スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎゅうのヒトリゴト:「タイマグラ」

先日14日、タイマグラに行ってきました。

映画『タイマグラばあちゃん』で有名な、岩手県川井村のタイマグラ地区にある辺境の宿「フィールドノート」に泊まってきました。

来月3月8日に開催される「第2回北いわて凡人サミット」に、フィールドノートの女将さん、山代陽子さんにもお出でいただくので、そのごあいさつというか、怖いもの見たさというか・・・。とにかく、僕も初めてタイマグラを訪れたわけです。

タイマグラは第2次大戦後に開かれた開拓地で、一時は10軒ほどの農家がある集落でしたが、1960年代からは「タイマグラばあちゃん」こと向田マサヨさん夫婦が暮らすだけの、まさに辺境の地だったそうです。

しかし、向田さん夫婦が亡くなられた今でも、このタイマグラには6世帯21人が暮らし、そのうち11人が子どもだというから驚きです。日本一元気な辺境かもしれませんね。

いったいなぜ?
どうやって暮らしているの?

その辺りの秘密は、凡人サミットで山代さんが語ってくれるはずですのでお楽しみに。

冬のタイマグラは寒いですが、薪ストーブの火と子どもたちの笑い声、そして山代さん手作りのチョコレートケーキが、心をあたたかくしてくれました。

バレンタインデーに・・・、男ひとりで・・・、タイマグラか・・・。

いや、それも悪くないぞ!

だから、青年よ!
ひとり寂しい夜は、タイマグラをめざせ!

○タイマグラのHP:http://www.taimagura.com/
関連記事
スポンサーサイト
コメント

>>ぎう
水くせーぜ。
そう言ふときは誘ってくれよ。
そう言えば、M2の11月に泊まりに行ったな。
日頃の嫌なこと全てを忘れさせてくれる空間だね。
また泊まりに行こうと思う。
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。