スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然エネルギーを遊ぶようにまなぶ「子どもエコキャビンスクール」が始まりました

今日からエコキャビンに泊りながら自然エネルギーを遊ぶようにまなぶ子どもエコキャビンスクールが始まりました。

開校式の後は、いきなり雪合戦。
雪玉にあたらないように、敵陣に向かい、旗をとったら勝ちという、
森風特別ルールの雪合戦に、子どもたちは熱狂して、1回勝負の予定が3回勝負まで延長。
負けた森チームは、さっそく黒板に再挑戦の果し状を書いていました。

そうやって、初めてあった子どもたちも遊びながら仲良くなっていきます。

次に、たけちゃんこと武内賢二さんのお話。
僕たちがエネルギーを使うことで、見えないところで様々な問題が起こっている。
そうじゃない道もあるはずだということで、エコキャビンという場をみんなでつくったんだよという話に、子どもたちは真剣に聞いています。

DSCF5043_1.jpg
そんな話の後に、エコキャビンの仕組みを実際に見ながら解説。


そして、夕方からは、みんなでお風呂を沸かしたり、ニワトリのお世話をしたり、ごはんを作ったりと生活をじっくり作っていく時間です。


そしてみんなで夕食。
すっかり打ち解けて、大きな家族みたいです。
DSCF5053_1.jpg
DSCF5054_1.jpg


ご飯後は、
おんちゃん(代表:吉成)の遊びのレッスンの時間。
体を使って、みんなであるお題を表現するというもの。
DSCF5056_1.jpg
子どもたちはみんな笑いながら、色々な人・ものになりきっています。
遊びといっても演劇的な表現の活動で、子どもたちの持っているものが色々と表に現われて来て、見てても楽しいですし、この人にはこんな一面があったんだという発見もあります。


DSCF5067_1.jpg
たった半日で、すっかり心もからだもほぐれてきました。
明日は、風車づくりなど、自然エネルギーの活動がメインです。
子どもたちがどんな姿を見せてくれるのか、とても期待も高まります。

きび(黍原 豊)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。