スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の図書館を訪ねてきました

そこにあるのは電話線のつながっていない黒電話。

大切な誰かに想いを伝えるとき、あなたならどんな手段を使いますか?

ことば?
文字?
表情?

ここにある黒電話は、“心”で想いを伝えます。
その名も「風の電話」。

そんな不思議な電話のある「森の図書館」を訪ねに、岩手県沿岸の大槌へ行ってきました。
今回はそのご報告です。

CIMG6864_s.jpg

津波の痕跡が残る浪板海岸から車で5分。まるで別世界のよう。去年のあの日あの時間に、全てを飲み込んだとは思えないほど、この日の海は太陽の光を受けて悲しいほどにキラキラと輝いていました。

大槌町にある「森の図書館」を運営するのは、佐々木格さん。釜石生まれの佐々木さんがここ大槌にやってきたのは13年前。「自分自身の田舎づくり」をモットーに、得意だった庭造りの技術を活かしながら、ロックガーデン、カフェ、工房を整備。現在は、「風の電話」、「森の図書館」を敷地内に設け、東日本大震災によって傷ついた人の心のケアや、障害をもつ方々とその家族のケア、そして子どもたちの感性の育成をライフワークとされています。

CIMG6985_s.jpg

すっかり冬到来の葛巻からやって来た私たちには目に眩しい程の緑が輝くロックガーデン。
小さな小道を、まるで不思議の国のアリスの物語に迷い込んだような気持ちで歩き進むと、別世界のような英国風ともいえる石造りの「森の図書館」が。

CIMG6868_s.jpg

CIMG6930_s.jpg

CIMG6879_s.jpg

重厚感ある木製の扉を開けると、石のもつひんやりとした空気感と、それでいて全てを受け止めてくれるような懐の深さのようなものとが、優しい灯りと交ってなんとも表現の仕様がない素敵な雰囲気をつくりだしていました。

3.11で佐々木さんの心に強く残った想い、それは「自分は目に見えない何か大きな力によって生かされた」というもの。震災以降、時間が止まったままでいる人、前に一歩踏み出せないでいる人、そういった被災者の人達の心に一筋の光を注いでいきたい・・・という佐々木さんの慈悲深い気持ちが“カタチ”となってから、日本国内に限らず世界各地から多くの人が足を運んで来るのだそう。

浪板海岸を望む丘の上に立つ電話ボックス。
ここが、冒頭でご紹介した「風の電話」です。

CIMG6857_s.jpg

CIMG6976_s.jpg

震災で亡くなった大切な人と会話し、想いを伝える電話。
ここで一体どれだけの人が佇み、思い出に自らの想いを馳せ、涙を流したのだろう・・・。私もこの黒電話を見ながら、胸が熱くなりました。

CIMG6993_s.jpg
(右から:佐々木さん、森と風のがっこう・吉成、ちゃお)

短い時間での訪問でしたが、何より印象的だったのは、佐々木さんご夫妻の柔らかい表情と被災者や子どもたちに向ける思い。
私自身、震災を機にここ森と風のがっこうに来た身分ですが、正直何が出来るか、何をやっていこうか、模索しながらの日々だったので、佐々木ご夫妻との出会いは本当に得るものが大きかったです。

最後まで、「感性を育む」ことの意味と大切さを言葉にしていた佐々木さん。そんな彼だからこそ、“風の電話”を生み出す発想ができたのでしょう。

帰り道に目に映った浪板の海は、来たときよりも少し穏やかに見えました。


ちゃお (震災で傷ついた多くの人たちにとって、この場所が“光”となることを願って)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。