スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛巻町子ども会

今日は葛巻町子どもリーダー研修会がありました
「感じて、表現」をテーマに、自分の「好き・嫌い、楽しい、気持ちいい」などの感覚を知ってそれを表現するというプログラムで、小学生4人が参加してくれました!

まずはじめに、アイスブレーキングとしていくつかのミニゲームをした後「月夜のみみづく」という絵本を黍原(森と風のがっこう職員)が読み聞かせをしました。
P1060707_1.jpg

一面雪景色の冬の森の中へ静かに耳を澄ましながらみみづくを親子で探しに行く、という絵本を心地よい音楽と共に聞いて、いざ森の中へ!

フカフカの雪のなかをスノーシューを履いて、雪のない時期よりも高い目線で森の中を散策しました。
みんなで一列になり、真っ白の絨毯に背を向けて両手を広げて倒れ込んでみると、背の高い木々の枝先と灰色の空、ちらちらと舞う粉雪が視界いっぱいに広がりました。
P1060715_1.jpg

P1060728_1.jpg

耳を澄ますと、川のせせらぎが聞こえてきて、なんだかすごく気持ちがいい一時でした。

それから、川を見下ろせる場所でみんなで雪を掘ってテーブルとイスを作り、森の中でお茶をしました。
P1060725_1.jpg

お菓子をつまみながら冷たい指先と体を紅茶で温めて、みんなほっこり気分です♪

時折ゴォーゴォーと風が吹いたかと思うと、静けさが戻り川の流れる音しか聞こえなくなったり..厳しい寒さのなかでもひっそりと生きている植物を見つけたり、と五感で森を体感しました。
そして自分が居心地のいいと思う場所で1人になり、五七五の俳句を作りました。
P1060736_1.jpg


一度校舎に戻り昼食をとった後、森で見つけた木の葉や枝・松ぼっくりなど自分の気に入ったものを思い思いに雪の上に並べて模様を作りました。
「はじめ!」という合図をした瞬間、それぞれ自分の世界に入っていく子どもたち。手を休めることなく黙々と制作していました。
P1060754_1.jpg


そして、雪合戦大会!子ども(4人)対大人(3人)に別れ真剣勝負です
結果は..子どもチームの圧勝!素早い動きとコントロールの良い雪玉を避けきれず完敗しました
..(悔しいです!笑)

運動をして体を温めたあと、森で作った五七五の発表と写真を見ながら1日を振り返りました。最後に、みんなで今日の楽しかったこと、気持ちよかった瞬間を画用紙に表現しました
みんなで一緒に同じことを体験しても、それぞれ印象に残ったことや表現の仕方がさまざまで面白かったです
楽しいことや気持ちいことなど自分にとってプラスの感情を、心に留めておいてそれを表現することの大切さを今回学ぶことができました 

かな
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。