スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ取材がありました「エコキャビンの薪ストーブ」

昨日、突然テレビ取材が入りました。

エコキャビンの薪ストーブです。

今度、岩手県のテレビ局IBCで次の番組があるそうです。

・放送日 3月22日(日)14:00から14:54
・番組名 IBC環境スペシャル
「森の恵みが電気を作る!
~いわて森林エネルギー物語~」
・川井村タイマグラの井上祐治さんの木炭発電への取り組みを軸に、県内で薪や炭をストーブだけでなく一歩進んだ形で利用している例を取り上げていく

森のエネルギーがテーマで、エコキャビンの薪ストーブは、床暖の熱源にもつかっていて、それが面白いと言うことで、取材にいらっしゃいました。

取材にいらしたのは、IBCの大柏ディレクター。
先日、凡人サミットの1部でインタビュアーをお願いした大柏さんのご主人です。
(ご夫妻で、お世話になっています。)
じつは、森風にいらした方は、知っている方も多かと思いますが、
2007年のサマースクールの「いきいき夢キラリ」のディレクターを務めていました。
この番組、短いながらサマースクールでやろうとしてることがちゃんと伝わってくる内容で、
さすがプロだな、何回見ても感じます。

カメラマンは、こちらもいつもお世話になっている、菅原淳一さん。
ジュンさんとは、学生時代からのお知り合いです。最初にお会いしたのは、花巻か早池峰の山の中でした。実は、養蜂もやっていらして、ハチミツをたまにごちそうになります。


製作途中のエコキャビンですが、廃屋だった教員住宅が、とても素敵な場所に生まれ変わりつつあります。そのエッセンスも見られるかと思います。
今回は、私たちの場所がメインではないので、それほど時間は長くないと思いますが、
ご都合つく方はぜひご覧下さい。

黍原豊(きび)
関連記事
スポンサーサイト

タグ : エコキャビン

コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。