スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂で感じる充実感と・・・

デンです。
今日は、雲一つない快晴。気持ちの良い青空が広がっていました。
ですが、陽が当たっていた畑の土は思いもよらず凍っており、大根の収穫が大変でした。
さて、一日の研修を終えた後、自分で沸かしたお風呂(今日はひじりんさんに沸かしてもらってますけど)に入ると、とても気分がいいです。「ふー、このひとっ風呂の為に生活してるなー」
なんて。
森風の校歌の中で「冷たい水で疲れをいやす」とありますが、それに比べて自分が恵まれていると思えてきます。熱い湯につかれるなんて贅沢ですね。
お風呂の中で至福のひとときを過ごす一方、ここで敗北感も味わいます。
それは、自分で作った「お風呂の栓」が欠陥品であることが原因です。
浴槽に5,6分程度の湯であれば抜けないようですが、それよりも多くなると少しずつ抜けてしまうのです(私の考察では、湯水の量が多いと水圧が大きいため抜ける)。
CIMG4094_1.jpg

初めは、お風呂の栓がぞうきんとビニール袋を使ったお手製であったのには驚きました。
これでは湯水が抜けるのも仕方ない、と思うことができないのが私の悲しい性です。
負け惜しみに、栓の差し込み方が悪いのかとも考えましたが、結局、敗因は我にあり!
お手上げです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。