FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧か!?

先日、「部屋は教室」と紹介しましたが、
今回も自分の生活に関わっていることを紹介していきたいと思います。


まずはムーミンのマグカップ
2_201402092211298ff.jpg

北欧か!

これで暖かい飲み物を飲んで、-15度の極寒の世界を凌いでいます笑


次にIKEAのテーブル
3_20140209221859c6b.jpg

北欧か!

これは部屋(教室)に置いたのですが、部屋(教室)が寒いので、ほとんど使っていません。


次に寝室
1_20140209224038a7d.jpg

北欧か!

もう、見た感じ北欧ですね笑


そして最後にこれ!
unnamed.jpg

北欧か!

薪と暖炉って・・・

薪と木の温もりで暖かさは格別です。


この寝室と暖炉のある建築物は、森と風のがっこうの「エコキャビンプロジェクト」
というプロジェクトで建設されたエコハウスだそうです。

まず、「エコキャビンプロジェクト」とは、
元々は築50年の教員住宅であったものを2008年~2010年に
ワークショップ形式で、500人以上のボランティアの人々と
エコハウスとして再生させたプロジェクトです。

そして、エコキャビンとはその中で利用するエネルギーを100%自然エネルギー
(太陽光発電、太陽熱温水器、薪ストーブ・薪の床暖房)でまかない、
水資源の排水処理(自然浄化システムで)がその中で完結するスペースのことを言うそうです。

現在は、実際にエコハウス(滞在宿泊研修棟)として宿泊されています。

世の中はSochiオリンピックで盛りがっているようですが、

Sochiに負けないくらい寒い、ここ北欧。いやKuzumaki town Kamisodeから
紹介しました。

内澤啓太(うっちー)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。