スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の神さまを祭る(山神祭) ~山の神さまの力?色々な縁がつながりそうな予感~

昨日は、旧暦で5月12日。
この日は、1年に1回の、森と風のがっこうのある上外川地区の山の神さまを祭る日です。

祠のお札の記録を見ると江戸の末期から祭ってあるらしく、その頃から上外川には人が住んでいたようです。

集落の一番、下流側にある下道さんの家の裏にその場所はあります。
その場所向かうとすでに地区の方々は集まっていました。
なにやら準備中です。

しめなわづくり
何と、しめなわをつくっています。中心となってつくっていたのは、
畑の指導でもお世話になっている、とくじゅさん。
慣れた手つきで、ワラがしめなわに。
今度、年末に教えてもらって、正月飾りを手作りしてみよかな・・・。

山の神さまのいるところ
時間となり、祠のある場所へ移動。
その周りの木は、大切にしてきたようで、大人でも手が回らないぐらいのとても大きな木ばかりです。
神聖な雰囲気を醸し出しています。

祠の横で、北越製紙さんのご挨拶
それぞれ、お祈りした後に、北越製紙さんのご挨拶。
上外川地区で広い面積の山を持っている北越製紙さんも毎回参加しています。
北越製紙さんの所有する山の中でも、一番の面積を誇り、しかも唯一FSCの認証を取得しています。

山神祭が終って、懇親会の席で、北越製紙さんの方とも色々お話をして、
何か一緒に事業ができたらいいですね、という話も出てきました。
北越製紙としても、何か地域に貢献できる事業をこれから本格的に進めていきたいとのこと。


葛巻町で唯一の国有林が上外川地区の上流部にあり、
そこに遊歩道が風力発電のある高原まで整備され、これから森林環境教育の場として活用していきたい
ということで、指導者養成のプログラムづくりも始まっています。
(実は、昨日今日とその研修会が森風でも実施されていました。)

森と風のがっこうの山の恵みを活かした生活と
森の中の遊歩道と
その上にある風力発電と
色々な要素が結びついていきそうな予感・・・。

山の神さまがくれたご縁でしょうか?!


山の神さま
一年間、地区の方々の安全と健康、そして上外川地区の発展を見守っていてください。


きび(黍原 豊)
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 山村

コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。