スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかしなおかしなお菓子のおうち

今年最後の、12月のえほんの森。
前日の夜から降り積もった雪はフカフカで、
白い森のおさんぽにぴったりの冬景色となりました。

1人2人と集まった子どもたちの目は、
巨大なクリスマスツリーにくぎづけ!
おおきなツリー

いつもお世話になっている、町内の近誠さん所有の山から
つい2週間程前に切り出して運び込まれたばかりのツリーは、
3メートルもの大きさで、講堂の天井まで届きそうなくらい。

絵本タイム1-1

さあ、あたたかいお部屋の中でおんちゃんにえほんを読んでもらったら、
上から下まであたたかく着こんで、森へのお散歩に出発です。

ふかふかの雪に子どものちっちゃな足形がスタンプされて、ずんずん進むご一行。
さっきまでしーんという音が聞こえそうなくらいの
静けさに包まれていた森に、にぎやかな声がひびき渡ります。
雪のトンネルをつくったり、イスをつくったり、すべり台をつくったり、
みんなで手をつないで、ポスッと後ろに倒れてみたり。
森であそぶ1

森で遊ぶ4

森で遊ぶ2

けーこちゃんとあきほ

森で遊ぶ3

雪の中にパタン

この季節にしかできない遊びは、どんどんうまれて尽きないこと!
さあ雪の上にマットをしいて、はちみつレモンホットティーでティータイムしよ。
ホットティーできたよ

ホットティー11

ホットティーのんでる1

ホットティー2

ほっこりと体があたたまったところで、次のお楽しみへ。

がっこうに戻って、クリスマスソングが流れる中で、
手作りのオーナメントをつくろう。

さんた手作り中
わかき保育園の園児にも好評だった、
松ぼっくりサンタと、長靴のオーナメントカード。
同じ題材でも、出来上がったものは個性ゆたかにいろんな発想があふれていて
とっても楽しい♪
松サンタ取り付け1

◎さんたとりつけ1

◎さんたとりつけ2

松さんた
サンタへのお願いはお母さんお父さんも本音が出ますね…
「たまにはゆっくりしたい」?なるほど…

ランチはクリームシチューとミートボールで、
少しクリスマスを意識して洋風に。

ごはんが済んだらおんちゃんが1冊のえほんを呼んでくれました。
それは「クリスマスのふしぎなはこ」。
えほんタイム1

「ぼく」が縁の下でみつけた箱を開けると、
その中は「ぼく」の住む街が広がっていて、その中にはサンタさんもいて・・・というお話し。
みんなもうすぐ来るクリスマスに、いっそう胸がワクワクしてきたね。

さあ、いよいよ今日のメインイベント!
『お菓子のおうちを作っちゃおう!』
まずは、森風スタッフが試作したおうちが登場。
森風のお菓子の家登場
「お~」
と歓声があがります。

オープンデーでも毎月クッキーを作って来てくれる、
お菓子職人のまなちゃんが、7時間もかけて作ってくれた、お菓子のおうちキット。
屋根、壁、えんとつ、ドア、窓などのパーツに分かれていて、
それをお砂糖ののり、アイシングでくっつけていきます。
クリスマスらしく、リースも作ってくれました。
玄関に飾れば、お家の中からサンタを待っている子どもが顔を出しそう!

1家族に1つ(1棟?)分のキットが用意されていて、
家族が力をあわせて1つのお家をつくりあげます。

子どもは屋根や壁へ、星形のクッキーやマーブルチョコ、アポロなどでデコレーション担当。
お父さんお母さんは、おうちの建築工事!担当。
クッキーですから乱暴に扱うと割れてしまうし、
くっつけてすぐに手を放すとおうちは倒れてしまいます。
簡単そうに見えて、相当デリケートな作業が要求されるんです。
でも、誰もが一度は夢見たお菓子のおうち!
子どもはもちろん、大人もわいわいがやがやと、
とっても楽しんでつくりあげていきました。
お菓子の家づくり2

お菓子の家佐藤家

お菓子の家づくり3

お菓子の家 あきほ

つくったおうちの前でみんなで記念撮影。
お菓子の家集合

みんな自分おうちが出来上がって満足げ。

厳重におうち様を包んで、そう~~っ…と箱に入れ、
慎重に運んで、みんな持ち帰りました。
本当のお家につくころに、お菓子のおうちがかじられていない事をいのる…。

12月は、2011年度のえほんの森の大トリを飾る、記念すべき回になりました。

また来年も、えほんの森は開催します!
みんな、また来春までまっててね!
おんちゃんが、また楽しいことたくさん用意してまっているからね♪

今回読んだ絵本はこちらでした!
P1070303.jpg


アヤ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。