スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然エネルギースプリングスクールが始まりました

県内外から19人の子どもたちが集まり、春夏通算6回目のくずまき・子ども自然エネルギースクールが始まりました。

今回の最終的な目標は、「未来のエコなまちを描いてみよう」
オープニング「トリたちがみたまち

スタッフによるオープニングの寸劇では、鳥に扮して人間の住むまちのの住みにくさを皮肉たっぷりに表現していきました。じゃあ、人間も動物も住みやすいエコなまちを考えてみようと、子どもたちに投げかけて、スプリングスクールは開幕しました。

といっても、いきなり考えてもいいアイデアは浮かびません。これから4日間、様々な体験を通して、頭だけでなく、体をつかってまなんでいきます。
ごはんづくりやニワトリのお世話など生活をみんなでつくっていくことから始めます。その中から、様々ないのちや資源、エネルギーがつながっていることに気付いていきます。
お風呂の薪割り
お風呂の薪割り

食事づくり
当番制で食事づくり
食卓を囲んでごはん1
食卓を囲んでごはん2


夜は、森と風のがっこうコーチョーのおんちゃんこと吉成から子どもたちへ向けて、ドイツ、デンマーク、スエーデンの環境にやさしい暮らし方、自然エネルギーの利用、住宅、交通事情などの映像を見せながらのレクチャーありました。
夜学:コーチョーおんちゃんの話

デンマークなどは、原子力発電に頼らないで風力発電などの自然エネルギーの割合を増やしていこうという政策をとっている。日本は、なかなかそういう国にはならないけど、どういう未来にしていきたいかみんなで考えていこうと子どもたちに語りかけました。

なかなか普段聞くことのない話にかなり驚いた子どもたちですが、森と風のがっこうの生活からどんなヒントを得て、どんな未来を描いていくか楽しみです。


1日の振り返り

(子どもたちは毎晩、その日に感じたことを絵や文章で表していきます。)

黍原豊(きび)
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 自然エネルギー 子ども

コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。