
秋の森でみんないっぱい遊ぼうね!

アッサム
関連記事
前回のちゃおページからのバトンタッチでございます。

「魔女のえほんカフェ」で魔女コスプレ(笑)したゆうごりんです。

フェスティバル当日の魔女の絵本カフェ・・・
20130915_111605.jpg
(風船いっぱいでニギヤカでしょ♪)

ダウンロード (2)
(デッキの通りはこんなカンジ)


このカフェの中は魔女魔女魔女・・・の魔女だらけ~!!
魔女のお家へいらっしゃぁ~い。
イヒヒヒヒ~~
ダウンロード (1)

「魔女のかっこうなんて恥ずかしいわ~」なんて言ってたのに、いざ帽子を被ってみると、アレ??もともと魔女だったのでは??と、思うくらい似合っちゃってた人もいたんですよ。
さて、本当の魔女みたいな人は誰だったでしょう??上の写真で探してみて下さいね☆

今回の「魔女のえほんカフェ」では、実際にストーリーを作ってもらいそれに沿ったメニューを出してみました。

残念ながら料理をお客様に出している写真は撮れなかったんですけど、絵本(メニュー)はこんなカンジ♪♪(写真小さくてごめんなさい(T_T))

ダウンロード

カフェの中も、おんちゃんの絵本best10が飾られ、お客様が思い思いに手に取り読んでいました。
絵本、楽しんでもらえたかな??

お昼ごはん、おやつタイム・・・と、たくさんのお客様に来て頂き5人の魔女が店内をウロウロしておりました(笑)

ダウンロード (4)
コチラの魔女はキャサリン。只今仕込みに一心不乱。


ダウンロード (3)
こちらは大魔女2人組。ほんとに魔法が使えそう・・・。と、思うのは私だけ??


本当は、晴れたら後ろのポランの森にランチボックスを持っていって食べてもらいたかったけど、ちょっと雨が強かった~~

今度はうらうら木漏れ日の中で食べてもらえるといいなぁ~。

雨の中、魔女のえほんカフェにも足を運んでくださった方、本当にありがとうございました(*^_^*)


本当は自分も赤いリボンをつけたかったゆうごりん(笑)
関連記事
9月15日、雨の中のえほんフェスティバルが無事大成功に終わりました☆
今日はその模様を写真たっぷりでお伝えします。

1入り口ゲート
入り口にはちぎり布でコラージュした手作りバナーがお出迎え!
埼玉の彩星学舎と信濃むつみ高校のみんなが作成してくれた力作です。

2受付
雨で急遽校舎側に移動した受付では、先日のブログでもちょっと紹介した、スタンプラリー用の甘くて懐かしいおやつが♪
コレ、実はきなことハチミツだけでつくった“きなこ棒”だったのです(写真撮り忘れたのがくやしい・・笑)。
当たりくじが出たらもう一本!だったので、子どもたち(大人も?!)の歓声がにぎやかでした

3モバイルハウス
これまた先日のブログで紹介した森風モバイルハウス。
子どもたちがピョコっと顔を出したりの隠れ人気コーナー☆

4お店
“森風マルシェ”では、昨年以上にパワーアップ!
ぜ~んぶ手作り!の小物たち、眺めてるだけでほんわかしちゃう空間でした。
手作りの石鹸、フェルトの小物、帽子、豆本、そして愛情込めたお米まで☆

5車掌車
今年のブルートレインは、まったりレストルームとして登場。
カフェのテイクアウトランチを持ってきて食べる姿も。

6ラリー
「ここにもあったよー!」「次はあそこだー!」と、雨の中とっても楽しそうに、どうぶつオブジェを巡るスタンプラリーに走り回っていた子どもたち。
10ヶ所のサインを巡った後のあま~いご褒美めざしてはしゃぐ色とりどりのレインコートの子どもたち、とってもかわいかった~♪

10読み聞かせ
今年の絵本の読み聞かせは、外が雨だったので森ではなく“えほんアトリエ”にて。
森にしたたる雨音を聞きながら、木のあたたかい温もりに包まれた空間で広がる絵本の世界。
午前の部では、野田村、宮古、大船渡から絵本読み聞かせグループの皆さんがステキな時間をもたらしてくれました。

12読み聞かせ
絵本以外にも、手遊び、紙芝居、大きな箱をつかった観客と掛け合いながらの読み聞かせなど盛りだくさん。大人も子どもも一緒に笑ってほんわかあったかくなれる時間、とっても幸せなひとときでした。

13劇
午後一番のプログラムでは、劇団taigaから来てくださった“いっちゃん”が宮澤賢治「よだかの星」を熱演。

14劇
わたし自身、「よだかの星」は本でしか読んだことがなかったので、宮澤賢治の自然や宇宙の物語描写、特に星に昇華していくよだかの姿をどのように体で演じるのかがとても興味深かったのですが、独特の幻想的な空間をいっちゃん達が演じ、とても悲しいけれども心惹かれるよだかのあの姿がありました。皆さん熱演をありがとうございます。

15劇
子どもたちも真剣に鑑賞しておりました☆

16コンサート
今年の「森の音楽会」では、ビューティフルハミングバードさんがゲストに登場。
伸びやかな歌声はまるで、ひとつひとつの歌詞(ことば)に新しいいのちを吹き込んでいくかのよう。
あたたかく包み込まれていくような空間と時間が広がり、わたしはこの歌声とメロディーに、そよ風や陽だまりのような懐かしさを感じました。本当にステキな時間を味わえたことに心から感謝。
ビューティフルハミングバードのお二人には、ぜひ次回は森の中でも歌っていただきたいです。

17トーク
「えほんトーク」では、被災地でそれぞれ活躍される方々をゲストにお迎え。
震災から2年半経った各地の現状を説明してくださいました。
各地の復興の進み方やその地域の人々の抱く想いは本当に様々で複雑であることが浮き彫りになると同時に、今まで支援される側とする側とで分かれていたけれども、今後は“人間と人間”とのつながりとして、地域再生のための取り組みを継続していくべきという声にはとても共感しました。

震災後全く絵本を読む気になれなかった、という野田村の読み聞かせグループの元リーダーの方が、「みんなと絵本の読み聞かせをしたくて(避難地域から)野田村に帰ることに決めた」と語っていたその表情もとても印象的でした。
「絵本を読むことで元気になるのは、子どもだけではない、読んでいる大人のほうがいつのまにか元気になっちゃう・・・、そう、『セロ弾きのゴーシュ』のように」と吉成。言葉に力があるように、絵本にも力がある、だからわたしたちは読み続けていかなくてはいけないのかもしれません。読むことで、生きていける人がいるのだから。

最後にそれぞれゲストに今後の取り組みについてお伺い。
地域コミュニティの再生や、読み聞かせグループのネットワークづくりなど、地域のつながりを重視するその皆さんの声には、この2年半最前線で取り組んできたからこそ実感する想いがあるからなのでしょう。
来年またこのステージで、皆さんがどんな活躍をされてきたのか、そしてそれを聞く私は、何を自分自身に問いかけるのだろう・・・と、いろいろな想いを巡らしながら聞いた1時間でした。

22カフェ
最後に、今年特に力の入った“魔女のえほんカフェ”!
こちらについては、当日実際に“魔女”に大変身したアノ人から紹介してもらいましょう♪

ということで、次回のブログをおたのしみに!!!

ちゃお

23カフェ
(魔女のつくったスープはどんなお味?
関連記事
P9180405.jpg

台風18号が過ぎ、牧草地に赤トンボが飛び交う秋を連れて来ました。
これから紅葉が始まり、山々がますます美しくなる季節です。

カフェ休業のお知らせです。
店主急用のため当分の間、カフェを休業致します。

再開については、またご連絡いたします


アッサム(あっくん)
関連記事
ついに明日15日が刻々と迫ってきております・・・!

助っ人で来てくれたボランティアも到着し、今夜はみんなでわいわいしながら最後の準備。
その模様をこっそり激写!

P9140371.jpg
ここでは明日のスタンプラリー用のごほうびおやつをこねこね中(右)
なんと“あたりくじ”付きなのだー☆

P9140373.jpg
そしてここでは男子による最後の絵本チェック。なんて微笑ましい・・・。
これらが校庭にズラリと並ぶ光景は見事なもの。

P9140372.jpg
受付に配置するプログラム表付き黒板。
読み聞かせでほんわか気分になって、音楽会でメロディーにうっとりして、お腹が減ったら魔女のえほんカフェへ・・!もちろん森のお散歩も忘れずに☆どんな1日になるのか、楽しみですね。

明日のお天気予報では、午前は曇り、午後から小雨の模様
小雨でも、もちろん予定どおりプログラムは開催しますので皆さんご心配なく!
しっとり濡れた森の中のお散歩もとっても気持ちがいいし、こういうお天気の日って、なんだかいつもより絵本の世界にすうっと入りやすくなるのはわたしだけ・・?

今年で3回目となる森風えほんフェスティバル。
明日はどんな顔ぶれがそろうのか、皆さんにお会いできるのを心から楽しみにしています!

ココロもほっこり笑顔になれるような1日、ぜひ皆さんも味わいに来てくださいね。

------------------------------------------
◆森風えほんフェスティバル◆
【日時】2013年9月15日(日) 10時~17時
【場所】森と風のがっこう
【参加費】無料
------------------------------------------

ちゃお


関連記事
やあやあ。私は森風に住む者じゃ。

なにやら最近森風がにぎやかになってきているんじゃが、どうやら15日にここで「森風えほんフェスティバル」があるようなのじゃ。

ほうほう、ふむふむ。・・・そんなわけでわしも森風の中を歩き回ってみたぞ。

その途中でおもしろい場所をみつけたのじゃ。

ホレ、ここじゃよ。
houki.jpg


家の前にほうきがぶら下がっておった。



ついついつられて家の中に入ってみると、カワイイ女の子がおったのじゃ~。
ribon.jpg

ほれ、カワイイじゃろう??
恥ずかしがり屋さんだったから写真はここまで。ぐふふ・・・^m^


そこには、こんな生き物もおったぞ。
neko.jpg

こいつもかなりの恥ずかしがり屋じゃったなぁ・・・。


女の子も不思議な生き物も、とても可愛らしかったぞ。

それにそれに、この家の中はとってもいいにおいだったのじゃ~クンクンクンクン

とても美味しそうな食べ物が家の中にたくさん並べてあったのじゃが・・・

なにかはヒミツにしておくか。イッヒッヒ。


ここのいえにはわしの仲間がおった。とてもたのしかったからまた来ようかのぅ

わしの仲間も、かわいい女の子も気になる人は15日の「森風えほんフェスティバル」にいらっしゃい。

わしもこの家でみんなを待つとしようかの。


え?わしが誰かって??・・・それは~、、やっぱり15日に会いにいらっしゃい

森風の秘密の住人より♪♪
------------------------------------
第3回森風えほんフェスティバル
【日時】2013年9月15日(日) 10時~17時
【場所】森と風のがっこう
【参加費】無料
------------------------------------

※お天気は雨でも開催します☆

ゆうこりん (わたしも皆さんをお待ちしてまーす!)
関連記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。