スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛~べ、飛べ~、は~っち♪

昨日は雲一つない晴天のなか
はっち_1

青森県八戸町にある八戸ポータルミュージアム「はっち」へ、見学のため吉成さんとアヤコさんの3人で行ってきました。

森と風のがっこうからのアクセスは1時間半ほどと、盛岡へ向かうのと大して変らない走行時間(雪の状態で時間は変りますが)。天候も良好、準備も万端でいざ八戸へ!
「はっち」とは地域の資源を活かして、あたらしい魅力を創り出す。まち作り、や文化、芸術、子育てなどを軸に活動をサポートする多様な施設があります。
私たちは、建物の4Fにある「こどもはっち」を見学。
「こどもはっち」は就学前を対象にした子どもと大人が遊ぶ空間。子ども同士友達をつくったり、親御さん同士で情報を取り合ったり、人と人との新しい交流をつくる場所。
乳幼児のゾーンには子どもの大好きな狭い空間や
はっち3_1

登ってみたくなる山があったり、木のボールプールがあったり、やってみたくなるという感覚を引き出していると感じました。

就学前の子どもたちゾーンはごっこ遊びを主にした作りでした。ままごとに欠かせないキッチン、お皿の入っている食器棚、ご飯を食べるちゃぶ台もありました。食材を買う八百屋さんもあって、驚いたのは、なんとお茶室があったこと!頭を低くしてはいる扉はもちろん、お茶室の中にはお湯を沸かす囲炉裏や、枯山水を眺める小窓まで!
はっち2_1

残念ながら今は入ることが出来なかったので、上から撮影しました。
きっと親御さんは、こうやって子どもの姿を撮影するんだろうなぁ

「こどもはっち」では地場産の木材を使い、あたたかい、柔らかい雰囲気でした。たくさん子どもたちが遊ぶ場所なので、衛生面などの管理、遊具の消毒作業など手間はかかっていますが、木の温もりは金属などでは代用できません。
「こどもはっち」のスタッフの方もみんな笑顔で明るく、スタッフの方が作業をしているカウンターも子どもの手が届く高さになっているなど“子どものための場所”を大事にしていることが感じられました。

代表の平間さん、ありがとうございました!
ケーコ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。