スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焔と共にある生活

寒~い真冬の森風組の英気を養ってくれるのは美味しい食べ物と五右衛門風呂。
昔ながらの大釜にすっぽり入り、身体を芯から温めます。

最初は「火付けが難しい!」と敬遠しがちだった五右衛門風呂ですが、今ではなくてはならない存在へ昇格。

IMG_3951.jpg


そんな五右衛門風呂の焚口で写真のように燃え盛る火、思わず見とれてしまいますね。
火の管理をしている間は焚きつけをつくったり、火の勢いを消すまいと必死なんですけどね。

炎は焔とも書きます。
辞書で引いてもその違いはよくわからなったのですが、炎は激しい感情に例えて使われることが多いそうです。
「ねたみ」とか「怒り」とか「恋情」とか、なんだか見るからに勢いのある言葉ばかり出てきますね。

そんな激しさとは無縁な僕は「のびた」というニックネームのごとく、のんびりと森の資源が与えてくれる炎の温もりに、今夜も身を委ねようかと思います。


みねまつ(そう)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。