FC2ブログ

森のようちえん、森林環境教育に関心のある方は要チェエク!新年度、森づくり再始動

さてさて、新年度となりました。森と風のがっこうは今年度も、ずんずん進んでいきますよ。
今日は、昨年度からスタートした「子育てと循環の森」の現在のフィールドの様子と今年度の予定をチラっとお見せいたします。

しばらくぶりに子育てと循環の森へ犬たちと一緒に行って来ました。
まだまだ、雪があるのでスノーシューを付けて行きます。

P1070219_1.jpg
橋の上にはまだこんなに雪があります。

P1070222_1.jpg
手すりもすっかり埋まっています。

P1070223_1.jpg
外川沿いの森には、小鳥が巣作りで集めていたのを落としたのか、苔が雪の上に。

P1070244_1.jpg
ドロノキ沢には、まだ綺麗なしぶき氷がついています。

P1070234_1.jpg
今日来たのは、実は今週ぐらいからはじめるシラカバのの樹液取りの下見も兼ねて。
ドロノキ沢を渡り、少し森の奥へ分け入り、このへんかしらと目星を付けました。

P1070256_1.jpg
まだまだ雪が残っていますが、トチノキの蕾は膨らみ始めている感じがします。
木々は、ちゃんと春に向けて、少しずつ動き始めているようです。


そして、僕達も春を迎えるにあたって、今年度の森づくりの準備に取り掛かり始めました。
昨年度は、森のプランニング、デザインに始まり、アートやエネルギーといった視点で森づくりをしてきました。
今年度は、いよいよ森のフィールドを使って、子どもたちに関わる支援者・指導者の育成の研修会を開催いたします。「森のようちえん」、「森林環境教育」といったキーワードに引っかかる方は、必見です。
また、森と生活をつなぐレクチャールーム「森のアトリエ」制作も同時に進行していきます。老朽化が進んだプレハブ小屋を修繕しながら、木や土などの自然素材を使った内装装飾やロケットストーブ制作などを実施していきます。しかも、参加者協働のワークショップ形式。セルフビルドに関心があったり、ちょっと生活空間に自然素材を取り入れてみたいという方にオススメの内容です。

もっと様々なアイデアが出ているのですが、全貌がまだお伝えできないのが残念。
「追って沙汰する」ということで、第2報を楽しみに!


おまけ
P1070262_1.jpg
この集落内でとった初物のバッケ味噌。ほろ苦さがたまりません。
いよいよ山菜ライフも始まります。

きびーの(黍原 豊)
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B