スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

from 韓国、中国、埼玉、相撲部屋

実はこの2週間ほど、東京の国士舘大学から5人の大学生たちが森風に滞在中。
サマーキャンプにも、頼れるお兄さん・お姉さんとして参加してくれ、今ではすっかり森風をにぎわせてくれる仲間となりました。

そんな彼らも明日、東京に帰っていく予定。
今日は一日、森風に残していく「課題制作」に奮闘中!
朝から電動のこぎりや電動やすりの音が校庭中に鳴り響いておりました。
そんな彼らの奮闘姿をキャッチ!ご紹介も兼ねて並べてみます↓

<キューちゃん(from 韓国)>
P8151710.jpg

<パクちゃん (from 韓国)>
P8151709.jpg

<モンロー (日本)>
P8151711.jpg

<ユーちゃん (from 中国)>
P8151707.jpg

<ごっつぁん (from 相撲部屋)>
P8151712.jpg


ちゃおからの質問①
「森風生活で苦労したことは?」

キューちゃん「虫!特にアブとハチが多かったこと」
パクちゃん「ぼくはハチに2回刺されました」
モンロー「鶏にエサをあげに行くとき、雄鶏3羽に囲まれての後ろ蹴りキックが痛かった」
ユーちゃん「鶏の卵をとりに行くときが怖かった~」
ごっつぁん「アブっす」


質問②「森風生活で楽しかったことは?」

キューちゃん「Always(いつも)!!!」
パクちゃん「サマーキャンプで子どもと一緒にいた時間」
モンロー「サマーキャンプ。子どもは苦手だったけど、子どもたちのもつ可能性がスゴイな、と。」
ユーちゃん「休み時間みんなとおしゃべりする時間」
ごっつぁん「兄貴と入る風呂っす」


明日は彼らの力作の作品たちもご紹介しましょう!
どうぞお楽しみに~☆

ちゃお (ごっつぁんのお腹のぷにょりっぷりが大好きです)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。