スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の訪れを感じる

日も長くなってきたこの頃。森と風のがっこうもだいぶ雪解けが進みました。
ニワトリを自由に出られるようにしていたら、校庭の方までお散歩です。
ニワトリお散歩


ふと気がつくと、温室内に侵入!
ニワトリ 温室進入


あわてて、鶏小屋の運動場に戻しました。
温室の扉が開いてしまったようです。
地面が凍って溶け始めて、温室の扉の立て付けがゆがんできていました。
僕も愛知出身なので、最初は信じられなかったのですが、地面が凍ると10cm以上も盛り上がります。それが溶けて元に戻り始めて温室の柱などが傾いてきたようです。
今年は大丈夫ですが、年によっては(雪の降り始めの時期の違い)カフェのデッキが凍み上がり、扉が全く開かない時もあります。

凍み上がった地面が溶ける。
これも、北国ならではの、春の訪れを感じさせる、ものの一つでしょうか。

黍原豊(きび)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。