FC2ブログ

森と風のがっこう イギリスデビュー

久しぶりにブログ登場の黍原です。

2月頭は、新婚視察旅行?へと、ドイツ・デンマークへと渡り、色々と面白いものみてきました。その時の話もしたいのですが、それは後々、ゆっくりと。

さて、
昨日はイギリスの歴史ある新聞「ガーディアン紙」の取材がありました。
森風の周辺を歩きながら、取材



森風にも泊りたいと言うことで、前日の夜からやってきて、五右衛門風呂などの初体験も。この山の暮らしが、どれぐらい受け入れられるのかと心配もありましたが、夜はゆっくりと熱燗をいただきながら、楽しく過ごしました。
記者の方も、カメラマンの方もとても気さくな方でした。カメラマンのジェレミーさんは、グリーンピースのカメラマンもしていて、南極にも行ったことがあるとか。とても面白い経歴の持ち主。
もっと話を聞いてみたかったのですが、僕の英語力では、そこまでたどり着けず…。ドイツ・デンマーク旅行でも思ったのですが、語学力はとても大切だと実感するこの頃です。

森風スライド上映中

取材の方はというと、吉成の話を熱心にメモを取りながら聞いていました。
記者のジャスティンさんは、森風の今の活動ももちろんですが、過去この集落で水力発電をしていた話などにもとても興味を持っていました。森と風のがっこうに泊り、からだで体験してもらい、目に見えない流れまでも感じでもらえたことがとてもうれしかったです。
紙面には限りがあるので、どれぐらい記事になるかは分かりませんが、
Webサイトにもアップされるようです。英語の勉強のためにも頑張って読んでみます。

森と風のがっこうは日本版CAT(自称ですが…)をめざしていますが、ジャスティンさんはCATのことは知りませんでした。イギリス国内では、それほど有名ではないのか、たまたま知らなかっただけでしょうか?

また、紙面には、写真が1・2枚しか使われないとのことでしたが、
Webサイトには、スライドショーで何枚か使われるそうです。
楽しみです♪

The Guardian のWebサイト
http://www.guardian.co.uk

黍原 豊 (きび)
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B