上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『子育て支援者および環境教育指導者研修会』全4回シリーズついに!最終回のご報告です。
講師に「森のようちえん全国ネットワーク」代表の内田幸一さんをお招きして、研修会はスタートしました。

内田幸一さんは、1983年に長野県飯綱高原に子どもの森幼児教室を開設した、日本における森のようちえんの草分け的存在。
30年におよぶ運営経験や現場実践の蓄積によるお話は、
さまざまな参加動機を抱く参加者たちをグーっと引き込みます。
PA260174.jpg


現在、体を使いながら子ども同士が関わり、自然の中で遊ぶ機会が減少するなど、子どもの置かれている社会的な状況の変化から、日本で約150箇所以上の大きな広がりをみせる「森のようちえん」。
森のようちえんを通して子どもたちがどのように成長していくのか。
設立や運営のマネージメント、森のようちえんにおける保育者の関わり方、役割とはなど、お話は多岐にわたり、実際の現場で働く、保育士や自然学校、森林組合、大学職員などの参加者が、自然や子どもに関わり、現場で感じた疑問に、経験やエピソードを交えながら、内田さんなりの回答を提示していきます。

PA260178.jpg


森のようちえんは子どもを森に放てばそれでよい・・
子どもの成長は、自然・森(環境)にお任せだと思っていた参加者も多く、(僕もその一人でした・・・。)
プログラムや保育者の関わりの大切さを聞いた時には、大きな発見につながった!と参加者から声が上がりました。

R9243573.jpg
(昼の部を終え、奇跡のりんごの差し入れも飛び出した夕ごはん)

夜学に入り、「経営・マネージメント」の内容に移ります。
実際のところ森のようちえんで生活していけるのか・・お金の話に入り、参加者は自然に体を乗り出します。

PA270261.jpg


1年、2年・・・5年目の経営安定まで、
保護者とのコミュニケーションの取り方のポイントや、具体的な数字で示される1年ごとの収支、プログラム内容の精査まで。
特に印象的だったのは、時代背景が大きく影響する人集め。
内田さんが森のようちえんを始められた30年は、経営が安定するまで5年以上かかったそうです。
最近開園した森のようちえんでは、1年目で20名以上が集まり、森のようちえんのニーズの高まりの一端を見るようなお話となりました。
PA260202.jpg



2日目に入り、だんだん白熱する参加者からこんな声が、
「子どもの成長を支える、具体的な声かけの方法はありますか。」
「どういう風に子どもたちが成長していくのか。多くの保護者から、不安や疑問の声を受けるのですが。」

保育者と子どもの共感的な関係づくりのために、
子どもの声を肯定的に受け止めて、子どもたちが考え、
答えを出せるように、「YESorNO」で答える質問はだめですよ、
といった具体的なアドバイスあり、保育者の落ち着きや笑顔の重要性についても、教えて頂きました。

さまざまな変化や生き物で満ちた森は、
教育的内容を豊かにもち、子どもたちの興味を惹きつける宝庫。
自然体験+体と心のつながりから広がっていく、子どもの成長は、
子どものもつ可能性を引き出し、自らのイメージを他人へと伝えることで、コミュニケーションが増し、保育者が関わりながら、自主性と協調性のバランスをとって成長していく。
「社会性」の育ちについてもフォローされた内容は、大きな光になったようです。

PA260201.jpg

子どもの育ちのために、学んだことは
まるで、僕たち大人の成長への問いかけにも聞こえました。
中身の濃い2日間。
昨年の来訪から1年経ち、来春からの小学校開校へ向けた新たな取り組みの紹介もあり、内田先生のエネルギーに刺激されつつ、おおきな気づきと勇気をいただき、森のようちえんへ一歩近づいた参加者でした。

PA270263.jpg

昨年の様子はこちらからご覧になれます。↓
http://morikazeblog.blog5.fc2.com/blog-entry-722.html
http://morikazeblog.blog5.fc2.com/blog-entry-723.html

アッサム
関連記事
スポンサーサイト
森の中の一番のお気に入り、苔に包まれた切り株。
見る角度によっては、“森のポット”にも見えるし、空を見上げるゾウにも見えるし、とにかくいつも森に出るたびに、この切り株だけは必ず目に入れておくのです。

image3_2013102117411177f.jpg

今日も雨の中、森へ行ってみると、あれれ、なにか小さなものがポチっと・・・?

image2_20131021174138ce6.jpg

近づいてみたら、これまた可愛いちっちゃなちっちゃな黄色いキノコ!

image_20131021174107522.jpg

雨模様が続く今日この頃。
しっとり濡れて、いのちが所々に芽生えるこの季節の森の空気感が大好き
このキノコ、こびとが見つけたら大事におうちに持って帰るんだろうなー。
今後もこの切り株の上に、何が現れてゆくのか・・・。発見次第随時このブログでお知らせしますよー

今週末の26・27日は、この森に隣接するここ森と風のがっこうで、今年度最終回となる森のようちえん研修会。まだ定員に空きがありますので、興味のある方はぜひぜひいらしてくださいね☆

----------------------------
第4回 10月26日(土)-10月27日(日)
テーマ:森のようちえんのこれからを考える
    聞きたいこと、知りたいこと。これまでの総集編です。
講師:内田幸一(森のようちえん全国ネットワーク代表)
★詳細は→コチラ←
----------------------------

ちゃお (そうそう、研修会には自称他称“キノコ王子”ならぬ“キノコ博士”も来ますよ~!)
関連記事
台風の強い風もようやくおさまって、いつもの静かな森風に戻ってきました。ほっと一安心♪

でも今日は雨だったので、室内でのお仕事でした。

室内ついでに今回は現在の森風の温室をちょっとご紹介しちゃいましょう☆☆

遊びに来てもなかなか入ること機会が少ないので、レアものですよ~~イヒヒヒ


トップバッターは、今日の台風に備えて、一昨日大収穫を行った豆たち。


春からせっせこ育てたこのカワイイお豆たちを台風で一粒たりとも落としてたまるもんですか!!もったいない!!

・・・と、森風の「もったいない」精神を存分に発揮し、大量のお豆収穫に至ったのですが結構置く場所に困ってるのです (笑)嬉しい悲鳴なんだろうけど。

今回の収穫では小豆の残りと、花豆・黒豆。
ダウンロード (1)
体験でお泊りに来てくれた人たちと、後ろの森から長い枝を拾ってきて支柱立てたなぁ~。

みなさん、こんなに立派なお豆になりましたよ~~(^o^)丿☆

そして、お豆をとった後にでてきた豆殻は、もっと乾燥させて焚きつけにしちゃいます。これからの季節に大活躍~♪ここでも『もったいない』精神、大発揮☆☆
ダウンロード (3)
さて、この豆殻もどこに置こう・・・(苦笑)


その横には以前のブログでも載せたけど、カボチャたち♪イベントで結構使ったけどまだこんなにあるのだ!!このカボチャたちをどうやって美味しくいただくか考え中。良いアイディア受付け中です。
ダウンロード
(ザルに載ってる赤いのは激辛ナンバン・・・)


ちょっとぐるっと見渡せばカボチャたちの後ろにも前にも、これから来る冬に備えて大量の薪。

ダウンロード (4)
森風men'sが立派な薪roadを作ってくれました。これだけじゃなく、もっと奥にも大量に積んであるのです。ありがたや~


そして薪roadを抜けておくに行くと、トマト畑がでてきまーす。もう10月中旬、結構冷えてきたけどまだまだ赤い実をつけてくれる頑張り屋さんたち。
ダウンロード (2)
赤くなるペースはすごく遅いけど・・・まだ赤くなるんです。一体いつまで続くやら・・・(>_<)ちなみに、温室のトマト畑周辺は、温室に侵入してくるスズメたちの憩いの場となっております。


最後の最後に・・・ワタシ、ゆうごりんの温室お気に入りポイントを紹介しちゃいます。
こっそり育っちゃってるホオズキ!!
ダウンロード (5)

まだビミョ~に色が薄いけど、めんこいでしょ~~♪♪これでもっと色が濃くなったらきれいなんだろうなぁ~~と、ひとりでコッソリ楽しみにしています。(もしかして他のスタッフも楽しみにしているかな)


なんだか温室紹介なのに野菜紹介が多かったなぁ・・。畑担当の畑山なのでお許しください(野菜贔屓なんです)

本当はこの温室には、森風名物の『バイオガスプラント』もあるんだった~!!

それはまた今度の機会に・・・☆☆

少し寒くなったけど、あったかい格好でぜひ森風に遊びに来てくださいね!!

温室の中がのぞけちゃうかも(*^^)v

青森から来たのに森風①!!寒がりなゆうごりん


関連記事
森風の大人気イベントのひとつでもある“えほんの森”。
1年ぶりに、秋も深まる森の中で10月12~13にお泊り会バージョンで開催されました

はじまりはもちろん、おんちゃんのえほんの読み聞かせから。

PA120119.jpg
あったかいえほんアトリエでごろりーんと
はじまって早々、子どもたちとおんちゃんの距離はぐっと近くなったのでした。

PA120121.jpg
そして最近子どもたちに大人気の森風スタンプラリー!
どうぶつのオブジェをめぐって走り回る子どもたち。

PA120144.jpg
ご褒美は手作りの“きなこ棒”。
当たりが出たらもう一本!なのだ♪

PA120161.jpg
「もっと押してー!」
「キャーキャーキャー!」
「Π○Σ△Ψ□Ω~!!(←言葉になってないくらいの絶叫・笑)」
子どもたちの元気にはじける声とジャンプと笑い声でにぎやかだった巨大ハンモック!

PA120171.jpg
森から拾った小枝や葉っぱや栗の実をつかって、こびとのお部屋作りにも親子で挑戦。

PA120180.jpg
目にも可愛い、ちっちゃなブランコやテーブルが出来上がりました。
子どもたち以上にママたちが夢中になっていたのは言うまでもありません

PA120186.jpg
そしてだんだん日も暮れてきた頃・・・。
子どもたちはママやパパから離れて、ひみつの作戦会議。
ママやパパたちに内緒の計画だなんて、なんてワクワクしちゃうんだろうね!

PA120194.jpg
今夜のハロウィンパーティのメインディッシュは、子どもたちによる特製ピザ!
生地伸ばしからトッピングまで、みんなワイワイしながら作り上げたのでした。

PA120198.jpg
そしてお待ちかねのハロウィンパーティーはカフェで!
森風畑のかぼちゃをつかったパンプキンチーズパスタ、そして特製シーフードピザとソーセージピザが並びます。

PA120214.jpg
お次のパーティーの会場は、なんと夜のブルートレイン。
窓ガラスからは小さなおばけのシルエットが・・・。

PA120211.jpg
大人たちが中へ入ると、「いらっしゃ~い!」と子どもたちの声。
子どもたちが夕方こっそり準備した特製こどもワインが大人たちに振舞われました。
塩味とキャラメルシュガー味のポップコーンのおつまみ付き☆
せっせせっせとオーダーをとってサーブする姿は、森のこびともびっくり!?な働きっぷりでした。

PA120207.jpg
オルガンの上につくられたスクリーンの中では、子どもたちによる葉っぱのにんぎょうをつかっての影絵劇場。
アドリブで葉っぱをライトの上にかざした瞬間、スクリーンは葉っぱのグリーンに染まりました。
葉っぱだって何だって、見るものすべて、ファンタジーの世界につくりあげちゃう子どもの自由な発想力が、キラキラと夜のブルートレインでゆらめいていました。

PA130224.jpg
そして2日目の朝!元気に犬のお散歩でスタートです。

PA130235.jpg
朝ごはんはみんなでつくったパンケーキ。
これに森風の校庭で採れたブラックベリーのジャムを添えて召し上がれ☆

PA130265.jpg
お腹もいっぱいになったら森へみんなでお散歩。
ガチャガチャガチャ・・・と懐かしい音を立ててチャンネルを変える森のテレビ。
「え~、天気予報です。あしたのお天気は、朝です!(?!)」
「おやじギャクショーのはじまりです。ブタがとんかちを持ちました。トントントン・・!」
楽しいテレビ番組にみんなでゲラゲラ☆

PA130275.jpg
森の奥では女の子たちによるお茶会も。
木漏れ日の森の中でのお茶会、あなただったら何がお好み・・?

PA130278.jpg
森のお散歩で拾った大きな葉っぱや小枝をつかって、お次は森の妖精に大変身
ノリノリのディスコミュージックに体をはずませたら、妖精たちのファッションショーの始まりです!

PA130288.jpg
葉っぱの耳と、葉っぱのひらひらスカートが可愛いトップバッター!

PA130292.jpg
空色の巻き布と大きな葉っぱで、今にもふわふわ飛んでいきそうな妖精さん♪

PA130295.jpg
ぐるりぐるりとツルの葉っぱで巻かれたワンピースのお姫様

PA130299.jpg
大きなリボンと葉っぱのスカートが目を引きます

PA130304.jpg
そして今回一番の注目を浴びたのが・・・森の王様!!!
葉っぱのヒゲがダンディです・・・(笑)

PA130312.jpg
葉っぱのマントで踊るママさんノリノリです♪

PA130319.jpg
葉っぱ仮面で怪しいステップを踏むパパさんみんな逃げろ~!

PA130329.jpg
最後は目にも色鮮やかな集合写真をパチリ
森のデッキでリズムにのって踊る森の妖精たち。
からだも笑い声も弾む、最高に楽しいファッションショーでした!

子どももおとなも、元気いっぱいに遊んで笑って、こころもからだもほぐれた2日間。
えほんの森の魅力は、親子で絵本やファンタジーの世界にとけこめるゆるやかな空気に包まれていることなのかも・・・と、改めて気付かされました。

今年度は、12月14~15日にもえほんの森・お泊まり会を開催予定です。
内容は今おんちゃんとじっくりじっくり練っているところ・・・
みなさんどうぞ親子で遊びにきてくださいね!

【今回読んだえほん】
PA130110.jpg


ちゃお (ブルートレインで飲んだ子どもワインの味が忘れられません



(おまけ)
PA130284.jpg
ファッションショーに飛び入り参加したインドの森からやってきた謎の妖精、座禅を組む!の図
関連記事
Trick or Treat!
ハロウィンパーティーのオープニングで幕を開けた、10月の子どもオープンデー。

お菓子の場所の地図まで、隠してあるから、仮装づくり中もちょくちょく
「ね~ヒントは??」と、子どもたちから質問連発!
1_20131005164252acc.jpg
思い思いの仮装を夢中でつくっています。
マスクをつくる子も出現!かなりレベルの高い仮装づくりにスタッフもびっくり!


2_201310051642451ff.jpg
森の素材もあつめて、まるで森のハロウィンパーティーです(^-^)


3_2013100516425092f.jpg
地図を見つけた子どもたち。
今度は、森の中だ~!おやつゲットまでは遠い道のりです。

4_2013100516430792e.jpg
森の中から出現しそうなお化けたち。
首からぶら下がっているのは、お菓子がたくさん入るように、
おやつ袋!


5_20131005164308052.jpg
森に住む、意地悪魔女のゆうこりん。
お菓子は全部「木」にしちゃったよ~!
見つけられるかな~??

6_20131005164310462.jpg
あった!あった!
ようやく、一つ目のお菓子ゲット!
さあ~次はどこだ~!

PA050078.jpg
ちょっぴりビクビクしながらも、お菓子欲しさに、
闘牛使いのコースケさんに声を掛けます。
「Trick or Treat!」魔法のじゅもんが言えた子から、
ゲット!

・・・すいませ~ん

おウチにお兄ちゃんもいるので、
もう一つもらえませんか?と名乗り出る子ども。
お兄ちゃんの分はだめ~(笑)とスタッフ一同。



10_20131005164312f5a.jpg
全力疾走連発で、ご近所さんも巻き込んでの、
大ハロウィンパーティー。
子どもたち仮装衣装も、独創的!
今日の合言葉は!「Trick or Treat!」



【追伸】
11_2013100516432325b.jpg
服は脱いでも、帽子は脱ぎたくない!
あ~衣装忘れた~!と駆け出す子。
バス発車直前まで、大盛り上がりの一日でした。


8_2013100516431170f.jpg
↑新しい電車遊びをあみだす子どもたち。
次は~森風、森風。


子どもたちの創造力は無限ですね。
週末は、「えほんの森」開催しますよ。


アッサム(あっくん)

関連記事
森風ブルートレインの隣に立つ、りっぱな栗の木。
毎朝こつこつ拾ってきましたが、ついに栗の実も終わりに近づき始めた模様です。
全部拾わないで、これから冬を乗り越えるリスやタヌキたちにも残しておかなくては

IMG_1401.jpg

ちょっと肌寒い今日この頃ですが、その分じっくり何かに取り組める“まなび”の時期でもあるはず。
今月の森風では、10月26~27日の一泊二日で、今年度最終回の「子どもを森で育てよう!子育て支援者及び環境教育指導者研修会」が開催されます。

森のようちえん、森と子ども、野外教育、自然の中での子育て・・・・等々、これらのキーワードにピピピッときた方にぜひ来ていただきたい2日間。
「生活も丸ごとまなびの場」である森風だからこそ体験できる楽しい時間を味わっていただけるはず!
秋が深まる森風に、ぜひあそびにいらしてくださいね

研修会詳細↓
-------------------------------------------------------
第4回(最終回)
10月26日(土)~27日(日)
テーマ:森のようちえんのこれからを考える
    聞きたいこと、知りたいこと。これまでの総集編です。
講師:内田幸一(森のようちえん全国ネットワーク代表)
-------------------------------------------------------

ちゃお (研修会の合間のおやつにはぜひみんなで栗を食べましょ♪)
関連記事
だんだんと秋が深まり、紅葉もすすんできた森風。
先日放送された「ラジオ深夜便」を聴いて来訪される方や、
山へ秋の味覚の収穫ついでに、寄られる方も。

夏、こどもから大人までたくさんお世話になった、
森のキッチン(野外調理場)の草屋根改修です。
PA060054.jpg
降ろしてみると結構重い・・。
ビニールシートを貼り直し、痛んだ木枠を取り替えます。


PA060055.jpg
藁を敷き詰めて、木枠で固定します。
だんだん、それらしくなってきました。


PA060056.jpg
地上で見ると結構な大きさです。
あとは、形やてっぺんを整えて、屋根に持ち上げます。
お、お、重い・・。
大人ふたりでやっと上げることができました!

PA060057.jpg
完成!草屋根はかわいいですね(^-^)

紅葉の美しい時節になりました。
週末は、「えほんの森」開催しますよ。


アッサム(あっくん)


関連記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。