スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てと循環の森づくりワークショップ 「進め!森の調査団」

森づくり新米スタッフのミネです。

さてさて、ゴールデンウィーク中に開かれた「子育て」と「循環の森」ワークショップの第1回目、「森の調査とデザイン」の記録です。
まずは初日、5月3日。

DSCF0006_1.jpg
DSCF9976_1.jpg
DSCF9983_1.jpg
DSCF9995_1.jpg

じつは震災後の厳しい状況下で、何人ぐらいのひとに来てもらえるのだろうかという心配も
スタッフ間ではされていました。

しかしながらふたを開けてみると参加者数は大人の方が7名、
お子さんが3名の計10名!

森風にもう何度も来られている方、今回はじめて参加される方など様々でしたが、参加者された方はこんな時だからこそ自然やエネルギーに向き合って生きていなくては!
という熱い思いを胸に参加されたのではないでしょうか。


さて、そんな先進的でホットな今回の第1回目森づくりワークショップ。

まずはこれからデザインされていく森へと現地調査に赴きます。
講師の高田研さん、外久保蔦雄さんにあれこれ教えていただきながら。

ツタや枯木、実。森の中に生息する植物には、その数だけのドラマがある。

枝と幹とで全く違う表皮を持った木があるんですよ。
みなさんご存じでしたか?

僕は全く知りませんでした。


ここにはこんな実がなるこんな木がある、なんてお話しを聞きながらお、こっちの木は登るのには最適じゃないか?なんてあれこれ妄想にふけって愉しんでいると、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

大人の話は退屈なのか、この森の主役となる小さな遊びの王様はすでに創意工夫あふれる森あそびを満喫中ですよ。


森で見て、聞いて、触って、口に入れたものをどのように活かしていくか。
想像力を更に膨らませる作業が参加者の皆さんには待っていました。


森づくりワークショップ日記
~続く~
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。