スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久慈東高校で講演「久慈未来学講座~持続可能な発展のために地域の資源を生かそう~」

今日は、久慈東高等学校の総合学習で講師として招かれ、高校生2年生200名ちょっとを対象に講演をしてきました。

初めて高校生相手の話。しかも大きな講堂。
写真を撮ってる余裕もなく、2時間弱の時間はあっという間に過ぎていきました。

講演の様子
(久慈東高等学校の戸塚先生より写真を提供してもらいました。2009/05/21追加)

森と風のがっこうの取組みはもちろんのこと、自分自身の高校生時代から今に至るまでの様々な出会い、その時々の選択も含めて話してきました。

こちらから会場に話しを振ってもなかなか返ってきません。確かに、自分自身が高校生だったらそうだろうな…、と後から思い返していました。

だんだんと話しを進めていると、こっちも余裕が出てきて、ちょっと笑いを誘ってみたり、聞いている生徒の顔も確認できるようになってきました。中にはまっすぐとこっちを見て聞いてくれている子もいました。

もっともっと学校の外の世界に目を向けて欲しいと伝えましたが、
どこまでその思いが伝わったか…
自分が経験したことしか語れないし、伝えられません。

ひとつだけ心残りがあります。山根六郷のことをもっとちゃんと伝えたかった。
話しの最後の方に、スローツアーで訪れていることを話したのですが、時間の関係で駆け足になってしまって、さらっと流してしまった。
岩手に来たらぜひ立ち寄って欲しい山村集落が久慈の山奥にあるんです。そこ場所もすごいけど、そこに関わっている人もすごい。(山根六郷の詳細はは、また別の機会に)

今回の講演を通じて、少しでもこの北いわてのよさに気付いて、社会や自然や人とつながりをもちながら、持続可能な社会を一緒に築いてくれる一員となって再会できることを願います。

黍原豊(きび)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

facebook
最近の記事
プロフィール

森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)

Author:森と風のがっこう(NPO法人岩手子ども環境研究所)
『森と風のがっこう』
標高700m、10世帯の集落にある廃校を再利用したエコスクール。
自然エネルギーやパーマカルチャーを取り入れ、身の丈にあった循環型の生活が体験できる場づくりを進めています。
NPO法人 岩手子ども環境研究所が運営しています。

最近の記事
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最近のトラックバック
ユーザータグ

エコキャビン 子ども 自然エネルギー 山村 カフェ森風 体験 季節 森の暮らしプロジェクト 葛巻町 スローツアー 廃校 パーマカルチャー 地域 子どもオープンデー 自然エネルギーがっこう  

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
代表・吉成のブログ
    CalendArchive
    QRコード
    QRコード
    人気記事ランキング
    RSSフィード
    カテゴリー&RSS

    plugin by F.B

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。