スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MORIKAZE EHON FESTIVAL 2011

9月23日、秋の一大イベント森風えほんフェスティバルが開催されました。


森風で開催するイベントやワークショップというものは、たいていおんちゃんはじめスタッフの思いつきの中から生まれていきます。

その中でも今回のフェスティバルは森風全員の夢がぶくぶくと膨らんで、膨らみすぎてしまいには収拾がつかなくなってしまうのではないか!?と危惧する一歩手前だったのですが、いやぁ森風一同よくやり遂げたものです。

もちろん森風スタッフだけでは成立し得ない催しだったので、もりおかワカものプロジェクトの皆さんをはじめ、あちこちから多くの方々に集まっていただき、イベント運営を手伝っていただきました。

本当に感謝感謝です!


おかげさまで蓋を開けてみれば、ものすごく気持ちの良いイベントになりました!


太古からお祭り好きの日本人。

特に近年は若い人たちの間では夏の野外音楽フェスティバルが大人気です。かくいう僕も学生時代はテント担いで新潟県の山奥で開催される某洋楽フェスティバルに足繁く通ったものです。

(余談ですが、僕が去年1年間暮らしていた大分県日田市の中津江村には、「中津江ミュージックフェスティバル」という地元の青年たちが30年以上続けてきた手作り野外音楽フェスティバルがあります。ゆるい空気が心地よい最高のフェスティバルなので、九州に御用の向きはぜひどうぞ!)


しかしながら、絵本の読み聞かせがメインのフェスなんて聞いたことがない!

当初の予定ではまさにフジロックフェスティバルよろしく、森の中に同時多発的に別々のステージが設けられて、3人の出演者が一斉に読み聞かせを始める、なんていうアイデアも出ていました。

お客さんはあっちも見たいがこっちも見たい、あれ、見るはずじゃなったこっちのステージがなんだかおもしろそうだぞ見てみよう、なんていう具合で読み聞かせが進行するわけです。

残念ながら台風の影響により裏手の森が使えなくなったので、今回は校庭のメインステージひとつだけを利用し、交代で読み聞かせが行われました。

IMG_2787_1.jpg
こむろさん、岩橋さん、おんちゃんの3人の出演者がハイタッチで代わる代わる出てくる様子は、とてもおもしろかったですよ。

IMG_2795_1.jpg
会場を彩るのは秋田杉でつくられたうさぎのオブジェは、おが自然学校すみよしさんのご提供です。
さらに地元保育園から万国旗も貸していただきました。華やかですねぇ~


IMG_2789_1.jpg
野外音楽フェスでいうステージ前のモッシュピット-最前列の群衆エリア-には子どもたちが詰めかけています。
ピースフルで穏やかなステージですが、元気いっぱいの大きな子どもたちが来てくれればもっと激しいノリになるかもしれません(じつは僕、けっこう物騒なノリが好きなんです)。

大根コンプロジェクトの吉野さんと古川さんのライブは、事前準備でバタバタしていた身に優しい歌声と音色が染みわたりました。あー、心地よい晴れの空に心地よいメロディ。これぞフェスぅ!



悲喜こもごものドラマが生まれた今回のフェス。
お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました!

今回来られなかった方も、来る第2回(あるのか?いや、ぜったいにあるはずだ!)にはぜひお越しくださいね。




峯松(みねまつ)
関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

 絵本フェスでは、楽しい時を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
 学生時代は、東北の大学生大300人余りが集合するサマーキャンプの毎夜行われるメインステージでギターを弾いていた私としては、フェスという言葉には弱いですね。
 森の中の空間で絵本を読める時は、またぜひ呼んでください。
 コムさんでした。

コメントありがとうございます

>コムさん

こちらこそ、どうもありがとうございました。
学生時代の武勇伝、もっとお聞きしたいです!
次に来られるときはぜひギター持参で読み聞かせ×弾き語りでよろしくおねがいしますね。
(クラシックギターなら森風にもあります)

どうもありがとうございました!
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。