スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えほんの森(12月15日)おかしのおうちをつくったよ!

シュガーパウダーならぬ、スノーパウダーですっかり真っ白な世界に包まれている森風よりこんにちは!

今回は、今年度最後の「えほんの森」の模様をお伝えします。

1-WB.jpg
今回の「えほんの森」のテーマは『おかしのおうちをつくっちゃおう!』

ほっぺたを真っ赤にして元気よくやってきた子どもたち。
まずは、森風の講堂に軽トラに乗せられてやってきた頂き物の立派なモミの木に、みんなで飾り付け。

2-ツリー飾り
実はこのたくさんの飾り、カナダからプレゼントされたものなのです。

2-1 読み聞かせ
今日はじめのえほんは『ゆきだるまはよるがすき!』
子どもたちのこの食い入るようにして絵本に夢中になる表情、いいですよね。

ちょっとあったまったところで、ポランの森へゴー!

3-森へ
今回の写真の中で個人的に一番コレが好き(笑)
野生の本能で雪をかき分け森へ出発!おんちゃんにつづけ~☆

4-雪
寒さなんてへっちゃらだい!

4-ゆきだるま
うさぎ、トトロ、ゴリラ、謎のモンスター!?ゆかいな雪だるまたちが次々と子どもたちによってつくられました。ホットアップルティーを飲みながらの雪だるまとの語らいも乙なモノ☆

5-雪合戦
目の前にこれだけ雪が積もってたら、やることは決まってる!?ちびっこ雪合戦スタート!おんちゃんかくご~!

そしていよいよ今回のお楽しみ!おかしのおうちづくり。

各ファミリー毎に、クッキーで作った“おうち”のパーツ、デコレーション用のお菓子、アイシング(粉糖と卵白でつくったもの)が配られ、いよいよスタート。

7-いえつくり
おんちゃんや森風スタッフも一緒に作りました。

8-いえつくり
緊急家族ミーティング!おねえちゃんが率先してアイデアを出し、妹は飽きたらちょっとつまみ食い・・・なんて光景も。

9-いえつくり
気が付いたら子どもよりママの方が夢中になってる・・・というのは森風ではよくある光景です(笑)

「ぎゃー!くずれたー!」
「ちゃんと押さえててよー!」
「つまみ食いしちゃダメだってば~」

などなど、笑い声やら悲鳴やら(!)が聞こえてくるにぎやかな時間もあっという間。
さてさて、「いったいどんなおうちができたの!?」と気になるブログをご覧の皆さん!
すてきなすてきな、おかしのおうちたちをご紹介しましょう!

10-あさい家
じゃじゃん!屋根にきのこが!たけのこも!ママと一緒にがんばってつくりました☆

11-こいずみ家
屋根に見えるは流れ星☆実は別の壁に、3時を指す時計もあるんです。ツリーと雪だるまも愛らしい!

12-くまがい家
おうち作り以上に、“こびと”作りに凝ったこのファミリー。ちゃ~んと髪の毛まで再現されてるちっちゃな家の主たち。

13-さとう家
どっしり本格的なログハウス風。住み心地も良さそう!煙突の大きな星がアクセント。

14-よしだ家
玄関の両脇に立つのは門松?!いえいえ・・・、クリスマスツリーです。こちらも煙突が豪華!

15-たけい家
おんちゃんや森風スタッフをうならせたこのおうち。なんと、屋根にはウエハースで出来た太陽光パネル!カラフルにしすぎないところもなんだか男兄弟たちの潔さを感じます。

それはそれは見事に個性豊かな家々ができました。

森の中を元気に走り回ってはしゃぐ子どもたちの姿をこの一年間季節を通してずっと見てきましたが、見ている大人の私たちまで元気になっちゃうから不思議なものですね。

子どもたちのキラキラした目、ワクワクした表情、ケラケラ笑う声、このえほんの森では、いつもそんな子どもたちの活き活きとした表情を垣間見てきました。いつかこの子どもたちが大きくなったとき、「この絵本は昔おんちゃんが読んでくれたっけ」って、ちょっとでも思い出してくれたら、うれしいなあ。

えほんの森は、この冬の間、ちょっと冬眠に入ります。
次回は2013年4月からスタート。

これまでえほんの森に来てくれた子どもたち、そしてママさん、パパさん、ありがとうございました。
ずっとブログでえほんの森を見てくれていた方々、春にポランの森でお会いできるのを待っています。

16-全員集合
みんなで飾ったツリーの前で☆

ちゃお

【今回読んだ絵本】
CIMG7056.jpg

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。