スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春はうれしい ~野生のキツネもひなたぼっこ~

現在、森の暮らしプロジェクトのチラシ作成の真っ最中。
写真をデザイン会社に送信するのに、役場まで出かけました。
(森風の回線は、ダイアルアップなんです・・・。今も一度書込のページを出して、接続を切っています。全部書き終わったら、またつないで、、、と毎日結構手間をかけながら、ブログの書込をしています。)

いやはや、森風の周辺もだいぶ雪が溶けてきたと思っていたのですが、葛巻町の中心地へ向かうとさらに雪が消えて、地面がたくさん見えている。
「んーこれは、春だ。」なんて、勝手に自分の中でつぶやいてみたりして。

データの送信も終わり、ホッと一息。
雪が消えてくると、山菜たちがそろそろではないかと、目が忙しくなります。ゆっくりと軽トラを走らせ森風に戻ります。
そういえば、去年、途中の電柱にミツバチが入っていたから、今年は早めに巣箱をかけてみようとか、
などと色々考えながら、トンネルを越えて最初のカーブを曲がっているところ、ふと視界のはしっこに何かが入りました。

その距離10mちょっと。法面の上のところにキツネが寝ころんで、ひなたぼっこしています。思わず、軽トラを止めて、カメラを取り出し撮影。
キツネしぶしぶ立ち上がる

「ちぇっ、せっかくのんびりしたのに」といわんばかりに、キツネらしからぬ重い腰を上げて、しぶしぶ立ち上がり、歩き始めました。

ごめんごめん。そんな姿を見ていたら、おじゃましたようで、ちょっと悪い気がしてきました。ふり返らずに、軽トラを進めましたが、キツネは元の場所に戻ったのでしょうか?

森風の犬たちを見ていても、日だまりでごろんと寝ころんでいます。

やっぱり、人も動物もいっしょ。春はうれしいものです

きび(黍原 豊)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。