スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然に感謝込めてお団子作り~葛巻のお母さんから自然との暮らし方を学ぶ~

寒さがまた一段と増し
日が昇っても校庭は霜で真っ白です。
11月10日は今年最後のオープンデイでした

今回のテーマは「自然に感謝!~お団子を作ってお供えしよう~」
たくさん恵をもらった自然に、感謝の気持ちをこめておいしいお団子をお供えします。
葛巻町婦人会のお母さん達をゲストに迎え、職人の技を教えてもらいます。

オープニングでは婦人会のお母さんに
なぜ団子を供えるのか、教えてもらいました。
DSCF2698hanadan_1.jpg

山や川には神様がいるように、畑にも農神さまという神様がいます。
その神様が畑の収穫を終え、山へ帰るとき
「一年間ありがとうございました」という気持ちを込めて、人々は団子を供えたそうです。

お母さんの話を聞いたあと
お供えする飾りを探しに、森へお散歩♪
今年作り始めた新しい森へ行きました。
子どもたちは川を渡る橋に一直線!
DSCF2701hanadan_1.jpg

橋の向こうの森には、今年の夏に大学生が作ってくれた「キラキラ展望台」が
吸い込まれるように集まっていって
気がついたら渋滞してました。

キノコのホダギには何やら大きな茶色いものが・・・
DSCF2714hanadan_1.jpg

何と!子どもの顔と同じくらいのシイタケが!
DSCF2717hanadan_1.jpg

ナメコにヒラタケも収穫して、これもお供えしようね。

さぁ、いよいよ団子作りです
婦人会のお母さんのご指導のもと
みんなで団子をつくります。
まず、生地を軽くこねて小さく分けます
DSCF2722hanadan_1.jpg

分けたら平たく伸ばして、中心にくぼみをつくり、あんこをいれます。
あんこがはみ出ないように包んで、包んだ口のところをきれいにならして出来上がり。
DSCF2727hanadan_1.jpg

あんこがはみ出たって、お母さん達の手にかかれば元通り。
今まで団子作りをやったことある子も、初めての子も
みんな一つ一つに真剣です。
DSCF2732hanadan_1.jpg

婦人会のお母さんがつくってくれた具だくさんの豚汁で
冷えた体も温まります、あんこがぎっしり詰まった団子もおいしかったです。

帰り際、恒例の誕生日会のあと
子どもたちとお母さん達、スタッフみんなで葛巻音頭を踊ります。
初めは並んでいなかったのに、音楽が流れ気付くとみんな丸く並んでいました。DSCF2746hanadan_1.jpg

今回葛巻音頭を踊るのが2回目となる私は、お母さん達についていくのがやっとでした。

森風の畑で、今年も沢山野菜が収穫出来ました
畑でとれた野菜は、オープンデイやサマースクール、オータムスクールなどの毎日の食卓にのります。
畑は多くの人の協力によって収穫できまました
沢山の収穫と、多くの人の助けに感謝して
一年間ありがとうございます!
また来年も美味しい野菜を育てるために頑張ります!

次回のオープンデイは1月です
次は雪が降っているのかなぁ
またみんなでいっぱい遊ぶのが待ち遠しいです!
                        ケーコ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。