スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい湯だな♪

昨日、一昨日と、久々に少し雪が降ったけれど、
ここのところよく晴れている葛巻。

冬になってがっこう内の五右衛門風呂に入っていた私達ですが、
これだけ太陽が出たら、太陽熱温水器を使わない手はないでしょう!
ということで、先週からエコキャビン(くるみハウス)のお風呂に入っています。

エコキャビンのお風呂は、
太陽光、薪、石油と燃料を切り替えて焚けるシステム。

IMG_0635.jpg
〈ボイラーについている温度計で湯温を確認しつつ、火を調節します〉

夏場は太陽光だけでお風呂に入れてしまいますが、
冬場は太陽光では少し足りないくらいの冷え込みなので、
追加で薪で焚いてお風呂に入ります。

そりゃあ、新しいエコキャビンのお風呂の方がいいでしょう!
と思うかもしれませんが、
実は、どっちもそれぞれの良さがあって、甲乙つけ難いんです。

エコキャビンは、なんといっても天井がガラス張り。
壁も上半分はガラス張りでおしゃれ~

IMG_0647.jpg
〈壁は木目。天井はガラス張り。月見をしながら、お風呂タイム〉

IMG_0634.jpg
〈焚口はこんな感じ〉

浴槽も広いので、ゆったり足を伸ばして、
キャンドルでも灯しながらゆっくり入りたい感じ。
立ち上がりも早く、
恋愛でいうと熱しやすく冷めやすい一時の恋♪

対する五右衛門風呂は、教室を改装しているので
浴室が広くて、寒い!でも、なんといっても鉄の釜で出来た浴槽なので、
お湯のあたりがやわらかく、体の芯までぽっかぽか。湯冷めが全然ちがいます。

IMG_0643.jpg
〈教室を改装、広いお風呂〉

IMG_0639.jpg
〈あな!って感じの焚き口。腕がを入れると肩まですっぽり入ってしまう奥深さ。〉

釜が温まるまで時間はかかりますが、熱しにくいが冷めにくい、
確実な愛をくれるのが五右衛門君。

う~ん、みなさんはどっちのタイプですか?

って、くだらないこといってないで、
そろそろお風呂入ってこよ~っと。


あや


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。