スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別ごはん

2月3日節分の日は薪ストーブお休みさせちゃうくらいの心地よい暖かさでした。
上外川の学校で給食をつくっていた下道アイ子さんに、森風女子3人がランチにお呼ばれしたので、女子会に行ってまいりました。

玄関の軒先でくるみ割りをする初男さんがお出迎えしてくれました。
1391395700838.jpg
お家の前に広がる山で拾ったくるみ。
ほいほいと割っていて簡単そうに見えてしまうけれど、本当はなかなか技術がいるみたいです。
このくるみがどんどん料理に変身していきます。
東京ではこんなにバリエーション豊かなくるみ料理に出会ったことなかったのでとても新鮮で驚きです。

こちらが、そんなくるみをふんだんに使ったアイ子さん特製プレート☆
1391395833187.jpg
・かんぴょうとくるみの白和え
・初男さんが(家の前を流れる川で)獲ってきたイワナのフライ
・白花豆
・自家製たくあん
・そばがき!

そして串もちっ
1391399654266.jpg
小麦粉にお湯を入れて練ってくるみ入り味噌塗って焼いていただきます。
道の駅で売ってるものよりも断然おいしいもちもちやわらか食感。
これには及ばないけれど小麦だけでできるみたいなので、今度挑戦しようと思います。

見事に素材が全て自分の家の周りだけで揃えられていて、これこそ本当の自家製プレートなんだと思います。
こんな贅沢なランチはレストランでもできなくて、本当にここでしか食べられない味。
その土地でできたものをその場でいただくのが一番素材が活きる食べ方なのだと改めて感じました。
ご馳走さまでした。

満腹でふーふー言いながら歩いて帰りました。


そして夕飯には、節分ということで恵方(手)巻をつくっていただきました。
具は、卵焼き、ごぼう、人参、納豆というお弁当みたいな素敵な取り合わせ。
うっちー流の三角海苔できれいに巻けるようになりました。
1391420120136.jpg
いわしも焼いていただいて、十分願掛けできたと思うので、きっとまた一年健康に過ごせることでしょう。


今度はアイ子さんが森風に来て憧れのまめぶをつくってくれるそうです。楽しみ!

寒波が来る前の穏やかなひとときを、おいしいものに囲まれながら過ごせてしあわせな気持ちになりました。
おいしそうなごはんたちの写真だけですが、お楽しみください。


ゆきんこ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。