スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男たちの戦い

森風のトイレといえば、名物のコンポストトイレですが、講堂には汲み取り式のトイレも置いてあります。

イベントの時などは利用者が多く、地下に埋設されたタンクがいっぱいになると、汲み取りをお願いしなければなりません。

きょうもちゃおちゃんがタンクの中がたっぷんたっぷんになっていないか確認しに行きましたよ。
すると・・・


「きゃ~!トイレのくみとり口が雪で埋まってる~!!」


ちゃおちゃんの叫び声を聞きつけ、スコップ片手に颯爽と飛び出していったあっくん。

なんとか雪をかき出すが、最後の難関、マンホール型のふたがとれない・・・!


IMG_0334.jpg
(雑誌に載せたいぐらい絵になる苦悶の表情である)


こんなとき、頼りになるのはあの男しかいない。

「たすけて~、のびたく~~ん!!!」


今日も白銀のレフ板の中でメガネを輝かせながら、FreshでCoolなぼくあいつがやってきた。

「やぁ、あっくん、ちゃおちゃん。よくがんばったね。ここから先は私の仕事だよ」

きみたちはココアでも飲みながら体を温めてくれ、と言い残し、
-10℃以下の気温で凍ったトイレの汲み取り口を、-20℃ぐらいの涼しい顔でつまみあげる。

かっこいい。なんてかっこいんだ、のびたくんは・・・!!

IMG_0335.jpg
(勝利の雄叫びをあげるのびたくん。やれやれ、冬眠中の森の動物たちを起こしてしまいそうな勢いだ)


その後、感激のあまり打ち震えるふたりにそっと微笑みを投げかけながら、黙ってその場を立ち去るのびたくんでした。
まるで2足も3足もはやく春が来たかのような、ポカポカしたあたたかさに校舎全体がつつまれた、そんな冬のひと時でした…。


こんな感じで毎日楽しんで生活しています、森風一同。
「ぼくも/わたしも まざりたい!」という方は新年度のスタッフ枠がまだ空いていますので、ぜひお越しください!

そうちゃん/のびた(この物語は半分ぐらいがフィクションです。)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。