スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えほんの森(8月18日) こびとのサマーハウスをつくったよ!

 朝、まだ眠い目をこすりながら校庭に出て、フト空に目をやると、そこにはトンボの大群が朝日にキラキラ輝きながら舞う光景が広がる・・・、そんな一足早い夏の終わりを感じさせる季節となりました。

さて、そんな短い夏を、森のこびとたちはどう過ごしているか、知っていますか?

彼らは、“サマーハウス”(夏だけ滞在するおうち)で家族と一緒に短い夏の光を楽しむんですって。

そんなわけで、今回のえほんの森では、子どもたちと一緒にこの“サマーハウス”をつくりました☆
今日はそのご報告です。

P1100863.jpg

えほんの森、いつも始まりはおんちゃんのえほん読み聞かせから始まります。
今回おんちゃんがまず読んでくれたのは『イカタコつるつる』。

P1100766.jpg

この絵本、実は今回が初登場ではないのですが、
‘あの’メロディーがどうにもこうにも忘れられなくて・・・という、
イカタコファンも実は多数いるんだそうな。
「ペレストロイカ」と「タコ平八郎」のサプライズ生演奏で一気に場が盛り上がった(?!)ところで、
おんちゃんが小さな“何か”をそっと、子どもたちに見せてくれました。

P1100784.jpg
(そこには、小さな小さな文字で書かれたこびとからのお手紙が・・。)

「それじゃあみんな、森の中へでかけようか」

この小さなお手紙をくれた“張本人”の住む、森の中へ入っていきました。

P1100798.jpg
(こびとの秘密がいっぱい書かれた本に食い入るように見入いる子どもたち)

子どもたちは森の中へと散らばって、こびとたちがまるでさっきまでそこにいたかのような場所をいくつも発見。
(それがどんなものなのか気になる方は、ぜひ実際に見にきてください☆)

こびとの雰囲気をちょっと感じ取れたところで、
いよいよサマーハウス作り。
子どもたちには、丸い輪切りの木の上に、木の棒で簡単に組まれた家の土台が手渡されました。

緑の葉っぱ、黄色の葉っぱ、川岸の石ころやいろんな形をした枝木。
おとなの想像力なんて軽々超えてしまうような、
森の素材を上手に組み合わせるあふれんばかりのそのアイデアは、子どもならでは。
わたしには全く思いつかないような発想が、どんどん目の前でカタチになっていく
そのオモシロサといったらもう・・・!(ブログではこの想いは伝わりにくいですねえ)

P1100806.jpg
(緊急こどもミーティング!さあ、どんなおうちをつくろうか)

P1100811.jpg

さあ、ここで、このブログをご覧の皆さまに、子どもたちが作ったこびとのサマーハウスの一部をちょっとご紹介。
本当は、180°ぐるりと見るのがポイントなのです。
なんせ、子どもたちのアイデアは大人の考えでは思いつかないような場所にあったり形だったりするものですから・・・。

P1100828.jpg

P1100827.jpg

P1100822.jpg

P1100848.jpg

P1100834.jpg

どのサマーハウスも、家の真ん中にドン!と大きなテーブルがあって、
その上には大好物?!らしき食べ物がい~っぱい。

そして、家の上には木々を組み立てて展望台やお昼寝スペース、木の葉のベッドが。

『おいしい食べ物と、ふかふか眠れるベッド、そして家族のあったかい笑顔があれば、み~んなしあわせ!』

まさに、これをカタチにしたかのような、夢のようなサマーハウス。

もちろん、他にも顔のついたテレビや、水のしたたるシャワー、しっかり“うんち”まで入ってるトイレといったリアルな生活感もカタチにしちゃうのが子どもたちの素直さですよね。

P1100814.jpg
(ちょっと飽きたらおんちゃんと遊びはじめちゃうところも素直な子どもたちだからこそ・笑)


短い夏の思い出を、こびとたちの息遣いが残るような森の中で、
またひとつ作った子どもたち。

あした目が覚めたら、あなたの作ったサマーハウスにも、
こびとが訪れた足跡が、残っているかも・・・。


来月のえほんの森もお楽しみに☆


ちゃお


【きょう読んだえほん】
CIMG6419.jpg

CIMG6710.jpg
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 体験

コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。