スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山の暮らしに出会う」 スプリングスクール2日目

スプリングスクール、すでに4日目。折り返し地点を迎えました。

子どもたちは、毎日元気に過ごしています。
よく食べ、よく遊び、しかし、集中するときは集中し、
本当によく食べて、動いています。今日の昼食は、なんと一人1合のご飯をぺろっと平らげました。
僕の後ろでは、集落のアイ子さん(カフェのケーキでもおなじみの方。元々ここが学校だったときに給食をつくっていた方です。)の指導の元、「まめぶ」という郷土料理をつくっています。とても賑やか。
「これは精進料理で、精進料理とは・・・」という話もしながら。

さて、2日目から4日目までは、周りにある様々な自然の恵みからエネルギーを取り出して行きました。1日ずつふり返っていきたいと思います。(少しずつアップしていきますので、ゆっくりとお待ち下さい。)


2日目は、「森」
町内の安孫地区で山の暮らしを体験してきました。


DSCF5374_1.jpg
安孫自然塾の外久保蔦雄さん、村上春美さんを訪ねました。
ここでは、山や林業の様々な体験をすることができます。


DSCF5376_1.jpg
まずは、かんじきを付けて、いざ出発


DSCF5379_1.jpg
木を運搬するソリを持って山へ向かいます。

大きな木の伐採も見学。
DSCF5401_1.jpg
みんなで力を合わせて、倒した木を林道まで引き上げます。

DSCF5449_1.jpg
まきにする木も、積んで山を下ります。

今回は、森と風のがっこうのお風呂などで使われているまきがどこからどのようにしてやってきているのかを体験してもらいました。

お弁当の後は、カエデの樹液をいただきに行きました。

DSCF5485_1.jpg
自然のほのかな甘みに子どもたちはびっくり。
山には、様々な恵みに囲まれていることを、体感した1日となりました。

DSCF5462_1.jpg


きび(黍原 豊)
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 自然エネルギー 子ども

コメント

こんばんわ

昨年のスローツアーでちびギャングとミニギャングとともにお世話になりました。樹液のジュース、ギャングどもも「木の甘いおみずを飲んだよね」と時々話しています。外久保さんにつくっていただいたビュンビュンゴマは今でもバリバリ現役ですよ!あたたかくなったら、また遊びに行きます。

お世話になりました

前回にも増して逞しくなって帰ってきました。ご飯がとってもおいしかったそうです。有意義な時間をありがとうございました。
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。