スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんぶ塗りつぶせ!〜子どもオープンデー、夏のどろんこ大作戦の巻〜

7月7日に行った葛巻の小学生対象の遊びのワークショップ「子どもオープンデー」の模様をお伝えします。

今回のオープンデーのタイトルは「夏のどろんこ大作戦!」。

ふだん食事づくりに使っている森のキッチンの土壁が、老朽化によりはがれてきています。

そこで日頃の空腹を満たしてくれる森のキッチンへの感謝の想いを込めて、みんなで土壁を塗りつけて補修をすることになりました。

P1090154_s.jpg
土と水を混ぜ合わせ・・・

P1090194_s.jpg
泥のできあがり!


「ありがたい」「おかげさま」の精神で丁寧に丁寧に。材料は森風周辺に埋まっている赤土。これに水を混ぜて、足で踏み踏みすれば土壁の素材ができあがります。

P1090168_s.jpg


乾いた土壁に塗り込むと湿気が吸収され、はりついて固まる、という性質を利用するのです。

あるものを活かす、「もったいない」精神を全開にして、みんなでぐちゃぐちゃに踏み込み、ベタベタぬいつけていきます。


P1090263_s.jpg
案の定、どろだらけに。大人も例外ではなく・・・

P1090217_s.jpg
(ちょ、ちょっとコワい・・・!)

あらら。なんだかすごいことになっていますね。そうです、僕です。のびたです。
土壁以上に泥を塗り込まれてしまいました。

「どろいっぱいつけられた〜」と子どもたち。
(それ以上に君たちは僕につけまくっていたじゃないか!と内心つっこむ)

だいじょうぶだいじょうぶ。汚れを落とすお風呂の準備も、ちゃんとできています。


土壁塗りが終わった後はお湯を張ったお風呂に服を着たままドボン。
盛大に泥を洗いおとし、「あ〜、気持ちいい〜」と子どもたちはご満悦です。

P1090302_s.jpg
森風野外浴場の開店です。

服を着替え終わったら森のキッチンでご飯づくり。かまどでご飯を炊いて、スープをつくって、ニワトリが産んでくれた卵を使ったオムレツを囲炉裏で焼いて・・・。



今回はダッチオーブンで焼いたパンケーキも登場。校庭の果樹園でみんなで摘んだワイルドベリーが入った、甘酸っぱいフレッシュな味に仕上がりました。

P1090311_s.jpg

うまい!おいしい!ブラボー!


そこにあるものを利用して、楽しみながら生活の基盤づくりを行うことができました。
ただ遊ぶだけじゃなくて、こうやってみんなでわいわい楽しく仕事をするのもいいものだね。

大人から子どもまで、さまざまな人がさまざまな機会を通して、生活環境を整えてくれるおかげで、
森風は成り立っています。


ありがたい、ありがたーい!
葛巻っ子のみんな、どうもありがとう!

峯松(どろんこのびた)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。